【短歌アート】

蒸し暑くマスクを外し深呼吸
緑の香り夏の始まり
by恭子



真解鑑定師の藤田恭子です。


梅雨明けは、まだですが
毎日、蒸し暑い日が続きます。


夕方、帰宅途中に
心地いい風が吹いてきたので
風に当たりたくて
蒸し暑いマスクを取りました。


少し生温い風が顔を撫でて、
とても気持ちいい。
その時、風と一緒に
初夏独特の湿気混じりの
草の香りを感じました。


これから夏が始まるという
ワクワク感と
もう夏なのかという
切ない思いが入り混じって
詠んだ短歌です。


こういう一瞬で動いた感情を
キャッチして残しておきたい
そう思います。