今朝、見知らぬ業者らしき方が
近所の家に二連ばしごをかけて作業していました。

しばらく見ていると何やら電波を測定している様子。
止まっている車は県外ナンバー。

これはもしかしてと思い、声を掛けて見ました。

するとやはりBS放送の漏れによる障害の改善でした

以前にもこのブログでも紹介したのですが、

やはり身近な所で障害波を出しているところがありました。

こちらのお宅は当店とは取引がないお宅ですが、
ご近所なので、改造したり、築年数から想像はつきます

業者の方とお話をすると、

やっぱり

という内容でした。

調査員の方が持っている測定器は尋ねると
数百万はするらしいのですが、
委託業者から借りているそうです。

その測定器で少し離れた家を測定すると
周波数の乱れが確認できました。
当店で設置した家は今回の調査では問題なく、
そのお隣の家がまた、電波の漏れが確認できました。

業者の方と地上からご近所を見渡すと、

「あそこのアンテナも怪しそうですね。」

「そうですね」


普段はなかなかこのような業者の方と話しする機会はないのですが、
今日はいろいろ話ができて参考になりました。

連休明けにも、他の市を回るらしいです。

BSアンテナの設置自体は簡単に取り付けができるのですが、
今回も既存のブスターの使用や、
配線の接合部の不具合など、
一般の方ではそのままでもいいと判断してしまう箇所が原因

業者の方が使用する機器の選定がミスで
建物の設置条件と合っていないケースもあるみたいです

増築や改修工事をするときは特に注意をしてください。

普段は電気工事の専門の方が
曖昧なアンテナ知識で工事をして、
埋設した配線が使用出来ず、
露出配線で引き直すケースもあります。
アナログ時代は通用した工事
デジタル時代には不適切な工事になっていることがあります。


AD

先週末に依頼され、

昨日する予定でしたが、

強風のため日程を変更していただき、

今朝お伺いしてきました。





先週末に一度伺った時は

すでに日が暮れていたので

室内でアンテナレベル状態を確認してたのですが、

すべてのチャンネルが正常な値を示していたので、


何が原因なのか

プロとしてやりがいがあると思っていたのですが、


原因はブースター出力に接続していたケーブルの緩みでした。


しんあいのブログ


映りが悪くなる原因はここを接続しなおせば良いのですが、



しんあいのブログ


写真のようなF型コネクターの加工状態です


施工不良による障害が出る可能性があります。


当社が普段施工している


しんあいのブログ

防水型の物に替えました


次に念のためレベルを確認させていただくと

地デジは問題ないのですが、

出力を最大限にしていたので、


BSを測定すると、

完全に出力オーバーです。


この状態だとソフトバンクさんのウルトラモバイルwifiに障害を出します。


参照ブログ


使用していたブースターだと

ボリューム式の調整タイプではなく

-10dbのスイッチ式切り替えタイプでした。


こちらで使用しているBSアンテナもデジタル対応ではないので

お客様に今後発生する問題についてはご説明させていただきました。


アンテナ周辺の仕事が終わり、

一階リビングのテレビのレベルの確認をし、良好。


念のため他のテレビのレベル確認もお願いし、

二階に上がると、

また、問題点が。


しんあいのブログ


しんあいのブログ


壁面テレビ用コンセントからテレビへ

写真のようなプラグを使用していたので

こちらも説明後

交換させていただきました。


テレビをご自身で設置される方は

以前の部品のまま、接続することはあると思いますが、


プロがこの状態のままにしているとはしょぼん



プラグの形状の説明のため

カバーを外すとさらにビックリ


しんあいのブログ


屋内で使用で、このよう錆のかき方は考えれません。


こちらのお宅で使用する以前に一度濡れたものを

使用したのでははてなマーク


デジタル波はそのテレビの映りに問題がなければOKし゜ゃありません。

他の機器や電波に与える影響があります


地デジ移行前に

関係機関が詳しい説明をせず、

地デジ難問を出さないことに力を入れ、

安易に進めた弊害は今後出てくると思います。



気になることがある方は、

ご近所の信頼できる業者の方に一度

ご相談、点検を依頼してみては


四国中市内の方はお気軽に当社まで

AD

電話機を設置に行くと

また、こんなのがありました。



しんあいのブログ



テレビコンセントから

卓上用ブースターまで

フィダー線を使用していました。


お客様にお伺いして

受信状態を測定器で確認させていただきました。


受信状態は問題ありませんでしたが、

現状をお客様にご説明すると


ちょうど

卓上用ブースターが邪魔だったらしく


しんあいのブログ


除けたいということなので


テレビコンセントを交換し、卓上用ブースターは撤去しました。


マンションや、アパートなどで

アンテナレベルが低い場合には

写真のような卓上用ブースターも使用する場合もあるのですが、


アナログ放送とは違い、

デジタル放送はこのような製品を使用すると

雑音もレベルを上げるケースもあります。


集合住宅などは

管理者や他の居住者との兼ね合いがあり、

根本的な改修が難しい場合もあるで、

仕方ないのですが、


戸建て住宅では

電波レベルが低い場合は

アンテナを含む設備を見直すべきです。


今回のお宅は

卓上ブースターを除けると

受信レベルは下がりましたが、

受信可能レベルでした。


アナログ波のときは

この卓上用ブースターがないと

レベルが低くてザラツイタ映像だったと思われます。


こちらのお宅は

チャンネルによってレベルの差があるので

抜本的な改修工事必要になるかもしれません。


アナログ波の時代には有効改善策も

デジタル波の時代には弊害が出ることも




AD