これから、いくつかに分けて使い方の紹介をします。あくまで非公式ですので、参考程度に使ってください。目次を押せば、該当のページに飛びます。随時更新の予定です。

目次
その1:大まかな紹介



ここでは、1つ目の記事ということで、主にこのアプリの紹介から始めます。



青文字プッシュで飛べます。


脱出ゲームメーカーとは?
脱出ゲームを作ったり、誰かが作ったものをプレイすることができるものです。
ただ、マリオメーカー等とはちょっとイメージが違います。

簡単に言うと「脱出ゲームを作るのに必要なプログラミングのうち、必要であるいくつかを日本語にした」ものです。
重要なのは「プログラミングを不要にした」、という点です。

逆にゲーム制作に使う画像、ストーリー制作、謎解き制作などは全て自分で作る必要があります。
ですが、脱出ゲーム制作における一番の壁はやはりプログラミングですから、パソコン素人の私たちの手元へグッと近づけたものになります。

また、「作る気ない」という方も、脱出ゲーム好きであれば、今まで謎一本プログラミングなんて無理!と言った作家たちのゲームもできますので、インストール推奨です。


初心者だけど、使える?
使い方自体は覚えてしまえば、プログラミング知識0の方も簡単に作れます。ただ、「パソコンを扱うこと自体破滅的」「インターネットすらまともに使えない」という方は難しいかもしれません。レベルとしては「ExcelでIF文くらいなら使える」と言った感じです。Excelが使えなくても、もちろんできます。一例です。
謎解き系を作ってみたくて謎解き制作が初心者の方は、とりあえずいくつか問題を作ってみましょう。ツイッターに公開すれば反応がもらえるかもしれません。私にDMして頂ければ、出来るアドバイスはやってみます!(アカウント @shingakosaka 名前 千同寺万里)


人口は?
細かい人数は把握できていませんが、私が新作をアップして、2日で300人程度がプレイしてくれました。制作組は2018年11月初頭現在は、1日に1作品でるかな?という感じです。今後、プレイはWeb版解放予定ということですから、更に増えると予想されます。
【最新情報2019/1/27】
現在、WEB版は解放されています。新作もどんどん増えており、プレイする側される側両方共に増加傾向にあります。



制作期間は?
私の作品はそこそこの長編作品で、プレイ目安時間は謎をノンストップで解いて30分です。シーン数(使った背景枚数)が約100枚で謎解き制作を除いた制作期間は1ヶ月半でした。しかし、現在はアプリが更新されて様々な機能がつき作りやすくなったこと、中盤から慣れたこと、これらを鑑みると1ヶ月弱で可能かと思います。


運営の仕事具合は?
これは「かなり良」と評価します。
運営元の代表がツイッターを使っており、頻繁に利用者の声を拾っています。実際に、私も様々な意見を聞いていただきました。反映もかなり早く、これからの期待も高まります。



とりあえず、最初の紹介はこんな感じです。
「その2」からは制作方法を細かくレクチャーします。全てをカバーすることは出来ませんので、他の方が作るかもしれない「作り方」や、公式が出すかもしれない「作り方」を期待して待ってください。
また、ツイッターDMに連絡をくだされば、回答しますし、必要と感じればブログにも更新します。お気軽にどうぞ。
(アカウント @shingakosaka  名前 千同寺万里)