玄関アプローチ

テーマ:

玄関アプローチを
改修させていただいた現場の紹介です。

施工前と後の写真の方向が逆なので
申し訳ありません。

はじめてこのお宅にお伺いした時
歩行に問題のある方がいたので
外出の時支障が出ていないの気になっていました。
施工前 
 (施工前の写真を撮り忘れたので
初めてお伺いした時に気になったので取っていた写真です。) 


前面道路と門扉の間も
傾斜が急で雨が降ると
滑りそうになったこともあったらしいです。

たまに店舗や施設などでも入り口まで
とにかくスロープをつけて
バリアフリーのイメージにしているのを見かけることもありますが、

急なスロープや動線を無視すると
かえって使いずらいことがあります。

どこに、支障のない段差を残すかも
決め手になってきます。
完成 

今回使用したのは
四国化成さんのチップロードという製品で仕上げました。

この製品は5℃以下の気温では施工に適さないので
この時期の施工は苦労しました。

介護リフォームは
普段の建築現場とは違う形になることがあります。
私の無理な注文にも応えてくれる職人さんにも感謝です。


AD

玄関での動作を補助

テーマ:
あけましておめでとうございます。

年明け早々
昨年末に依頼のあった介護保険対象工事に行ってきました。

ご家族の方がケアマネをされていて、
以前当社の工事を見て、依頼してくださりました。

今回は玄関での動作に支障が出ている方への対応です。

以前は框に腰を掛けることを前提にして手すりを取り付けていたそうです。

工事前
          工事前
框の位置に合わせた手すりですが
この位置では立ち座りには役に立ちません。 



最近は框に腰を掛けると立ち上がれないらしいので
補助椅子を設置することになりました。

認知症の症状もあるため、
娘さんの希望で壁に固定した椅子にしました。 

工事前写真 

      完成

ご本人さんがデイサービスに行っているため
完成後の動作確認はできませんでした。

新年早々の工事でしたが、
介護リフォームの工事は
誰かのために約立つ仕事なので
遣り甲斐があります。

今年も地域の方々の役に立てれるよう
頑張っていこう思います。

一人でも多くの方の笑顔

ありがとう」の言葉に
接する事が出来るように努力していきます



  
 

AD
今日は以前このブログでも紹介させていただいた方の
トイレに手すりを着けてきました。

 
前方に縦手すりと
着座時に左手で使用する横手すりの二本です。

横手すりは
肘を利用して使用するので
通常の位置より10センチほど高い位置に決まりました

対象になりる方以外は少し高めの横手すりなので
邪魔になることもあるかもしれません。
 
跳ね上げ式なので、
(TOTO製 TS138H7)
邪魔なる方は跳ね上げて頂ければ

前方の縦手すりは、
一度壁面は改修工事をしているので、
ブラケットが取り付けれる下地が少なく、
このような長めの手すりなりました。
 
今回は担当のケアマネさんも対応が早く、
利用者様の依頼コールから、
 工事完了まで一週間です。

介護保険を利用する場合、
調査→プランニング→見積
→計画書申請→承認→工事
→完成→支給申請

と小規模な工事でも
関係者が複数名いるので
時間がかかることが多いです。

支給申請に必要な書類を持ってお伺いすると
すでにトイレを利用されたらしく、
楽になったと
喜んでくれていました。

お客様が喜んでいる姿を見ると

何か不都合が生じたら
いつでも声を掛けてください。



AD