1109 :禁断!「激安マイク CM5 の定番化改造」を材料費0円で | ShinさんのPA工作室

ShinさんのPA工作室

※ないものねだりこそ開発の原点だ※ 
※マイクロホンは未だ発展途上にある※


テーマ:

お役立ち度 ★★★★★ 


めでたい 改造費用0円を実現


あの980円のクラシックプロCM5改造して使うのがすっかり定番となりました。




あっその前にCM-2000 CM5 との関係ですが 「グリルの線の入り方・デザインが違う、いや重さが違う」「ここのサイトで同じだと云ってるが「CM5の方が低域が出る」などとあちらこちらで意見が交わされていますが、Shinは両者を完全に分解してマイクユニットはもちろん、金属パーツ、ゴムパーツ、マウント構造、部品1個1個まで同一であることを確認しており、フェルトを使った同じ方法で改造確認も行っています、結論は完全な同一物です。

CM5はサウンドハウス、CM2000はキクタニ それぞれのOEMであるだけ。


(ただし 8~10年前の「CUSTUMTRY」初期モデルはグレードの低い別機種です )


CM-2000にはプラスチックケースは付属していませんのでフェルト使用の改造 ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これはCM5・CM2000特有の「中域の細さを改善」して定番マイク星孝典の音に近づける改造です。


そっくり?といえばそれは別マイクのこと、でも費用のかからない改造でここまで良くなるんですからね~、まあ信ずるものは救われるってことで・・・


あっそれから、この改造は「定番マイク」のお持ちを前提にしていますよ。

笑っちゃうのも度肝を抜くのも自由、気に入らなければ元に戻すだけ、人畜無害也。


ShinさんのPA工作室


CM 5の音質UP改造は前回の発表から1年以上が過ぎ、CM‐2000と併せ、驚くようなメジャーな現場でも改造使用が結構普及し、お役にたっているようでShinさんつくづく「生きててよかった」と思う今日このごろです。


でも、これまで皆様が「ドラフティングテープ」フェルト探しなどで結構苦労されているのを知っていますので心苦しく思っておりました。





あれから1年以上たちましたので、ここいらで最新版を1本入手しておこうとクラシックプロCM 5をとりよせました。

箱を開けると「おやっ」と思いすぐに新しい改造法が浮かびました。


ShinさんのPA工作室

それは材料探しナシ改造出来る方法です。                          (でもこのケース結構捨てちゃったでしょ)


実はこのケースを捨てようとして、底敷きの薄いスポンジを剥ぎ取った瞬間、その手触りに あっひらめき*と電気が走ったんです。



ShinさんのPA工作室 これは何て読みますか?「マル・ シカク」ですか?

「ハズレ~」。だいぶ疲れていらっしゃいますね、疲れたあなたに丸か四角をクリックすると、とっても癒されますよ~

大丈夫!、ワンクリック詐欺なんかじゃないですから。



ハイ、写真左はShure SM 58のインナースポンジ、右はCM 5用ケースの底敷きスポンジです。

触ってみると「フワフワした同じ感触」(SM-58のインナースポンジと同じ感触です)

ちなみにCM5のインナースポンジは「カシャカシャ」した材質です。


【作業】

これが材料
ShinさんのPA工作室

①CM5のボールグリルからスポンジを外す


②準備した底敷きの薄スポンジを円形に切り、グリル内に収まりやすいように写真右上のように切れ込みを入れる。


③ボールグリル周囲ににうまく張り付くように収め静かにマイク本体に装着する。


この際多少のスキマは無視して結構です。


★★★ここまででうまくいかない場合はフェルト使用に切り替えてください。



◎忘れちゃマズイのがこれです。
ShinさんのPA工作室
いままで「3Mのドラフティングテープ」「ドラフテープ」探しを苦労されたと思います。

これは音響家の必携品ですが、それだけでCM5 一本分と変わらない位の価格、当然100円ショップにはありません。

そこで、どなたでも簡単に手に入る「紙粘着テープ」しておきます、早い話12mm幅で前面をマスクするだけですので手近なもので大丈夫です(12mm幅だけは守ってください。)


【結果】

フェルトを使った前回の改造と変わらない音が得られ、「位相干渉による中域の頼りなさ、ハウりングし易いCM5独特の欠点はスカッと解決。

  欠陥スポンジにより正面音圧成分と速度成分とを同一位相にしてしまっているため中域が引っ込みエネルギー感がない ・ その結果、単一指向性マイクとしてのハイト・パターンが大幅に崩れている)

これはSM58純正のボールグリル「RK143G」のスポンジをを取り付けても同一音・同一結果になります、でも850円ですからあまり意味ないですよね。

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662%5ERK143G%5E%5E


またクラッシックプロの「58GRILL」 600円、 

これを使うと改造前の安っぽいCM5の音になります、当たり前ですがおもしろいですねー

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5E58GRILL


ちなみに純正のSM58にクラッシックプロの「58GRILL」 (600円)を取り付けると、58の音傾向は引き継ぐもののやや「カンカン・キンキン」したイヤな音になります。


【考察】

「何でもっと前にそんな事気が付かなかったの?」と云われそうですけど、往々にしてそういう事ありますよ、結局「灯台下暗し」みたいな・・・


そして幸せの青い鳥は100円ショップに行かなくてもウチに来ていた。


でも良かったじゃないですか、ダメかな・・・



18禁 【Shinさんブログが18禁・・・??」   

おかしいな、と思って調べてみたら目が点に・・・・

ShinさんのPA工作室


とあった、いやはや検索ロボットのなせるワザ、アタマ悪いよ・・・マイッタ。



でも「音ってほんとうに面白いものですネ、

         それではサヨナラ サヨナラ 」 淀川長治 



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。

★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。

                             管理人(Shin)                             
ShinさんのいたずらPA工作室 ShinさんのPA工作室

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします

メール メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。