3月11日 恒例の「樹名板づくり」を開催しました!

今年は、今までで一番たくさんの子供たちが参加してくれました。

 

まずは校庭をまわって、地元の植木屋さんであるメンバーが、木の名前を教えてくれます。

子供たちは、自分の一番お気に入りの木を決めて名札を手作りしていきます。

ガスバーナーや、ルーターといった普段は使わない(使えない?)道具を使っての作業ですが、子供たちは上手に使って、自分の作品を仕上げていきます。

 

これは「アンズ」の木ですね。きれいな花が咲いていました。

 

学校に「自分の木」ができて、きっと学校のことがもっと好きになってくれると思います。

なので、人気の木にはたくさんついても良いんです!

 

子供たちの個性が出て、勉強にもなって、学校が大好きになる、そんな「樹名板づくり」は、私が大好きなイベントのひとつです。

(T.I)