今日は短歌講師の藤田 恭子です爆笑


本日、
短歌ワークショップを開催しました!


今回、初参加の方がお二人。
短歌を作るのは全く初めて
とのことでしたが
とても、上手に自分の思いを
短歌にされていました😊


短歌は自分自身が感動した場面を
五七五七七に詠むのですが
"感動"と言うと、特別な出来事を
想像してしまいがちです。


例えば…
何処か旅行に行った事とか
何かプロジェクトが成功したとか
結婚した、離婚した
子供が産まれた
お店をオープンした
新しく起業したとか
とても、大きくて特別な事を
考えてしまいがちです。


けれども、ほんの些細な日常の
ちょっとした、喜びや笑い。
ちょっとした、ほろ苦さや切なさ。
そんな、ちょっとした事も
感動なんです。


どちらかというと
日常が殆どですよね。
特別な事は、そんなに起こらない。


この、
ちょっとした感動を掬い上げて
自分はどんな気持ちなのか?
と自分の心を観て言葉を埋めて
短歌に仕上げていく。


短歌は、こんな日常の中で
生まれてくるのです。


参加者のお一人が
夏に旅行に行った時の事を
短歌にしようと思ったが
全然、作れなくて、
テーマを日常の事に変えたら
短歌が出来ました。
と仰っていました。


まさに、
日常のちょっとした心の動きを
今、キャッチ出来たから
言葉が見つけられて
短歌に出来たんでしょうね。


短歌を詠む事で
日常をもっと丁寧に
過ごせるような気がします。


それは、
日常のほんの些細な感動も
キャッチして自分の心を観ないと
短歌は詠めない。
だから、短歌を詠むために
自分の心を観る習慣が出来るからです。


そして
日常の当たり前の事に
幸せや感謝も感じられる。
そんな気がします。


これからも
短歌を詠むということを
続けていただけたら
嬉しいなーと思います。


そして私自身も、
もっと学んで行かなければと
色々と課題が見えてきました✨


今日はありがとうございました✨



【初参加の方の感想】
☆言葉を選ぶのに大変苦労しました。
旅行に行った事を短歌に
しようとしたけれど言葉が出て来ず
また、上手く見せようと
思ってしまって、
中々、作れませんでしたが
日常の事を短歌にしようと思ったら
短歌が出来ました❗️
今日は、楽しかったです😊
《博子さん》


☆初めて短歌を作って、参加しましたが、
言葉を選ぶのが難しかったです。
また、他の方の短歌を聞いていると
その方々の世界観が自分に入ってきて、
一緒に体験しているかの様で
凄く豊かに感じました。
《規子さん》



今日も参加者の皆さんから
たくさんの気づきをいただきました。
本当にありがとうございました😊




次回は…
日時:11月28日(日)
   11時〜12時30分
開催:Zoomでのリモート開催
定員:5名
会費:2,000円(事前振込)
★お振込先は申込みフォームの自動返信メールにてお知らせします。
★お振込確認後、zoomのURLをご連絡致します。





本日のワークショップの短歌を掲載しています😆
       ↓
ワークショップ参加者の短歌掲載! 









にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ