専門分野を突き進む | 札幌市中央区 ユニオン カイロプラクティックセンター 地下鉄東西線西18丁目駅徒歩1分

札幌市中央区 ユニオン カイロプラクティックセンター 地下鉄東西線西18丁目駅徒歩1分

札幌市中央区、頭痛・腰痛、神経・関節痛、スポーツ障害でお悩みの方は、国際基準準拠ユニオンカイロプラクティックセンターへ。身体の問題を科学的に根本改善!


テーマ:

個人事業を行っていると、様々なダイレクトメールや営業の電話が来ます。

 

先日郵便受けに「北〇道鍼〇専門学校」からのパンフレットが送られてきてました。

 

手技療法の学校の全体の入学者数が減ってきているので国家資格の学校でも大変なんだなぁと思ったのですが、僕はオフィスの概念に東洋医学の思想を語ったこともなく、見当はずれな郵便物にカイロプラクティックの知名度の低さを残念に思いました(悪く言えばカイロプラクティックが舐められている)

 

同じ手技療法でも鍼灸とカイロプラクティックは別分野。

 

もちろん、突き詰めれば相通じるところもあるでしょうが、カイロプラクティックという学術の修行さえまだ道半ば。

ここでほかの分野に手を出しても百害あって一利無しです。

 

たまに、他の治療院のホームページなどを見ると東洋医学などの他分野を取り入れたりしているところもあるようですが、しっかりとした基礎医学をベースにしたカイロプラクティックを行えずに、他の療法の美味しいところを取り入れようとするのは本末転倒な気がします。

そして、そういったところは毎年コンセプトが変わっている。

僕ももちろん年々変化はしていますが、カイロプラクティック療法を用いた医学というコンセプトはブレていません!

中途半端に他の療法をかじるのはその療法を専門としている方に失礼だと思っています。

鍼灸やスポーツインストラクターの方でもしっかりと専門分野を突き進んでいる方を何人か存じているので、軽々しく東洋医学やほかの分野を取り入れようとは思っていません。

 

なので、せっかくの入学案内ですがお断りしようかと思っています(笑)

 

しっかりとその分野を各々が努力して極めること。

それが患者さんの利益につながることだと思います。

 

最近は、気持ちがたるんでいるのが微妙に行動に出ていたので、先日のセミナーとともに自己を振り返る良いきっかけとなりました。

せっかくレベルの高い教えを受けているのに、受け手がこのざまでは成長など見込めません。

セミナーに来ていただいたり、一緒に学ぶ仲間に集まっていただけるありがたさを無意識に当たり前に感じていたのかもしれません。。

人間的なレベルの低さ故ですね。

もっと精進いたしますm(__)m

 

最後は愚痴になってしまいましたが(苦笑)皆様良い週末を!

【札幌】WHOガイドライン国際基準準拠のカイロプラクター木瀧さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス