1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013-06-26 23:36:49

The Last of Usの行方

テーマ:考察

非常に話題になり、最近発売されたThe Last of Us

私は買ってないし、正直プレイする気はないが、どこでも非常に評判が良い

しかし、私はThe Last of Usに対して疑問を投げかける


1.どこかで見たことあるストーリー

私は映画が好きで、いろいろ見ている

このThe Last of Usのストーリーはどこかで見たことあるものである

I am Legend、バイオハザードシリーズ、スーパーナチュラルのクアトロン、などなど

今更病原菌で世界が滅亡云々言われても、陳腐なのである

つまり、The Last of Usは映画ファンにとっては、陳腐なストーリーにしか見えない

「ストーリーがすごい」という評価をよく見るが、それなら映画を見てほしい

ゲームがストーリーで勝負して映画に勝てるわけないし、The Last of Usのストーリーも大して魅力的じゃないのである


2.ムービーゲー

現在のゲーム業界に潜み、そしてゲームを滅ぼすTウイルスは、ムービーである

なぜか最近のゲームはコントローラーを手から離しても進むようなムービーをたくさん入れている

さらに、リアルなCGに興奮する

しかし、これらが故にゲームが楽しくなることはない

それは「ゲームとして」楽しんでいるのではなく、「映像として」楽しんでいるのだ

The Last of Usをゲームとして見たとき、どうだろうか?


3.どこかで見たことあるゲーム

さらにThe Last of Usはどこかで見たことあるゲームとも言えるだろう

まず、腐るほど存在するゾンビゲー

欧米人はどんだけゾンビが好きなんだ、というくらいである

さらに、MGSのようなステルスアクション

「The Last of Usにしかないものは?」と問われると、答えに窮してしまう

私は確かにThe Last of Usをプレイしていないが、買う動機となるものが見つからないのだ


4.どこからともなく生まれた熱狂が続く

なぜThe Last of Usがこれほど期待されていたのだろうか

正直私はわからない

しかし、蓋を開けてみると、陳腐な内容が見えた

皆が冷静に、一歩引いてThe Last of Usを見たときに、どう映るのか

そこに光るものがあるとは正直思えないのである



インジャスティス:神々の激突/ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥7,280
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-06-23 23:36:25

LoL日記 その93 carry論 その1

テーマ:考察

carry論 その1


1."carry"とはなんぞや?

LoLにおいて、carryとはなにか?

carryは何を意味するのか?

いかにしてcarryするのか?

carryという言葉を聞いて、一番最初に想像するのはAD carryだろう

確かに、AD carryはcarryをする

ADでTurretを破壊し、inhibitorを破壊し、nexusを破壊する

つまり、AD carryは勝利へと具体的に導く

その意味でのcarryである

しかし、具体的に勝利へと導く意味ではなく、総合的な意味ではどうだろうか

例えば、tankであっても集団戦で活躍すれば、それは総合的にcarryした、となる

つまり、具体的・直接的にではなくとも、全てのロールは総合的にcarryすることが可能なのだ

それぞれがそれぞれ特有の役割をこなすことにより、試合はcarryされ、勝利へと導かれる


2.1deathの意味

今回は1deathに特化して考えてみたい

以前私は、最悪でも2deathに収める、という目標を述べた

その理由として、ゴールドを述べた

600ゴールドは試合を動かすのに十分な影響をおよぼす、ということである

しかし、今回はゴールド以外からdeathを考え、carry論と関連させて考えてみたい


3.ゴールド的にはいつでも同じ

連続キルボーナスなどを考えなければ、開始1分で取ったkillも50分で取ったkillも、300ゴールドである

最初で取ったラッキーでしょうもないkillも、終盤苦労して取ったkillも「ゴールド的には」同じ価値である

しかし、1killそして1deathは試合全体において常に同じ価値を持っているとは限らない

つまり、ゴールド以外の価値が考えられるのである


4.試合を動かすkillそしてdeath

序盤でkillをとっても、それは勝利へと導く大きなcarry力とはならない

確かに300ゴールドは後々影響してくるかもしれないが、直接的ではない

しかし、終盤にtankが一人落ちたらどうなるだろうか

バロンが取られ、turretが割られ、inihibitorも割られる

このように、同じkillやdeathであっても、carry力が違うのだ


5.試合を"carry"するということ

ここからわかるのは、試合を"carry"するということは、carry力のあるkillを取る、ということである

それは集団戦の立ち回り、ラッキーな終盤のkillを逃さないこと、などである

かといって、序盤のkillを軽視していい、ということではない

着実なkillを序盤から重ねるのも、後々大きなcarry力を得るために重要なのである


インジャスティス:神々の激突 (初回生産限定特典: 特製ガイドブック(キャラクター設定&基本コ.../ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥7,280
Amazon.co.jp

討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付/コーエーテクモゲームス
¥6,090
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-23 05:12:24

LOL日記 その92

テーマ:考察
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。