レベル補正とトーンカーブ | 画像加工の便利帳
2005-09-24 10:06:43

レベル補正とトーンカーブ

テーマ:Photoshop(超初心者~中級)

レベル補正」と「トーンカーブ」の使い分けが難しい」
というコメントがありましたので、
今日は「レベル補正」と「トーンカーブ」の
使い分けについて、書いてみたいと思います。

画面のいちばん明るいところと暗いところを
設定する
のがレベル補正」です。


80~0
 ↑                ↑

100%一番暗い) (0%一番明るい


この画像では、
0~80%の領域で構成されています。

▲の位置を移動することで、
画面の一番暗い部分100%ととして認識させます。


レベル補正スライダ矢印移動
    ↑

   ▲移動後は、この位置が100%一番暗い色になる)


トーンカーブは、
中間のトーンを増やしたり減らしたりします

C50-15

カーブを ↑上に引っぱると増える

      ↓下に引っぱると減る

トーンカーブ100%50%に設定する場合、
レベル補正のヒストグラムの山を
全体に半分に減らして低くするようなイメージですね。


CMYK100→50


レベル補正のヒストグラムを左右反転して、
トーンカーブの曲線と並べると、
相関関係がわかりやすいかもしれません。

トーンカーブとレベル補正

(「レベル補正」では左が100、右が0になるため、
左が0、右が100になるように反転してみました)

レベル補正」のヒストグラムは、
0~100%の網点が
どのように分布しているか
示します。

このヒストグラムからは、
中間~ライト側の色が
画面の大部分を占めることが読み取れると思います。



【関連記事】
目次

Photoshopで、食べ物の写真をおいしそうな色に加工する

Photoshopで空の色を明るくする

加法混色と減法混色

RGBカラーとは

CMYKカラーとは?

ソフトで淡いトーンの地紋やイメージフォトをつくる

初めてでも失敗しない色調補正

食べ物の写真とライティング~蛍光灯と白色電球で、こんなに色が違う!~


フォトショップに関する記事一覧
超簡単オークション商品をキレイに撮影する方法

Photoshop Elements3.0 無料体験版ダウンロードはこちら

フリーソフト「フォトショップミニ」無償ダウンロードは、こちら

PCソフトや電子書籍をダウンロード購入すると楽天スーパーポイントが貯まる!


アドビシステムズ
Adobe Photoshop Elements 4.0 日本語版
Windows版 乗換え・アップグレード版


バナー

相互リンク随時募集!バナーの貼り方について


いつもお世話になってる相互リンクの皆様です♪


アート&デザイン系人気ブログ



トップへ戻る


しもまゆ@画像加工の便利帳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス