世界一周サーフトリップ

名刺をパスポートに持ち替え、
革靴をビーチサンダルに履き替え、
世界中の波に乗ってきまーす

フィリピン→インドネシア→シンガポール→タイ→日本→アメリカ→日本→マレーシア→タイ
→ラオス→ベトナム→フィリピン→シンガポール→マレーシア→日本→ハワイ→日本→
タイ→カンボジア→タイ→インド→スリランカ→モルディブ→インド→トルコ→ブルガリア
→ハンガリー→チェコ→オーストリア→ドイツ→フランス→スペイン→ポルトガル→スペイン
→イタリア→ギリシャ→マケドニア→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→トルコ→モロッコ→トルコ→エジプト→ケニア→タンザニア
→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→マダガスカル→アメリカ(NYC)
→バハマ→アメリカ(CA)→メキシコ→グアテマラ→エルサルバドル→ニカラグア
→コスタリカ→ボリビア→チリ→ペルー→エクアドル→コロンビア→ハワイ【49カ国目】


いよいよ最終地ハワイでのサーフィン!

テーマ:

後半戦へ入ります

普段の練習なら20kmも走れば足に疲労感が出ていました

がしかし

「もうハーフ?」

「これいけるっしょ」

レース前に痛むかな~と思っていた箇所がいくつかあったのですがことごとく元気
この時点でサブ4達成率50%くらいの気持ちでした

ただ気になることがひとつ
左ももの前に違和感が。。
ここは今まで痛んだことがない部位だったのでちょっと心配です

20km~25km ラップ27:53

「全体の3分の2まできましたよー」
「給水ですよー」

相変わらずペースランナーが盛り上げてくれます

メガネ君も丸子もがんばっています

いよいよもうちょっとで30km地点
サブ4ペースでここまで来れたのはもちろん初めてのことで
ここからは未知の領域
練習でも30kmまでしか走ってきていません
しかも30km以降がどれだけ辛いかを過去6回の経験から
身にしみてわかっています

ただ残りの距離と足の状態から考えると たぶん4時間は切れるでしょう

「確実にサブ4を狙うなら このままこの集団についたほうがベスト」

「でもそれで本当にいいのか?」

「ただここからのスピードアップは危険じゃないのか?途中で故障したら・・」

「どうしよう・・」

25km~30km ラップ27:51

自問自答は続きます

「余力を残したまま達成してもうれしい?」

「いままで辛い練習をしてきたじゃんよ」

「ここで守りに入ってどうする 何の意味がある?」

「そもそも守るものなんて何もないだろ」


「おーし いったれバカヤロー!」


メガネ君 丸子よ 僕はとうとう独り立ちしなきゃいけない時がきたようだ
もうみんなに頼ってはいられない
先に行くよ

「いままでありがとう!」
「メガネ君!丸子!健闘を祈る!」


残り10km地点

「いままでやってきたことの全てを出し切ろう」

「うん きっとやれる」


30km~35km ラップ26:42

快調にスピードを上げていきました
気がかりだった左もも前も最後までもちそうです

東京マラソン最大の難所といわれている佃大橋ですが
愛鷹山や伊東までの道に比べたら 屁でもねーです

「ものともしねー ものともしねー!」
とブツブツ言いながら一気に駆け上がりました
恐らくこの橋で2~300人は抜いてやりましたよ

「1分でも1秒でも前へ 前へ!」

全力で走り続けました

35km~40km ラップ25:29

残り2.195km
最後の気合いをみせる時です

練習の成果か走れなくなるような足の痛みはありません
逆に息が上がってきました
でも練習の1kmダッシュのほうがもっときつかったです

「1秒でも早く」

最後はフォームとかそんなのは気にしない我武者羅な走り
限界まで追い込み 無我夢中でゴールを目指しました

40km~42.195km ラップ11:00


サブ4取ったどーーー!


うれしい気持ちよりほっとした というのが正直なところでした
なんせ未達に終わったらマラソン引退でしたからね笑

いままでやってきたことが報われた そんな気分でした
3週間禁酒したかいがありました

最後の2.195kmなんかは正直いって1キロ4分台で走れちゃったかな~
なんて思っていましたが結果は1キロ5分ジャスト
1キロ5分のスピードは練習でよくやったビルドアップ走の最後の5kmの早さです
練習以上のものは出せませんでしたが 「練習でやったことは出来る」ってことです
やっぱり練習はウソをつかないってことです

あとレースプランの「ネガティブスプリット」
大成功!!

ちなみに約5ヶ月間の練習の全走行距離は800km
体重は75kg→66kg
という結果でした

練習に関していうと 走った距離はあんまり関係ないのかもしれません
大事なことは「どれだけ辛い思いをしたか」です
どれだけ自分を追い込んでゼィゼィしたか だと思います
shincoさんは30km走より1kmダッシュ5本の方が嫌です

体重は軽い方がよさそうですね
1kg減らすと3分短縮できるってホントみたいですね

あと一番やっちゃいけないのは怪我です
絶対に無理はしない
怪我して走れない日々はホント辛いです

2016年の東京マラソンでサブ4狙っているそこのあなた!
このブログに辿り着いてラッキーでしたね
これを参考にしてもらえればきっと大丈夫ですよ
がんばってください!

ちなみに次の目標は今年の大阪マラソンでサブ3.5です
(抽選に当たったらですけどね・・)

そんなことで【東京マラソン2015サブ4チャレンジ】
無事に終了~ (^_^)v


3時間49分48秒という数字は決して忘れることはないでしょう






レース後に待っていたクイズに正解して
なんと「グアム旅行」が当たりました!




おしまい


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。