『自由を求めて根を切り捨てる木』 | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム
金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムです。本日は自民党の支持層の捻じれの稿を頂いております。

なお、第4回の流行語大賞の投票ですが、前回2つ選出されたので、これが最終予選です。20日頃まで投票を受け付けたく思いますので、奮ってご投票ください。


人気ブログランキングへ

一見、好調に見える自民党ですが、私には、自民党は、滅びつつあるように思えます。
正確に言えば、古き自民党が重体になっており、今後10年余りのうちに古き自民党は滅びるだろうと見ています。

古き自民党とは、日本の伝統的な価値観に基づく、共栄の精神を大事にする存在で、いわばムラ社会の担い手的存在です。村人は、その利益を共有する一心同体の存在で、その村人の代表者が政治家でした。

だからこそ、地元にどれだけ利益を持ってこれるかこそが、その政治家の優秀さを示すバロメータで、日本の国益を考えてどれだけ活躍できたかなどということは、問題視されることはありませんでした。それ以外の価値を見出すとするなら、村人間の利益調整能力があるかであるかですが、この能力を持たなくても、中央から利益を持ってこれる人であれば、政治家としての支持を得ることができていました。

利益を持ってこれるかどうかという観点から見るなら、政治家が国会で何を語ったのかというよりも、どんな肩書を得ているかが重視されてきたのは当然でした。以前において、大臣の職にある者であれば、それだけで当選していたのは、中央から利益を持ってくることが期待できる人であることを、その肩書が示していたからです。これは、大臣に限らず、政権に影響を与える政党の幹部であっても、やはり同じように利益を持ってくることが期待できる人という認識を受けることから、同じように支持を得ることができていました。

ところが、今回の選挙では、野党第一党の海江田党首が惨敗、比較的有利であったはずの自民党の現職・農水大臣の西川公也も小選挙区では敗れました。これは、党の幹部や大臣が、地元に利益をもたらす政治家であるという認識がされなくなりつつあるために起きた現象であるといえます。

この10年あまりで、利益誘導型の政治家が消滅しつつある中で、なおも、地元からは利益の誘導を期待され、過去に中央から利益をひいてきた議員の子供たちが、政治家として中央に送り込まれることとなりました。しかし、地元からは利益の誘導を期待されているものの、党本部からは党全体を考えることを要請され、地元を上手く抑えることのできる人を優秀な人間として見做すように変化し、評価の捻じれが発生することになりました。

利益誘導型の政治家がいなくなることは良いことで、国のため日本全体のことを考えた政治ができるようになったんだという論は、無論あると思います。私自身も10年ほど前までは、この動きを日本政治の進化として前向きにとらえるべきだという考え方を、採用していました。

しかし、現実には、有権者たる国民に対してよりも党本部への忠誠を重視するという構図が生まれてくるようになりました。党本部が国益全体を考えて正しい判断に基づいているのなら、良い傾向だとも思えるのですが、その判断の正しさを担保するものは何もないのです。

旧来であれば、地元の党員の声をしっかりと伝えることができており、党本部が、地元の党員の声に反して独裁的に判断することはできませんでした。もしも、地元の党員が偏った存在ではなく多くの国民で構成されていたなら、党本部の判断の正しさを担保し得たのです。少なくとも、その判断の責任を国民に分担責任を負わせることができていました。

しかし、現在のように地元の党員の声を上手く抑えることが評価されるようになると、地元への利益誘導どころか党員の意見を繋ぐ仕事ですらも減点対象になりかねず、党員が党本部の判断の正しさを担保し得なくなりますし、当然、地元の党員との距離が出てくることになるでしょう。

党本部が党員だけではない国の事を考えてのみ運営されるなら、そういう状況であっても、これが政治の進歩だと強弁することもできるでしょうが、党員ではなく、献金者やその他の人が影響力を行使するようになると話は変わり、民主主義に対する重大な脅威となる訳です。

現在、特に二世の議員たちは、地元からの距離がかなり遠くなっていっている感じがします。これを如実に示したのが、佐賀県の衆院選と、それに伴う騒動でした。佐賀県では、衆議院選挙に地元の県知事が転身しまして、県知事選が1月に行われることになっています。

この県知事選では、党本部が推す「新自由主義的な政策を強く推し進めた実績を持つ元市長の候補」の受け入れを地元の党員は拒み、候補を独自に擁立しようとしました。その候補の出馬を党本部が潰して、衆議院選挙を迎える形になったのですが、結果的に二区では勝てたものの、優位に進めていたはずの一区で自民党候補が敗れるという事態になりました。

党本部の介入が招いた敗北であったとしか言いようのない衆議院選挙でした。衆院選後に、党本部が推している候補に対して、やはり納得のいかない地元の党員は、潰された候補者とは別の候補を擁立し、事実上の自民党分裂選挙に突入しようとしています。

仮に党本部が推した候補が当選したなら、佐賀県の古い自民党は完全に滅び、党本部の方向を向くだけの自民党県連組織だけが残り、党員は自民党に対する不満を募らせはなれていくでしょう。10年もするなら、党員という根っこを失った自民党佐賀県連は集票機関としては機能しなくなるだろうと思います。

こうした事態は佐賀県だけではなく、今後、多くの県連で起きてくるだろうと思います。自ら根っこを切り離して、自由に動き回ることを求める木は、近いうちに枯れ果てることでしょう。そのことを議員、とくに中央の自民党本部の方向だけを見ている議員にはしっかりと認識してもらえたならと思うのです。


【庶民の一撃!】コラム応募随時受け付け中!


人気ブログランキングへ



【進撃の庶民おすすめ動画】

安倍さんの会見に、激おこ! 国民は馬鹿にされてる【どうぶつさんニュース】

自民党・政権公約を見たら、スーパー竹中過ぎて吹いた 【どうぶつさんニュース】

【どうぶつさんニュース 投稿動画リスト】

【youtubeの『どうぶつさんニュース』氏のチャンネル】

【進撃の庶民推奨blog】

【日本の進路~弓張月様】様
http://ameblo.jp/kororin5556/
毎日更新!連続更新5年近くにも及ぶ最強保守ブログ!

【悠久の輝き】様
http://ameblo.jp/yukyunogkagayaki/
毎日更新!安倍壊国政治に容赦のない批判をぶつける新鋭ブロガー!

【河合範安】様
http://ameblo.jp/natsusukimono/
毎日更新!占いと姓名判断を駆使しつつ安倍政権に物申す!新鋭ブロガー!

【藤井聡教授ファンの個人ブログ】様
http://sakurajst.blog.fc2.com/
藤井先生のファンの方は集合!

【八重桜の会公式 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会】様
http://www.sakuranokai.org/
活発な活動をされている、いかなる政党にも属さない有志グループ。移民受入反対署名受付中!

【真田清秋】様
http://ameblo.jp/kiho-te7/
3年以上毎日更新!保守思想とは何か?を学べる高尚ブログ!

【働く人のためのケインズ革命】様
http://ameblo.jp/reisaiouen/
毎日更新!濃密な経済学が学べるブログ!ケインズ主義を学ぶのなら是非こちらへ!

【安倍を応援する者は売国奴 正党】
http://ameblo.jp/masato1982/
毎日更新。1年以上に渡って安倍批判を続ける突撃噴火型blog。

【神州の泉】様
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/
毎日更新!TPP、構造改革、特区情報が溢れるブログ!

【一般市民が語る~ミズさん】様
http://ameblo.jp/nyako-0924/
国土強靱化を中心とした本格的政策提言ブログ!


~随時追加予定~



【進撃の庶民PICK UP】~情報提供随時募集中!

・首相動静

・『くらえもんマスターシリーズ』

http://ameblo.jp/claemonstar/entry-11932947967.html
『政治経済初心者必見!国の借金問題、グローバリズム問題などわかりやすく解説!』


・『総理大臣ちゃんねる :首相・政治・まとめ』
http://souridaizin-channel.seesaa.net/


・『秘密交渉「知る権利侵害」 「TPP違憲」有識者ら提訴へ』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014092002000137.html
『一人二千円ずつの支出で多くの国民に原告団への参加を募り、最終的には一万人規模を目指す。』


・『秘密保全法に反対する 愛知の会』
http://nohimityu.exblog.jp/
『特定秘密保護法(秘密保全法)に反対するため、弁護士や市民が「秘密保全法に反対する愛知の会」を結成しました。』

・『今日の国会中継速報』
http://kuso-oyaji.jugem.jp/

・『デモ・抗議開催情報まとめ(TPP・改憲関連)』
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/m/

※進撃の庶民は反左翼ではなく「非左翼」であり、各種団体が左翼系かどうかは関知せず、また、集団的安全保障、特定秘密保護法などについても当ブログでは各々皆様のご判断にお任せする方針です。

・『もう一つの進撃の庶民』アーカイブPART1~くらえもん作
http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-11891154832.html

・『もう一つの進撃の庶民』アーカイブPART2~くらえもん作
http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-11945285015.html




【進撃の庶民参加blog一覧】注目!
各ブログの人気ランキングクリックを是非!

【ポルシェ万次郎】
http://ameblo.jp/p-manjiro/
毎日更新。政経アニメ「アイドル新党なでしこ!」を企画中の政策通ブログ。

【くらえもんの気ままに独り言】
http://ameblo.jp/claemonstar/
週2,3日更新。クラリネットとドラえもんをこよなく愛するイクメンブロガー。経済分析と書評中心。

【真の国益を実現するブログ】
http://ameblo.jp/datoushinzoabe/
毎日更新。冷静な分析で安倍政権を批判!。複数参加型ブログ。

【secretary-of-japanのブログ】
http://ameblo.jp/secretary-of-japan/
毎週更新。重厚にして緻密。日本を想う気持ちが行間に溢れる政治経済blog

【「国家戦略特区」blog~みぬさよりかず】
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/
毎日更新。独特の切り口で保守言論界をぶった斬る!新進気鋭ブロガー

【うずらのブログ】
http://mogura101.cocolog-nifty.com/blog/
週1日更新。物事を真正面から捉え本質を見抜く!ブログ

【有閑爺いのブログ】
http://ameblo.jp/kumuka99/
不定期更新。原発に関しての知識が半端ない!重鎮ブログ



【お薦め書籍】

消費税廃止への進撃: 消費増税があなたを殺す



『消費税廃止への進撃: 消費増税があなたを殺す 書評』 By 影法師さま

廣宮孝信氏、三橋貴明氏などの経世在民思想の流れを汲む力作本。

経済初心者にもわかりやすく、そして、日本の為に、という著者のuematu tubasa氏の想いが文章のあちこちに溢れています。

消費税問題、財政問題について、要点を外すことなくコンパクトにまとめられていて、非常に読みやすい。

消費税「廃止」まで踏み込まれている点が、本書の肝。

そうなんです。消費税廃止で日本経済は復活します。

この一冊で、日本の御用経済学者を差し置いて、読者自身が最先端のエコノミストになることが可能です。

このような良書が国民の間に広まることを願ってやみません。



・『移民亡国論: 日本人のための日本国が消える!』~徳間書店 著・三橋貴明氏



・『国債を刷れ!』~著・廣宮孝信氏
 書評:みぬさ氏

・『アベノミクスの終焉』~著・服部茂幸氏
 『アメリカは日本の消費税を許さない』~著・岩本沙弓氏
 書評:ソウルメイト様


・『世界を戦争に導くグローバリズム』~著・中野剛志氏
 書評:みぬさ氏

・『市場と権力「改革」に憑かれた経済学者の肖像』~著・佐々木実氏
 書評:ソウルメイト様

・『コモンセンス』~著・佐藤健志氏
 書評:くらえもん氏
 書評:みぬさ氏

・『日本経済のミステリーは心理学で解ける』~著・廣宮孝信氏
 書評:くらえもん氏
 書評:みぬさ氏

・『消費税日記 ~検証 増税786日の攻防』 ~著・伊藤 裕香子氏
 書評:影法師



発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ