こんにちは。
今日は短歌講師の藤田恭子ですウインク


本日、zoomで
短歌ワークショップを開催しました!!


5名の方にご参加いただき
楽しくて素敵な時間を
過ごさせていただきました☺️


短歌を初めて作った方が3名。
初めてなのに、とても上手に
自分の感じた思いを
三十一文字(みそひともじ)に
されていました。


自分の詠んだ短歌を
他の人はどう思うのか?
どんな風に感じるのか?
ちょっと、知りたくないですか?


短歌ワークショップで
他の人が詠んだ短歌の感想を
皆さんに発表していただきました。


この発表は、とっても大切!
人の短歌を読んで、この作者は
「楽しそうだな〜」とか
「リラックスしてるな〜」とか
短歌の情景はこうだな〜とか
何でもいいんです。
そこに想像力を働かせて
こんな感じなんだな〜と
感じるのが大切なんです。
そして
言葉にすることが大切です。


短歌の合評の後、
「短歌は心を癒す」
ということについてお話しました。


大切なペットが亡くなった事
家族が突然、亡くなった事
幼少期の親との関わりでなど
まだ、癒されていない心の悲しみ。
そういう事を短歌を詠み続ける事で
悲しみから感謝に変わるお話をしました。


何故、癒されるのか?
その根拠は仏教にあり
その事もお伝えしました。


涙を流して聞いてくださった方や
感動してくださった方も
いらっしゃって
お伝えしてよかったな〜と
思います。


ご興味のある方は、
来月も開催しますので
是非、ご参加くださいね😊



【参加者の皆さんの感想】

★最後のお話、凄く感動しました。短歌を詠むという事を通じて、悲しみから感謝に変わるという事を体感したいと思いました。
短歌の深さを垣間見ました。
《山脇さん》


★最初は短歌に感心はなかったのですが、今回、参加してハマりました。参加してよかったです。
《熊さん》


★感じている事を言葉にするのは、凄く楽しいです。
短歌を考える時って、とても楽しい!
音楽など、色んな表現方法がある中、もう一つ増えて、生活に彩りが増えました。
《美千子さん》


★短歌を作る時、自分が何を伝えたいかを心に感じにいく時間がとても楽しいです。
そして、それを発表できる場所があるから短歌を作ろうって思えます。
もし、この会が無かったら短歌を作っても発表するところがないから、作らなくなってしまうだろうし、この会があるから、短歌を作るために日常に色んな事を感じにいこうとします。
それが、自分自身の財産になっていくんだろうなーって思います。
《年美さん》


★コロナ禍であまり家から出ない生活でしたが、この会に参加できて普段だったら出会えていない人と出会えて、色んな方の日常を垣間見えて楽しかったです。参加してよかったです。
《Fさん》


皆さん、今日は本当に楽しかったです😊
ご参加ありがとうございました❣️
次回のご参加、お待ちしています。



次回は
10月24日(日)
11時〜12時30分
ご参加、お待ちしてます😊




本日、ご参加いただいた皆さんの短歌は
短歌ワークショップのInstagramに
掲載していますので、
是非、見に来てくださいね。 
とても素晴らしい短歌です✨✨
      下矢印








にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ
にほんブログ村