シンプルで簡単なバナーを作ってみよう!(1) | 画像加工の便利帳
2005-09-02 14:01:16

シンプルで簡単なバナーを作ってみよう!(1)

テーマ:ロゴ・バナーを作る

今日は、バナーを作ってみましょう。


イラストレータで描いたひよこのイラストを
eps保存
たものをフォトショップで開き、
さらにjpegに保存し直したものを使います。

ビットマップひよこ

ラスタライズ(ビットマップ化)したこの画像は、
幅   14.38mm
高さ  14.27mm
解像度 72dpiでできています。

ラスタライズ


これを幅35mm×高さ15mmに変更します。


(1)イメージ→カンバスサイズを開き、
   カンバスサイズを変更します。


イメージ→カンバスサイズ

幅35mm、高さ15mmと数値入力し、
基準の位置を右下にします。

カンバスサイズ


(2)イメージ→画像解像度を開くと、
幅99pixel×高さ43pixelで
72dpi
であることが確認できます。

イメージ→画像解像度 画像解像度


バナーの大きさは、
ピクセル寸法によって
サイズが規定されている場合が多いので、
この画面を開いて
規定のピクセル数値内かどうか、確認します。


幅と高さのmm寸法は
35×15mmより若干誤差がありますが、
ピクセル単位で換算すると
mm寸法が一致しない場合もあるので、
あまり気にしないでください。


(3)画像の下の地色レイヤーを作ります。


  レイヤーパレットの右上の
  三角マークをクリックして、
  「新規レイヤー」を選択します。

新規レイヤー


(4)新しくできた「レイヤー2」をドラッグして、
レイヤー1」の下にもってきます。

レイヤー2を下に

レイヤー2」が「レイヤー1」の下にきました。


こうすると、ひよこの絵の背面に色が塗られます
(「レイヤー2」が上にきていると、
ひよこの絵が塗りつぶされて隠れてしまいます)




【関連記事】
RGBカラーとは
CMYKカラーとは?

イラストレータで描いたベジェ曲線をフォトショップにもってくる

バナーのHTMLタグの構造

シンプルで簡単なバナーを作ってみよう!(2)

イラストレータで描いたイラストをフォトショップで開く

ベジェ曲線でひよこの絵を描く(後編)

ベジェ曲線でひよこの絵を描く(前編)

画像の保存形式 JPEGとGIFの使い分け

画像解像度と画素数について

フォトショップに関する記事一覧

Photoshop Elements3.0 無料体験版ダウンロードはこちら

フリーソフト「フォトショップミニ」無償ダウンロードは、こちら


バナー

相互リンク随時募集!バナーの貼り方について


いつもお世話になってる相互リンクの皆様です♪


アート&デザイン系人気ブログ



トップへ戻る


PCソフトや電子書籍をダウンロード購入すると楽天スーパーポイントが貯まる!


アドビシステムズ
Adobe Photoshop Elements 4.0 日本語版
Windows版 乗換え・アップグレード版

しもまゆ@画像加工の便利帳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス