1327 :超定番FET 2SK30で「ファンタム式パナ改マイク」fetⅡを製作 | ShinさんのPA工作室

ShinさんのPA工作室

※ないものねだりこそ開発の原点だ※ 
※すべてのマイクロホンは未だ発展途上のデバイスだ※


テーマ:

製作難易度★★★★             お役立ち度 ★★★★★


ハイビスカス                

ファンタム式パナ改マイクfetⅡ 超定番FET 2SK30で製作しました。


FETの入手がこれほど早く困難になるとは想定外でしたネ~。


ファンタム駆動のUN-BAL/BAL変換AMPをXLRコネクタ内に組み込む、という常軌を逸した発想から当初より「小さな部品、小さな部品」と走った経緯があります。


コンデンサは何とかなってもミニサイズFET 2SK330などの入手は相当困難を伴っているようです。




ShinさんのPA工作室   ShinさんのPA工作室

  fetⅡ 普通型の基板          fetⅡ 2SK30使用の基板


回路・性能・評価もかたまった今、NC3-MXXBコネクタにどこまで安定的に収容できるかを考え直す良い機会でした、案外余裕のあるのがわかります。


ならば自作の定番「2SK30」ということでどうでしょう。

Vgds=-60Vで低雑音、データ豊富で実績抜群。

音質の違いは認められない、ただし「デカイ」という問題からは逃れられない。


ShinさんのPA工作室

定番の2SK30 使用で試作した「ファンタム式パナ改マイク fetⅡ 」。


すでにLZ-Ⅱでは普通サイズのTRを使用しておりますが、まるで砂漠でオアシスを求めるように僅かな販路をたどって2SK330を求めるのは国内においてはもはや限界と感じます。


ShinさんのPA工作室

定番の2SK30 使用で試作した「ファンタム式パナ改マイク fetⅡ 」AMP部。

・ケーブル支え構造は二重にして安定させている。


 結果は従来バージョンと何も変わらない、これイイんじゃないかな。


実はFETタイプのファンタム式パナ改マイク開発時点ではあらゆるFETで試作した経緯があり、もちろん2SK30の使用実績はありますが、「小さく小さく」にこだわった結果当初から入手の限られたミニサイズFETを選択していました。


そのときですらVgds=-50V以上の小信号用FETは結構絞られ、ミニサイズFETとなると数えるほどになりました。


パーツの「ないモノねだり」ほど高くつくものはない、原点に戻り、「普通の部品で普通に作って最高にイイ音」のマイクを実現しました。



【製作】写真などのパクリは「表示」を大きくしてPrtScボタン→Paint→貼付でどうぞ。
ShinさんのPA工作室
       部品面




ShinさんのPA工作室
       裏面


・注意しなければならないのはノイトリックNC3-MXXタイプは、ブッシングが内ネジ用であり0.05mm内径が細くなり、基板は高さも幅もかなり限定されます。

ShinさんのPA工作室


基板上の部品サイズ・コンデンサ高さもギリギリ。基板両脇への部品がはみだす状態ではブッシングが入りません、φ13.7がブッシング径ですから、ネジったとき部品や基板にあたらないように部品を含めた基板幅・高さに抑えるには覚悟が必要だ。


実質的に0.5mm縮めないと危険だ、いや本当に危険。

(ブッシングのネジ締めはゆっくりおこない、「スルスル」と抵抗なく入る必要あり、「ガリッ」と音がした時点で部品にあたっている、戻して直す。)


ShinさんのPA工作室

こんな事になります、マジで!


胴体がやや太いのに無理にブッシングをねじ込んだ結果基板はメチャクチャにネジ切れた失敗例、基板はよほど意識して「細く・狭く」作らなければ簡単にこうなります。・・・・苦労は水の泡!  甘い甘い。


でもこんなので一喜一憂していたら冒険なんてできないサー。


   

シーサー 【自信のない方は】 シーサー


①部品配置をスリムに長手方向に変える(腕のみせどころです)


②使用コネクタを変える

ノイトリック旧タイプ(NC3-MX)またはそれとほぼ同一構造の無名メーカー品の使用をお薦めします。

(80円~200円位で売られている)


ShinさんのPA工作室

      旧型コネクタシリーズ



いずれも内径は13.8mm、ノイトリック新型(NC3-MXX)は13.75mm(実測)

この0.05mmの違いだけでなく、

ブッシングが新型は内ネジ、旧型と無名メーカ品は外ネジであるためブッシングを締め込む際、基板の部品がネジ切れることもなく桁違いに作りやすいです。


(2SK30A GR メーカー資料)

http://akizukidenshi.com/download/2sk30atm-gr.pdf






【回路図】 
ShinさんのPA工作室
この回路はおなじみになりました、FETだけがちがう。

(ブリーダー抵抗はこれよりやや小さくてもよい)


これでいいのだ バカボンのパパ



     



(お知らせ)

fetⅡ、fetⅡi、fet3、LZ-Ⅱ、LZGなど、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)   (Shin)



モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。

                             管理人(Shin)                             
ShinさんのいたずらPA工作室 ShinさんのPA工作室


   ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします

メール メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp

Ameba人気のブログ