【第6回】 逆境に強く、存続する為の経理・財務法 | 新武士道経営塾のブログ

新武士道経営塾のブログ

原理原則の摂理を経営に活かし、進化する男性経営者の為の学び場

【第6回】 逆境に強く、存続する為の経理・財務法

 

逆境に強く、長寿(存続)企業を目指すには、財務体力・資金体力が必須です。
その為には、BS、PL、CFを理解でき、計数に明るくなることがポイントです。
数字は嘘をつきません。 数字から経営者の在り方がわかってしまいます!

 

 講師 / 実践経営塾 創新塾 塾長     高良 高 氏

 

   

 

あっという間の13期生第6回講座です。
13期のメンバーは、アフターの懇親会も継続してやっていたり
とてもチームワークがよくて素晴らしいですね~
感心してしまいますキラキラ

 

   

 

今回は前回のテーマ理念に続いて、高良先生による財務の見方です。

 

この数字の講座は、何回も受講したくなると塾生から評価の高い人気の講座なんです。
リーダーにとって数字で全体を把握することの大切さが実感できるのは、会社と一丸となる
きっかけであり、意識のうえでも会社に愛着をもつことにつながりますから、とてもニーズが

高いのだと思います。


 

   

数字の見方を知らないと、正しい戦略・戦術がとれません。
数字は、大きな企業から小さな会社まで、また世界からでも共通の指標です!
 

高良先生、前回の講座に引き続きとても素晴らしい集中力ですアップ

気を抜くと置いて行かれてしまいます。。。。アセアセ

 

   

 

経営者や組織のリーダーが、数字をわかっていないとその会社や事業部は

伸びません。。。。 と、ハッキリ高良先生に言われて、受講生の背筋が伸びます!!

 

   

 

前回の高良先生による理念づくりの講義で、しっかり理念の必要性や意味を深めたところで、
今回はその理念の実践をするにあたり数字で現状を把握する事の大切さを学びます!

 

組織リーダーの皆さんが多いので、いままで会社の財務を知る機会はなく
皆さんの興味は津々ですアップ

 

   

 

本日のおむすびは、先日研修で買ってきた伊豆大島のわかめ!
ちょっと、しょっぱすぎ~だった様子。。。 必ず毎回、一回は何か失敗する小泉アセアセ

 

      

 

   


会社や組織の、安全性・収益性・成長性・生産率・効率性・資金力。。。それらは、数字で

分析することによって明確となり、経営のかじ取りがしやすくなります。

 

ここで大切なことは、現状を知って分析をしっかりとして、立て直しに入ることです。
結果に落胆する前に、予防策を考えること!なんです。

 

   

 

財政状態の把握/ 試算表の見方 / 財務三表の関連等を

高良先生から簡単に教わり、すでに知っている方から初めて学ぶ方までいましたが、
会社の現状をしるキッカケを頂けて皆さん、気合に満ちています。

 

   

 

【数字は嘘をつきません!】 
 

しかし、男性の闘争心は数字を掲げると上がるんだな~と、
毎回ながら今回も感心する代表小泉です。

 

 

     

 

良い会社経営をしているリーダーは、みんな数字に強いです。

逆に、業績が悪い会社のリーダーは数字がわかっていません。

座頭市経営では、会社存続は難しいですね。。。。 

 

経営をするということは、頭脳と人間力と両方を磨かないといけないですね~

 

     

   

 高良先生、前回の理念と今回の数字セミナーの二回にわたり
リーダーの自覚と視点を
しっかりと教えて下さりまして誠にありがとうございます。

高良先生の情熱的に取り組まれる後ろ姿をみて、今回も一同元氣を頂きました。


 

ベル 次回は、9/27日(金) 同じく17時30分~ です。

第7回のラスト講座を飾ってくださるのは、コミニティー思考の田代政貴講師ですアップ

詳細は、下記をご覧くださいませ。

単独受講も大歓迎です音譜

http://shinbushidou.com/curriculum.html