【短歌アート】

バスタイム短歌浮かびてメモを取る
洗面所には付箋とペンが
by恭子
洗面所に置いている付箋とペンですウインク


真解鑑定師 藤田恭子です。

私のリラックスタイムの一つは
お風呂ですラブ


お化粧も落として
歯もピッカピカに磨いて
じゃぶーんと湯船に浸かると
冷房で冷えた体が
ふゎ〜と溶けてゆくようで
気持ちいい〜音譜


そのリラックスタイムの時に
ふっと短歌が浮かぶんです。


最近、特にお風呂で
浮かぶことが多いので
すぐ書き留める事が出来るように
付箋とペンを洗面所に
置くようにしました。


すぐ書き留めないと
忘れてしまいます。
走り去った思考は
その時にキャッチしないと
もう二度と戻って来ないから。
短歌来た〜と思ったら
すぐにメモ、メモ!


そして、
やはりリラックスしないと
思い浮かびません。


湯船でゆっくりお湯に浸かり
その日一日の楽しかった事を
一人じっくりと味わう。
そんな時にふっと出てきます。


短歌は、その時に感じた事を
一枚の写真を見ているかのように
その時の感情を詠むんです。


何度も何度も情景を
反芻して色んな言葉を
当てはめて行きます。
それが凄〜く楽しい!


けれど
その湯船に浸かっている時に
怒りがあると
何にも出てきませんけどね😅
怒りが次から次へと
湧いてくるだけです💦


リラックスしている時は
心からホッとしている時


その時は
自分を否定することは無い
幸せの時間。
何のストレスも無い
この時だからこそ
短歌が浮かぶんでしょうね照れ