【第3回】 <武士道精神>  | 新武士道経営塾のブログ

新武士道経営塾のブログ

原理原則の摂理を経営に活かし、進化する男性経営者の為の学び場

【第3回】  <武士道精神>    

新渡戸稲造は、

『武士道とは、日本の象徴としての桜花と同じく日本国土固有の花である。
それは、過去の標本のようなものではなく
今、なお私達の間で力と美を備えた生きている対象である。
それは、なんら手に触れる姿や形をとらないけれども、道徳的雰囲気を香らせ私達を力強く

惹きつける。』 と言っています。
人の心を惹きつける武士道精神の魅力は、リーダーが身につけたい心構えです。

 

講師/ 釈 正輪老師

 

       

第3回目の講座は、釈正輪老師の登場です。
今回、代表小泉が釈老師にお願いしているテーマは【ルーツ】 

自分の先祖・日本の歴史・世界民族と思想のながれ・そもそもの原点キラキラ

日本人のスピリット。。。武士道精神とは何かと盛沢山の切り口から講和して頂きます。

 

          

 

代阿闍梨の釈正輪老師が発っするパワーに圧倒されていた14期生の皆さんも
釈老師の軽やかな講和に心がほぐれて、だんだんと笑顔が増えていきます。。。。

 

武士の死生観

任侠の世界に現れる男性の在り方
そして前回も好評でしたので、
因果の道理 (原因と結果の法則)

今回も前回同様の講義をリクエスト!!

 

老師秘書のゆなさんが刀をお持ちになっていたので、 少しお披露目して頂きましたキラキラ

 

      

釈正輪老師は、

寺の住職ではなく、日常の生活の中で皆さんに説法を説いていく一休さんや良寛さまが

されていたスタイルを現代で実践されています。

 

代表小泉も、以前講和会に何回も通い

世界の歴史やその裏話、様々な宗教やモノの見方、背景など。。。。いろんな学びや
知識を頂きました。 

 

      

 

日本スピリットは、相手を倒す為の技磨きではなく、自己鍛錬が目的です。
戦わずして勝つ。。。その為に道を究めて精神力を高めます

 

さて、お夜食のおむすびと熱々味噌汁といきますか!!

 

     

 

いくら腕がよくても、イザというときに肚がすわっていないリーダー
は負けます。

イザという時に生き残るのは肚が据わっている人。
人はそんなリーダーについていくのです。

 

技の世界から心がリラックスした状態で戦える道の世界へ

技はある程度まで磨くと限界がきますが、精神修行により技は磨かれます

 

     

 

生を見つめることによって死をみつめることができる。
死ぬ覚悟 → 一生懸命生きること

         

原因があるからその結果があらわれるのです。

幸せになりたいのであれば、幸せになる種まきをしてください。
うまくいかない時は、うまくいかない種をまいているのです。

 

自分の心に嘘をつかない。

自分が満足できている時は、良い種を蒔けているよ!   

 

     

ここ最近の世の中は、温暖化だったり、いろんなウィルスが飛び交い人々の心を
不安にさせたり、景気もけして良いとは言えず。。。などなど、なにか変な感じですが、

お互いに人間同士が認め合うだけで、もっと良い世の中になりますよ。。。と釈老師。

 

     
                                            

釈老師、今回も、たくさんの私からのリクエストを丁寧に教えてくださりまして

誠にありがとうございました。

 

 

次回の第4回は、2/21日(金)
新武士道経営塾の心となる【 利他の精神 】を経営に活かすを、
実践者である八坂豊講師に講義して頂きます。

 

詳細はこちら 

旗 http://shinbushidou.com/about.html