見えない?電気は怖い

テーマ:

「5年ほど前に増築した部屋の電気がつかない」


「点いたり、消えたりしながら、今日は全然つかなくなった。」


電話コールを受けた時は照明器具の調子でも悪いのかな

と思いお伺いしました。


「エアコンだけは大丈夫だけど、

テレビも、照明器具も電気がつかないんだけど。」


こちらのお宅は、母屋と離れ、その間に加工場併設されています。

分電盤も三か所ありますが、今回の増築部の配線は

離れについている、分電盤から取り出していました。


増築などでよくあるのが、回路計算もせず、

安易に配線しているケースや、

天井裏や壁の配線スペースが少なく、

無理な結線も見かけることがあります。


今回の原因は


しんあいのブログ

部屋で使用している回路の配線と

エアコン回路の配線が同一のブレーカーから取り出され、

部屋の回路のVA線(電気の線)のみ被服が溶け、

配電盤の一部も焦げて溶けていました。


大事に至る前に電気が点かないという現象がでて、

不幸中の幸いかも


お客様に状態を確認いただき、

エアコン回路の増設提案し、

ブレーカーも交換させていただきました。


古くなったブレーカーや、

専用コンセントのないエアコン、

また、よく電気の使い過ぎでブレーカーが落ちるなど、

火災にもつながることがあるので、

気になる方は専門店にご連絡をして、点検してください。

AD