副代表の情熱日記
 引きこもりや障害を持つ若者を人財に!!
日々情熱を持って奮闘中!!
  • 23Nov
    • 心がけたいこと。

       今、自分は営業活動をしています。npo-rjc.comというパソコン修理塾の生徒募集をする仕事です。引きこもりや、障害を持つ子ども達に手に職をつけて貰うための塾です。 まだ、右も左もわからず、手探りでやっています。メールを送っても返信が来ないときもあります。くじけそうなときもたくさんあります。 ただ、そのとき支えになってくれるのが、ノッシーさんという最高の仲間です。自分はこの仲間の輪を拡げていくために営業活動をしているんだなと思っています。 何のためにやるのか。もちろん、お金は大事です。ただ、それ以上にロマンを追い求めたい。自分が役立たずだと思っている子に、そんなことはないんだ!!ということを知らしめてあげたい。できるんだということを教えてあげたいと思っております。 パソコンを修理するだけでなく、心の修理もしてあげたい。npo-rjc.comの副代表として、今日も一日顔晴りたいです。

      5
      2
      1
      テーマ:
  • 22Nov
    • セミナー『伝わる』伝え方を聴いて

       昨日、春日部市倫理法人会のセミナー、『伝わる』伝え方を聴いてきました。自分なりに咀嚼した内容を書いていきたいとおもいます。  今、ここに誰が食べても美味しいという世界一のケーキがあります。そのケーキを人にすすめるプレゼンを考えてみてください。そうすると、たいていの人はケーキの美味しさ、素晴らしさを伝えようとします。しかし、これらはすべて間違いです。正解が一つあります。それは、『今、あなたはお腹が空いていますか。』と聴くことなのです。まずは相手を思いやる質問を投げかけること。これを質問型営業と言います。まずは相手の話を聴き切ることが大切です。お腹いっぱいの人に、ご飯を食べさせるのが無理なように、まずは適切な質問を投げかけることによって、相手の話を聴く。その上で、自分が出来ることを提案していく。具体的には、・現状を聴く。・課題を聴く。・理想を聴く。・解決策を聴く。・その上で提案する。ということですな。 まずは、相手のために自分が何が出来るか、売り気を消して、自分のことはいったん置いておいて、相手のために何かをしてあげる。それが大事だということに改めて気付かせてくれたセミナーでした。西畑さん、ありがとうございました!!

      テーマ:
  • 21Nov
    • 不安との付き合い方。

       ブログでは偉そうなことばかり書いていますが、自分自身やはり不安がいっぱいあります。ただ、自分の夢や理想、志にむかって一歩一歩踏み出そうとしているところです。一歩踏み出せば、新たなステージに立てます。大切なのは一歩踏み出す勇気だと思っています。 不安な感情は、自分が望む未来が来ないかもしれないという予感です。こうしておいた方が良いかも知れない、動かない方が良いかも知れない、でも動かなければ始まらない、どうしようどうしよう、という気持ち。これが不安ということになります。ただ、一つ言えることは、挑戦しなければ何も変わらないということです。不安な気持ちは仕方がない。不安はあっても良いんだと思うこと。その上で、今自分に何が出来るか考えてみること。もう一度言います。不安はあってもいいんです。不安な心を丸ごと受け入れてあげて、その上で今何が出来るか考えて、行動に移してみること。これが大切なのではないかと思います。 自分自身、不安がいっぱいですが、裏を返せばワクワクする気持ちにもなっています。大切なのは一歩踏み出す勇気を持って行動に移すこと。思いの外、なんで不安に思っていたのだろうと感じることが多いと思います。

      2
      テーマ:
  • 20Nov
    • 自分の気持を表現すること。

       自分の気持ちを表し、相手に伝えることはある程度訓練が必要だと思います。とくにコミュニケーションが苦手な人、引きこもりの人や障害を持つ子どもたちにとっては、自分の気持ちを表すことはとても難しいことでしょう。 コミュニケーションを一番取りやすい人は保護者の方だと思います。ただ、保護者の方は相手の気持ちを推し量ってしまうため、踏み込んだコミュニケーションが取れないかも知れません。 そんなときにおすすめしたいのが、交換日記です。言葉では表せないことも文字では表しやすいことがたくさんあります。まずは保護者の方がお子様を肯定する言葉を投げかけることです。何かしたいけど出来ないお子様を丸ごと一度受け入れてあげる。そして、気持ちの表現の仕方をもう一度教え直してあげる。そんな気持ちで交換日記をはじめてみてください。 日記ですので何度も読み返すことができますし、成長の記録にもなります。何度も書きますが、相手を受け入れる言葉を書きましょう。いったん未来のことや世間体はシャットダウンして、お子様が生まれてきた時の写真を眺めながら、ノートに手紙を書いてみてはいかがでしょうか。 相手を丸ごと受け入れる言葉を書き続ければ、コミュニケーションの質が変わってきます。コミュニケーションの質が変われば、お子様の心に勇気と希望が湧いてきます。まずは、自分ができることから一歩を踏み出していきましょう。大丈夫。最初はうまくいかなくても何かを書くということ自体が、心の整理につながりますから。心が整理されればコミュニケーションがうまくいくようになります。はじめから満点を狙ってはいけません。最初は誰も自転車に乗れないのです。そんな気持ちで日記をつづっていきましょう。

      3
      テーマ:
  • 19Nov
    • どうすれば自分に自信が持てるのか。

       難しい課題だと思います。引きこもりや障害者の子たちは、みな自分に自信がありません。うまくコミュニケーションを取れないから、自己肯定感が高くなることがなく、自分に自信がもてなくなってしまうのです。かく言う私も、自分に自信がありませんでした。何をやってもうまくいかず、途中で投げ出すことが多かったのです。では、どうすれば自信が持てるようになるのか。 それは自信のある人に肯定してもらうのが一番早く、簡単な方法だと思います。かくいう私も、代表であるノッシー先生と出会えたお陰で、急速に自己肯定感が高まりました。結局、人とふれあう中でしか、自己を肯定することは出来ないのです。だからこそ、私はノッシー先生の夢と志を実現したいと思っています。引きこもりの子たちや障害を持つ子ども達に、パソコン修理の技術を身につけることを通して自己肯定感を高めて欲しいのです。最初は勇気がいることだと思います。怖いとおもうかも知れません。でも大丈夫。必ず自分に自信が持てるようになるから。一緒に手を取り合って顔晴っていきましょう。

      2
      テーマ:
  • 18Nov
    • 改めて初めまして。

       このたび、npo-rjc.comの副代表に就任いたしました。引きこもりや障害を持つ子供たちにパソコン修理の技術を教える塾のスタッフになったのです。一歩を踏み出せない若者や子ども達に勇気と希望の炎を灯してあげたい。そのために、身を粉にして働こうと決意しております。とはいえ、基本はお気楽極楽脳天気を合い言葉にゆるやかにやっていきたいと思います。人生、いつでも逆転可能です。諦めないで欲しいです。まずは手を握り合いましょう。一緒に悩みを解決していきましょう。大丈夫。あなたは一人じゃない。どうかこれからもよろしくお願いいたします。

      2
      テーマ:
  • 21Oct
    • 日露戦争

      「とうとう日本とロシアが開戦することになる。1895年の三国干渉から数えて10年目だ。日本はあのときの屈辱を晴らすときがきたんだ。」「苦節十年ってやつですね。」「とはいえ、ロシアは強敵だった。陸軍はもの凄く強いし、バルチック艦隊は無敵と言われていた。そんなロシアを日本は破ることになる。」「すごいですねぇ。大国ロシアに日本が勝つのですか。」「あぁ。白色人種に黄色人種が初めて勝ったという歴史的な勝利だった。欧米の帝国主義に強烈なカウンターを食らわせた瞬間だな。ただ、借金してまで戦争したので、完勝とまではいかなかった。本当にかろうじて勝ったという感じだ。ゴロに行ってみよう。」「はい、どんなゴロですか。」「行くぜロシアへ 戦争だ!!だ。五回唱えろ。」「行くぜロシアへ 戦争だ!!…。」「行…1、く…9、ぜロ…0、シ…4だ。今回は覚えやすいぞ。」「行くぜロシ…1904、行くぜロシ…1904…」「意味はそのままだな。行くぜロシアへ戦争だ!!」用語 日露戦争…日本とロシアの戦争まとめ 日本とロシアが戦争をし、日本がかろうじて勝った。ゴロ!!  1(行)9(く)0(ぜ)4(ロ)アへ 戦争だ!!

      4
      テーマ:
  • 19Oct
    • 日英同盟を結ぶ

      「日本はロシアとの対立を徐々に深めつつあった。そんな中、日本を応援してくれる国が現れたんだ。」「どこの国ですか。」「紳士の国、イギリスだ。イギリスは、それまでどことも同盟をくんだことがなかったが、日本とだけは同盟を組むことになった。」「なぜ日本と同盟をくんだのですか。」「ロシアは南下政策を取ることで、イギリスとの対立が深まっていた。イギリスもロシアが嫌いだったんだな。日本もロシアと和するか、イギリスと同盟を結んで対抗するか迷ったが、イギリスと同盟を結ぶことにした。こうして、日本はロシアとの戦争への準備を着々とすすめていくことになる。」「ゴロはどんなゴロなんですか。」「日英の同盟は 特例に なりました だ。5回唱えろ。」「またしても長いですねぇ…。日英の同盟は 特例に なりました…×5回。」「よし、年号のゴロだ。19…とく れい…0 に…2だ。1902年だな。5回書いてみろ。」「特例に…1902、特例に…1902」「ゴロの意味は、イギリスが初めて結んだ条約だから、特例になっているということだな。わかりやすいだろう。」用語 日英同盟…日本とイギリスの軍事同盟まとめ ロシアの南下政策に対抗するため日英同盟を結んだ。 ゴロ!! 日英の同盟は 1(と)9(く[特])0(例)2(に) なりました

      テーマ:
  • 18Oct
    • 官営八幡製鉄所が操業を始める。

      「次に覚えるのは官営八幡製鉄所ができたということだ。福岡県の北九州市にできた製鉄所である。昔の北九州工業地帯のもとになった工場だ。」「今は北九州工業地域ですものね。」「清からもらった賠償金で建てた製鉄所だ。これ以降、日本は重工業が発展していく。ちなみに、なぜ北九州に建てたかわかるか。」「わかりません。」「では質問を変えよう。鉄鋼の原料はなんだ?」「鉄鉱石と石炭と石灰石です。」「そうだな。石灰石は山口県で取れるし、九州地方には炭坑が多かった。そして、鉄鉱石は中国から輸入できる。つまり原材料の輸入に便利な場所に建てられたのが官営八幡製鉄所だ。理解できたかな。」「はい。」「ではゴロを覚えていこう。長いから注意してくれ。官営八幡 製鉄所 日暮れ一人で 鉄作る。五回唱えろ。」「官営八幡 製鉄所 日暮れ一人で 鉄作る。官営八幡 製鉄所 日暮れ一人で 鉄作る…。」「次に年号のゴロだ。日…1、暮…9、れ…0、一…1で1901年のことだな。5回書いてみろ。」「日暮れ一…1901、日暮れ一…1901…」「意味としては、日暮れに一人で鉄を作ったという意味だ。そのままだな。」用語 官営八幡製鉄所…北九州市に作られた製鉄所。 まとめ 日清戦争の賠償金で官営八幡製鉄所を作った。ゴロ!! 官営八幡 製鉄所 1(日)9(暮)0(れ)1(ひと)人で鉄作る

      1
      テーマ:
    • 下関条約

      「戦争が終わったら、講和条約を結ぶ。これから大切になってくるので覚えておくように。戦争と講和条約はワンセットだ。」「戦争と講和条約はワンセットなんですね。」「さて、日本は清に勝ったわけだが、山口県の下関で講和条約を結んだ。下関条約である。メモしておくように。」「下関条約、と。」市川君は下関条約と書いて、まるで囲った。「日本からは伊藤博文、陸奥宗光、中国からは李鴻章(りこうしょう)が出席した。これもメモっておけ。」「出席者は、日本から伊藤博文、陸奥宗光、中国からは李鴻章、と…。」市川君は、線を引っ張って出席者と書き、さらに名前を書き出した。「次に、講和の内容だが次の三点を覚えておいて欲しい。(1)清は朝鮮から引き下がり朝鮮の独立を認めること(2)遼東半島・台湾・彫湖島を日本の領土として、日本に渡すこと。(3)清は、二億テールの賠償金を日本に払うこと。」「三つですね。メモりました。」「さて、この講和条約だが、面白くないと考えていた国があった。大国ロシアだ。」「ロシアですか。」「そうだ。ロシアはフランスとドイツを誘って、遼東半島を中国に返すように要求してきた。このことを三国干渉という。」「遼東半島を中国に返せですか。ロシアは関係ないじゃないですか。」「その通り。ロシアは日清戦争に関係がないのに、自分が遼東半島を欲しいがために、日本に干渉してきたのだ。このことを三国干渉という。」「三国干渉、ですか。メモっておきます。ロシア、ドイツ、フランスでしたね。」市川君はさらさらとメモをとる。「こうして日本は三国干渉に負けて遼東半島を中国に返してしまう。日本国民は激怒した。ロシアは許せないと反感を強めたんだ。」「ゴロはどんなゴロなんですか。」「少し長いぞ。清とふぐ食う 下関 人は救護が 必要だ、だ。5回唱えろ。」「えーと、清とふぐ食う 下関 人は救護が必要だ、清とふぐ食う…。」「ゴロは、人…1、は…8、救…9、護…5だ。五回書いてみろ。」「人は救護、1895、人は救護、1895…。」「意味としては、下関名産のふぐを食べたら、食中毒になってしまい、人は救護が必要になったよ、という意味だ。暗記するように。」用語 下関条約…日清戦争の講和条約。              (1)清は朝鮮から引き下がり朝鮮の独立を認めること   (2)遼東半島・台湾・彫湖島を日本の領土として、日本に渡すこと。   (3)清は、二億テールの賠償金を日本に払うこと。   三国干渉…ロシア、フランス、ドイツによる遼東半島を中国に返せという要求。まとめ 下関条約を結んでうはうはだったが、三国干渉で怒りが込み上げてきた。ゴロ!! 清とふぐ食う 下関  1895(人は救護)が必要だ

      テーマ:

プロフィール

石川輝男

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
 肥満、ぜん息、いじめられっ子、登校拒否に落ちこぼれという五冠王だった小学生低学年時代。ADHDっ子...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス