【短歌アート】

金木犀 まだ咲かぬかと 
待ち侘びて
マスクを外し 香り確かむ
by恭子


10月に入っても、
暑さが続きましたが
衣替えも済まないまま
この頃、急に冷え込みましたね。


けれど、今までの暑さのせいか
金木犀の香りは
まだ漂ってきません。


金木犀の香りを楽しむ期間は
本当に短く香りが漂ってから
一週間ほどで香りは消えてしまいますアセアセ


私は出来る限り金木犀の香りを
楽しみたいので、
今か今かと金木犀の横を
通るたびにマスクを外して
鼻をクンクンさせます爆笑


香りが、まだ漂っていないこの時の
もうすぐ大好きな金木犀の香りが漂ってくる
ワクワク感や待ち侘びている気持ちを
短歌に込めました✨




今月は、ちょっと
ブログと短歌を詠むのをサボりがち💦
気がつくと一週間以上も
ブログを書いてなかった〜😱
短歌も毎日、詠んでいなかった💦


何だろうと自分を観に行くと
『名誉欲』でした。


もっと、いい短歌を詠まなければ
もっと、いいブログを書かなければ
人の目を気にして
人によく思われたくて
人に素晴らしい人と思われたくて…


結局、
何も書けず
短歌も詠めずにいました。


私は
誰と比べてるのだろう?
何と闘っているのだろう?
誰に認めてもらいたいのだろう?


人と比較して自分で勝手に
これじゃダメだ〜と
こんなんじゃ認めて貰えないと
『承認欲』が顔を出し
勝手に自己否定していたようです😅


『回光返照』
(えこうへんしょう)
という言葉があります。


自分の外ばかりを見るのではなく
自分の中に光を当てなさい。


自分の内面を観て
自分はどうしたいのか?
自分の本当の気持ちは何なのか?
きちんと自分を見つめなさい。
という意味です。


意識が外に向いている時
外にばっかり答えを求め
評価を求めてしまう。


人や世間の評価や答えは
その人の都合でコロコロ変わるのに。
本当に無責任に…


なのに、
その度に一喜一憂して
自分自身は何処かへ行ってしまい
結局、
自分の人生を誰かにハイジャック
されたまま。


それは、
自分の人生を自分で生きてるとは
言えないですよね。


特別に何か、きっかけとなる
出来事があった訳じゃないけれど
私の中で、人からの目を気にして
動けなくなる勝手な捉え方を
していたんだと分かりました。


「全てはオールOK」
過去の勉強のノートに
書いてあった言葉が目に入りました。
そう!自分にオールOKを
出してなかったようです。


きちんと、
自分の中を観てあげる。


「回光返照」
定期的に心のメンテナンスを
してあげる事って大切ですね。


あっ!それと…
多分、朝散歩をサボっているのも
一つの原因かも…ガーンアセアセ
セ、セロトニン不足タラー


それも、オールOK!?かな…爆笑




短歌ワークショップ
10月24日(日)
お陰様で満席になりました。
ありがとうございます。

11月も開催しますので
お気軽にご参加ください。
近々、ご案内させて頂きます。












ワークショップ参加者の短歌掲載!





にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ