藤井聡陰謀論者に捧ぐ-論理は陰謀論を相手にしない【ヤンの字雷】 | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム

テーマ:

本日は、ヤン様の寄稿コラムです!

 

陰謀論者共が憤死する秀逸コラムです!

 

ヤン様>もし、それが当たっていたら、自分が偉そうにできる!

 

陰謀論者の行動原理を端的に表した言葉だと思います。

 

それに、「藤井は御用学者、安倍工作員」などと書くと、小難しい政治の本を読まずとも、政治の事を分かっている人間になった気分にもなるのでしょう。

 

やれやれ・・・。

 

それではヤン様コラムをどうぞ!

 

ヤン様ブログでの人気ブログランキングクリックもお願いいたします!

 

現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です

⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!


藤井聡陰謀論者に捧ぐ-組織論は陰謀論を相手にしない【ヤンの字雷】

藤井聡陰謀論者への反論の狼煙

 この稿を書いておりますときは、やや酔っております。酔狂に付き合うも一興。どうぞお付き合いくださいませ。

 さて、私はコメント欄を拙ブログ、拙記事以外は全く追っておりません。そんなものを追う余力があるのなら、記事の1本でも書いたほうがマシだとすら思っております。コメント欄が苦手になったというのもあるのですが……。

 ちなみに現在、拙ブログの毎日更新に進撃の庶民の毎日更新、週一の寄稿、趣味の小説執筆と余力が一切ないので”追えない”が本当のところです(笑)上述した言い訳は、自己弁護です(笑)

 

 さて、藤井聡陰謀論なる”ガス抜き論”が去年から、囁かれていたようです。これを主張するお馬鹿さんが一定程度いるらしく、その心理状況を分析しようというのが、今回のテーマです。要するにお馬鹿さんのマネをしないように、反面教師にしましょうと書いていこうと思います。

藤井聡陰謀論概要

 藤井聡さんの陰謀論やガス抜き論、つまりは「自民党や安倍政権に身を売った」という批判は以下のような論拠に基づいているようです。

  1. 政権に入った=ガス抜き要員
  2. 日当が”3万円程度と高い”からカネ目当て

 おおよそこの2つに分類されるでしょう。はは、脳みそがどうにかなっているのでしょうか? 論拠がたった2つしかないことに、陰謀論者たちは気がつくべきでしょう。しかし……これらの論拠はどのような視点から出てきたのか? を論じることで、陰謀論者たちの”人間性”すら論じることが可能でありましょう。

結局は妬みとそねみ

 こんなに早く結論に入って申し訳ないのですが……結論から申し上げます。嫉み妬みが、藤井聡陰謀論者の原動力かと診断します。

 なぜならば……内閣官房参与を辞されてまで、言論活動に入ったというのは三橋TVで出演されて、明言しているところです。内閣官房参与時代も、消費税増税に関して様々に内閣に逆らう発言をされておりますので、これは明白でしょう。

 

 次に日当の話ですが……あのね? 藤井先生の講演会の会費、めっちゃ安いよ? 数百人集められるのに、ほぼ経費のみで公演してる気がしますけど。1回行ってきたらええねん。金の亡者やったら絶対にありえへん値段設定やから。

 

 上述したリスト以外に細かい論点はあるのでしょうが、大きな論点に所詮は付け足しただけの屁理屈。……申し訳ないのですが3万円は私にとっても大金ですが、逆説的に”私程度にとっては大金”なだけです。内閣官房参与が日当8000円で働いてたら、世の中の土木建築業の方々は日当3000円くらいになってまっせ?

 現在は土木建築業者の下っ端で12000円位が日当でしょ? 日雇いで。日当3万円って……大した数字なのかいな?

 

 嫉み妬み……乙としか言いようがありません。要するに……嫉み妬み激しい人は、藤井聡という人物に脳みその面でも、社会的地位の面でも敵わないので、嫉妬していると解釈して良いと思います。

 ……ネット上って、自己肥大化した人間が目立ちます。「お、おれだって……俺だって京大教授に負けないくらい、語れるよ!」みたいな話ですね。私は無理ですよ。言っておきます。一度、100人を前にして講演してみなさいよ。まともに出来へんです(笑)

 

 私も過去にクラシックギターで500人を前に演奏をしましたけども、手が震えました。あれ、無理やから(笑)……そもそも、陰謀論者のブログに人が集まってないので、100人すら無理ですね。集客面で。私も大きな事は言えませんが、数万PV/月を取れる言論を陰謀論者さんたちはしているのでしょうか?

 それが”言論の力量”を端的に表しているのではないでしょうか?

 私は少なくとも数年間、毎日1本記事を書いて月に数万プレビューになりましたが、陰謀論者さんたちは毎日書いてますでしょうか? やることをやらずに、やっている人間を斜に構えて批判するのは、妬み・嫉み以外の何物でもないような気がします。

陰謀論者のメンタルと逆張り

 私は基本的に、陰謀論は相手にしません。その理由は以下です。

  1. 論拠に乏しい
  2. 論理が飛躍している
  3. 妄想たくましいが、証拠がない

 1.が何を表すか? というと「論理性のなさ」であり、それが2.に繋がります。論理性がないので、飛躍しても自分自身では気が付かない。論理が通っていると”思い込める”から陰謀論者になるわけです。

 当然ながら論理の飛躍をつなげるのは、論理と反対のものになります。つまり妄想です。

 

 私は2017年3月だったかと思いますが、北朝鮮がミサイルの花火をぶっ放し構って外交、米中首脳会談が行われたときから、拙ブログで「アメリカと北朝鮮の軍事衝突はない」と論じてきました。世間では「すわ! 米朝衝突か!?」という主張が主流でしたが、真っ向から対立したことになります。

 私はこのとき、米朝衝突が「常識的にはあり得ない」と論理で論じたわけですが、結果的には逆張りになってました。別に私、逆張りをしたくてしたわけではなく、論理的にそうだ! と論じた結果として逆張りになっただけなのです。合っててよかった……ε-(´∀`*)ホッ

 

 しかし藤井聡陰謀論者たちは証左、証拠、論拠全てに乏しいと診断します。とすれば……なぜそれで逆張りをしたがるのか? が問題になります。

 

 端的に申し上げてこれは、承認欲求が高くて認めてもらいたいという”目的”と、己の力量の無さを自覚できない傲慢の合わせ技でしょう。

 つまり……逆張りをして「もし、それが当たっていたら、自分が偉そうにできる!」という動機以外に理由が私には考えつきません。まあ……他にもバカという理由は思いつきますが、これは議論からはずしましょう。

 

 余談ですが三橋TVを見ておりまして、藤井聡教授の出ている回を見ていたのですが、「左右対立は経済では存在しない」が藤井教授、三橋さんの見解で私も同意します。三橋貴明さんの言を借りれば「国民が豊かになるか? 貧困化するか?」の話なのですから当然です。

 しかし――対立をしたい動機は存在するのです。自分が名を売りたい、自分を認めてほしい、自分がのし上がりたい。これが逆張りの原動力でしょう。

 

 端的にいえば「異端な俺、かっこいい!」という中二病ですよね。

 普通に生きて、家庭を持ち、仕事を頑張るという”普通人”が一番、かっこいいんですが、彼らにはわからないことでしょう。なぜなら彼らは「俺だけが知っている。お前ら全員バカなんだからついてこい!」というシチュエーションに憧れているような気がします。

 ……えーっと余談ですが、トップって大変で本当にイヤです。楽じゃないです。仕事で私、ストレスが貯まりすぎて十円ハゲが後頭部にできました。今現在ですが……うぅ……助けて(笑)

 頭じゃなくて胃に来てほしい……(笑)胃は薬でなんとかなるけど、頭のハゲはなおらんやんけぇぇぇ! ……過去経験から、ストレスがなくなれば多分治るはずですが(汗)

 

 閑話休題。とりあえず藤井聡陰謀論者、ガス抜き論を主張されていた方々は動画や著作を読んでみてはいかがでしょうか?

 進撃の庶民で安倍総理と対面したときに、安倍総理を面と向かって批判する人がほとんどだと思います。私ももし会える機会があるのなら、面と向かって「デフレ脱却しとらんやんけ! どーいうこっちゃ!」と批判したいと思っています。

 ところで、藤井聡陰謀論者や三橋貴明批判論者さんたちは、彼らと会って面と向かって批判することは果たして可能なのでしょうか? 非常に疑問に思うところです。

 井の中の蛙大海を知らず、しかし空の青さを知る、とは言いますが、空の青さすらわからぬ欲求にまみれた人間に、何が出来るというのでしょう?

 彼ら置き去りにされた……いや、置き去りを望んだ「進撃の庶民にいちゃもんを付けたい人々」は放っておいて結構だと思います。空も海も知らず、井戸に引きこもって言論”ごっこ”をしているだけなのですから。

(了)


発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

進撃の庶民さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります