変形性膝関節症 両膝の痛み | 痛みと歪みを改善して岡山から元気にする施術家!岡山京橋整体院しんの日記・業務日誌

痛みと歪みを改善して岡山から元気にする施術家!岡山京橋整体院しんの日記・業務日誌

仕事を中心に思ったことや感じたことを気の向くまま、赴くままに書いています(⌒▽⌒)


テーマ:
70代後半の女性。

10年ほど前から右膝が痛くなり、
病院でヒアルロン酸注射などを
したりしてきたが変わらず、
そのままで過ごしてきたと。

右膝は
我慢できないほどではなかったので
やり過ごしてきたが、
ここ最近は
左膝がものすごく痛くなってきて、
今は両膝が痛い。


杖はまだ使っていないが
歩くのも痛みがあるし、
階段はかなり痛いし大変だと。



姿勢もやはり歪んでいて、
骨盤が左側にやや寄っていて
体は前屈みに。


体をチェックすると
片側で支えすぎていたんだなぁ
という歪み方。

寝転んでいても両膝が完全には伸びてなく、
少し屈曲していて膝のお皿周りが
腫れぼったくなっている。



10年ほど前、最初に痛かったのは右膝。
こちら側の股関節が
うまく使えていなくて、
それが原因で右膝が痛くなったんだなと。


おそらく、右膝が痛くなる前から
どちらかというと左側で体を
支えていたんだなと思う。

つまり、
左足や左上半身はうまく支えていたけど、
右足や右上半身が支えれていなかった。

そのバランスの崩れから
右膝が痛くなり、
さらに最近では左膝までも痛みが…。



仰向けで施術開始していくと、
痛みの強い左足は
かなり筋肉が緊張していて強張っている。
少し動かしただけで痛い様子なので
反対の足から調整。

膝は触らず足首と股関節から。
股関節が硬い。
ここが一番の大元の原因と思う。

股関節を動かしていても
膝に痛みは響かないのでしっかりと調整。
ここの動きが良くなってきたので、
膝を調整していくと右膝が伸びるように。


右側の股関節、足首、膝、
肩関節と骨盤も調整していくと

左側の足の緊張が抜けて
動かしても痛く無くなりました。
なので、
左側の足も調整していき、肩関節も。

そういえば最近、左の肩も
肩関節周囲炎になってたらしく、
手を挙げるのが痛かったらしい。

左の腕〜肩もリリースしていくと
痛みなく挙がるように!
腕の裏側や脇や腰背部が
強く縮んでいた。


全部終えると、
両膝周りの筋肉の緊張が抜けて
腫れぼったかったのが
スッキリしている。





全て終えて立ってもらうと、
立ち上がるのも立って歩くのも
両膝痛くないと。
左手も上げても大丈夫。

姿勢も
骨盤の横への偏りが真ん中あたりに。
前屈みもけっこう改善されて
頭位が良くなっていて、
膝も伸びている。

これを維持するため、
もっと良くするため、
右足のケアを
1つだけ覚えてもらいました。


本来の体の位置で動ければ
膝には過剰に負担はかからないはず
だと思うんです。

バランスが崩れたまま
動くことで膝が痛くなった。

そのままいけば、
立てない、歩けないようになっていき
自分で動けなくなりますよね。

そうならないように、
自分で動ける年月を長くしていく。
自分で動ける体に整えていく。
とても大切ですね!


さて、体がどう変わっていくか。
良い状態で安定するように
施術していきたいと思います!

また次にお会いする時、
調整させてもらう時が楽しみです(^ ^)




{A074D245-F453-407C-BD59-548D6CFFEB69}






緩動体操-KANDO-インストラクター募集
岡山京橋整体院では、緩動療法から生まれた緩動体操のインストラクターを募集してます。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

緩動体操インストラクターについての詳細は…

http://kyobashi-seitai.com/2016/07/--e102.html

緩動体操とは…
http://kandotaiso.jimdo.com/

◆岡山京橋整体院◆
TEL: 086-224-7543
URL: http://kyobashi-seitai.com


■岡山京橋整体院 広報blog■
http://s.ameblo.jp/chiiii0824/

岡山京橋整体院 しんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス