前回はノーマルなフラグの使い方の説明をしましでは、「数値フラグ」の使い方をダイヤル錠を使って説明します。


数値フラグはいつ使う?
脱出ゲームといえばやはり「暗証番号」です。様々な謎を解き、4桁の数字を入力すれば出られる!というのは、脱出ゲームをやったことがある方なら経験あるでしょう。
今回は、暗証番号の作り方を説明します。

参考になる作品
脱出ゲームメーカーに投稿されている中に、暗証番号の説明がある作品があります。一応貼っておきます。
↓押せばプレイできます。

レクチャー2.ダイヤル錠の作り方
さて、今回は同時に「画像」についての説明も行います。まず、ダイヤル錠をつけたい部分の背景を用意します。今回私は扉のドアップを使います。それともう1つ、0〜9までの画像を用意してください。こんな感じのものです。


ちなみに、アプリにあらかじめ数字とアルファベットはサンプルが入っているので、それを利用することもできます。


まずは扉のドアップ背景を設定します。

そうしたら、下部分にある「画像」を押して上部分の「画像:○○」を「追加編集」にあわせます。
そしたら、タップイベントの時と同じように、適当な場所を押してください。そうするとこうなります。


ここで端末から画像を選択すると、その画像を背景内にコラージュ(置くこと)ができます。
そして、上部「端末内画像」を押し、先ほど用意した数字のダイヤル(0〜9の画像)を読み込みます。
作るのが面倒な方は上部の「シーン部品」の三角を押し、「シーン部品(デフォルト)」を押してください。サンプル画像が使えます。

そうしたら、読み込んだ画像が一覧に現れるので、それを押してください。


ちなみに、画像のトリミングがアプリ内のトップメニューにある「画像管理」の場所でできます。活用してください。

そうしましたら、背景上に選んだ画像が現れるので、タップイベントの時のように「画像」をタップして「画像:○○」を「拡大縮小」にあわせたり、「移動」にあわせたりして、ちょうどいい感じに配置してください。こんな感じ


同じことをあと3回やって、4桁のダイヤルを作ります。5桁のを作りたければ5個、6桁なら6個、といった具合に柔軟にどうぞ。とりあえず4桁を作ります。こんな感じ 


そうしましたら、「タップイベント」を押して「タップイベント:○○」を追加編集にセットし、一番左側の数字ダイヤル、すなわち「千の位」を押します。そうしましたら「イベント追加」を押して「数値加算」を押してください。


そうすると画面が移動しますので、上部にある「フラグ追加」を押してください。するとこんな画面が現れます。

現在、千の位の数字を扱っているのでフラグ名は「千の位」とでもしておきましょうか。そしてここが重要なのですが、今回は数値フラグのチェックを付けてください。
これ忘れると、できません。


そうして、「OK」を押せばこうなります。

赤でくくった「千の位」という場所を押してください。これでこうなります。

この画面が意味するところは
「この部分を1回タップするごとに、《千の位》のフラグの数値を1つ増やすよ。」
という意味です。
続いて、「イベント追加」を押して「IF分岐(AND)」を選択します。
そして、「タイプ」の横の三角を押して「フラグ」に合わせます。
次に、フラグの横の「選択」を押して、さっき作った「千の位」を選択します。すると、こんな画面になります。


この条件のところに数字の「1」と入力してください。そして、OKを押します。するとこんな画面になります。


赤い部分を押して、上部から「中に追加」を選びます。その4でも言いましたが、必ず「中に追加」に設定しておかないと、条件による分岐が行われません。「中に追加」を押してください。

そうしたら赤い部分の「画像変更」を押します。



申し訳ありません。ここで画像枚数制限が来たので、続きは「その5-2」で説明します。
↓ここをクリックで飛びます。