がんの余命宣告は”天気予報よりも当てにならない”というお話 | アカデミーサロン・ド・サラスワティ〜魂から21歳まで若返る施術〜
2013-11-05 20:00:00

がんの余命宣告は”天気予報よりも当てにならない”というお話

テーマ:バイオ・ノーマライザー
「がんで余命3カ月…」医師の告知って本当に信用できる?
「がんがかなり進行しています。余命は3カ月から半年……」
テレビドラマではおなじみの余命告知シーン。..........
≪続きを読む≫


がんの余命宣告・余命告知とは一体全体どういうものなのか、
その意味を理解できていれば恐れることはありません。


余命告知とは?




3大療法だけを受けた人のデータで、素直に医者のすすめに従った人たちのことしか載っていない。

3大療法というのは、外科手術、抗がん剤、放射線治療の3つ。
これら3大療法は、がんの治療に必要であるものの、患者がどれくらいの期間、生存できるのかというのは、患者の自助努力によっても大きく左右されます。


ということは、激しく言い換えると
医者の指示に従っていると、余命宣告期間内に死んでしまう
ということであり、決して治る・復帰できる状態にはない、ということですね。
ただこれは、医者・病院では治せません、と言ってるだけなんですが、

では、医者の指示に従わないとどうなるのか?
そこから10年でも20年でも生きている人がいる、という事実を忘れてはいけません。



がんになってしまう仕組み、逆に治る仕組み、この両方を勉強して理解することと、これまでの自分を思いっきり反省して”二度と同じような生活にはしないぞ、という誓い”さえあれば、自分自身の自然治癒力でがんを克服することが出来るでしょう。


がんになったらまずバイオ・ノーマライザータブレットを1番にオススメします。もちろん予防にも、術後の回復にも役立ちます。
バイオ・ノーマライザータブレットを1日1本毎日摂取して克服したなんていうツワモノもいるのですが、バイオはとにかくウィルス疾患も含め、かなりの好成績を上げているので本当にオススメです。

これまでの実績からオススメしたいのは、バイオ・ノーマライザータブレット善玉カルシウムを中心に酵素断食や酸素カプセルなどを組み合わせて早期の回復を目指していただきたいです。


症状に応じて、必要となる製品・用法・用量は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。


$日本一オシャレなサクラスポット中目黒Saraswatiで、雑貨とカフェとエステを通じて愛と健康と潤いをお届けしています。
バイオ・ノーマライザータブレット



$日本一オシャレなサクラスポット中目黒Saraswatiで、雑貨とカフェとエステを通じて愛と健康と潤いをお届けしています。-デトックスセット1ヶ月分
1ヶ月間集中デトックスセット

地球のまほろば小樽のSaraswatiオーナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス