ジョジョの忠義な哲学 第6部 1 | 進撃の庶民 ・反新自由主義・反グローバリズム

テーマ:

本日は、バケツリレー様の寄稿コラムです!

忠義とはどういう概念なのか?

それを知ることはもしかしたら、人間が他の生物とは何が違うのか?なのかもしれません。

皆様と一緒にバケツリレー様から「忠義」をお勉強している最中です!

本日も大変、直感的にわかりやすく書いてくださっております。



人気ブログランキングへ


ジョジョの忠義な哲学 第6部 1 ~バケツリレー様

ジョサイア・ジョイスが語り直す、名著『忠義の哲学』!

(これまでを振り返るのはこちら

 (第1部第1回はこちら 4部までのまとめ

 

(登場人物紹介ページはこちら

 

第六部 忠義を育てるッッ 

――先達! 理想! 試練! 忠義にはそれが必要だ――

 

タイムマシンのように、異なる時代・場所に飛んで滞在できる能力……

語り手ジョサイア・ジョイスのスタンド「ストーリーテラーズ・ナイト Act2」!
(破壊力:C スピード:B 精密動作性:B 射程距離:E 持続力:D 成長性:C)

百年の時を超えた忠義論、再開!(@M県S市、杜王町、広瀬康一宅)

 


広瀬由花子
「今回から、メンバーが一人増えるのよね」

 

 

間田敏和
「ど、どうも初めまして、間田敏和といいます」

 

漫画家志望で派遣事務職、34歳!

 

広瀬康一
「間田さんは、高校の頃の先輩です」

 

 

間田
「ふだんはまあ、東京で仕事してるんですけどもですね、たまたまちょっと帰省してまして……
そしたら、康一君からジョイスさんとの話に参加してみないかって誘ってもらいまして、はい」

 

 

ジョサイア・ジョイス
「僕がジョサイア・ジョイスだ。
興味を持ってもらえたんなら、うれしいね。
ま、カタくなる必要はないよ。
実年齢としてはそう変わらないんだし、気楽に話してくれ」

 

 

間田
「すいません、「おれ けっこうあがるタチ」(※1)で」

 

 

康一
「間田さんには、忠義論の概要はすでに話してます。
こないだ居酒屋で飲みながらですけども……」

 

 

ジョイス
「ってことは、いきなり本筋に入っていいのかな」

 

 

間田
「ちょ、ちょっと待って……
いきなりで「ブシつけなんですけれど」(※2)

質問をしてもいいかな?」

 

 

由花子
「質問?」

 

間田
「求道者って……いますよねェ。
孤独なタイプの。
悟りを得ようとする修行僧とか、美を極めようとする芸術家とか、新たな定理を証明しようとする数学者とか……
真理や美をひたすら追い続ける人。
実に「立派」な人です。

こういう人は忠義と言えるのか?」

 

 

康一
[忠義の定義 ACT1]!
忠義とはッッ、
「自らの「義」を選び取ること、
その「義」のために懸命に行動すること」だッッッ!!!

……ってところからすると、バッチリ忠義のような気がしますけど」

 

 

間田
「「もう にぶイなあ 康一くん!」(※3)
「義」の定義さ……鋭く考えなよ。

 
「義」とは
1 自分自身の「外」にあって、自分自身よりも価値がある
2 単なる個人意思を超越している
3 人を他者と結びつけ、絆を生み出す

この三つを満たすもの、なんだろ?」

 

 

由花子
「「3 人を他者と結びつけ、絆を生み出す」が問題になるわね」

 

 

康一
「そうか! 孤独な修行僧なんかは他人を度外視してる……
すると、彼らの追求するところに「絆」は、「人とのつながり」はあるのか
ってことですね」

 


ジョイス
忠義の対象は「関係性」だ。
自ら選び取った「義」の生み出す「絆」のために、忠義は行動する。

家族愛、友情、郷土愛……「義」には「社会性」があるわけだよ」

 

 

間田
「となると、芸術家や数学者は忠義とは言えない。
とはいえ、美や真理を追究する彼らは立派な人です。

道徳的ですよ。

 

忠義でなくとも、道徳的に正しく生きることはできるッッ

ゆえに! ジョイスさんの言う「忠義はあらゆる道徳の中心」は成立しない!!
ってことにならない?
(ケケケ、勝ったッッ 第六部完!)」

 

 

 

ジョイス
「いい質問だ。
まず重要なポイントだが……

孤独な努力が道徳的に価値を持つのは、
それが「人類」の抱く「義」のためのものである場合のみッッ

ということだ」

 

 

由花子
「「人類」の抱く「義」のためのもの……
多くの人たちにとって役に立つもの、大切なものってことかしら?」

 

 

ジョイス
「うむ……
孤独な修行僧は、この世の真理を、あるいは神の摂理を理解しようとするものだろうが……
それは人々を救うものであったり、同じ信仰を持つ人たちにとって善いことであったりするはずだ。

 

「この世の真理」や「神の摂理」は修行僧本人だけでなく、人々もまた真剣に求めるもの。
そこには人々を結びつけ、絆を生み出す力がある。

社会性を伴う「義」としての資格は十分だと思うね。
本人がどう思っていたかはともかく、この修行僧も忠義だよ」

 

 

康一
「ブッダなんか典型的ですね。
修行を重ねて悟りを得た後は、人々を救うべく、教えを説き続けましたから」

 

 

由花子
芸術家の求める「美」は、見る者、聞く者を感動させるわ。
多くの人々の心を結びつける、価値のあるものね。
数学の定理や解法の探求も……

多くの人々が興味を持つ事柄。
発見されれば、数学が嫌いな人も含めて、人間社会において役立つ、大切なものだわ」

 

 

ジョイス
「そう、芸術家も数学者も忠義となり得る。
逆に、何に対してであっても完全に孤独な献身――
社会から断絶して、自分のためだけに努力するのは、忠義とはいえないな

 

 

間田
「なるほどォ~。そういうことか~」

(「チイイッ 味な方法でかわしやがった」(※4))

 

 

ジョイス
「神への祈りや礼拝、真・善・美の追求……
そういう宗教的・哲学的な努力は、孤独なものである場合も多い。
他人のことなど考えず、一心不乱に見える。

 

だがこれらは常に!
他の信仰者や自国民、ひいては人類一般のために忠義たろうとする努力だったのだよ。
なぜなら個々人を超越した世界―― 
目には見えない世界で、人々は皆つながっているんだからな

 

 

康一
「え? それって死後の世界とか霊界とかそういうヤツですか?」

 

 

ジョイス
「いや、違う。
長くなるから詳しくは後日話すが……
そもそも、忠義もまたその精神において、かなり宗教的・哲学的なものなんだよ。
個人を超えた価値を持ち、絆を生み出す「義」のために行動するものだからな

 

 

由花子
「修行僧や学者の忠義だけじゃなく、忠義自体が宗教的・哲学的ってこと?」

 

 

ジョイス
「ああ。
自然科学的に見れば、人は互いに争う生物だ。
そういう人間を結びつける「絆」を大切にする、そのために行動するのが忠義。

「絆」は目には見えない――形而上的な意味を持つものだろう?」

 

 

間田
「話が急展開過ぎて、わかるような、わからないような……」

 

 

ジョイス
「ちょいと脱線し過ぎたかもな。
本来のテーマに戻ろう」

 

 

康一
個人の忠義は、どうやったら育てられるか? ですね」

 

エンディングテーマ  Jimi Hendrix / Stone Free

 

次回、絵本やマンガの効用?!

子供たちの忠義を育てるッッッ!!

 

↓応援クリックよろしくお願いします!


人気ブログランキング

 

※1、2、3:『ジョジョの奇妙な冒険』第34巻

※4:『ジョジョの奇妙な冒険』第9巻

 

 

(了)


発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

進撃の庶民さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります