【免許】絶対に損をしない「教習所選び」のコツ | 下北沢自動車学校のブログ

下北沢自動車学校のブログ

運転免許の取得なら、首都圏NO.1最短&最安値「下北沢自動車学校」へ。運転免許MT/AT、教習プラン&料金、教習時間、教習車&コース案内、女教官のブログ、お問い合わせ


テーマ:

【業界最安値&最速取得実績No,1】

~ 今すぐ「運転免許」が欲しい! ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
首都圏/普通免許16万円/1ヶ月間
通い/夜間教習有/下北沢自動車学校
http://www.shimokitazawa-ds.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「教習所選び」の損得

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

何処の「教習所」へ通っても、

取った後は、

全く同じ「運転免許証」です。 ^ ^ /


なら尚更、

↓↓↓↓↓

①「なるべく安い方がいい」

②「なるべく早く取りたい」

③「なるべく近場で取りたい」

と思うのは当然です。 ^ ^


あとは、実際の、

↓↓↓↓↓

④「教習の質や内容」

⑤「教官の指導力と人柄」

⑥「最後まで継続できそうか」

などがポイントでしょう。 ^ ^ /


ちなみに、授業内容は、

教習所によって全く違う場合も多いです。

しかも教習所は、

無料試乗会等に行ってみても、

「実際に通ってみて初めて中身が判る」

といった側面があります。

初期に比較要素の少ないこういう状況から、

ニーズ側が損得を感じやすいのです。 ^ ^ ;

つまり、判断しにくいのです。


しかも教習所(自動車学校)には、

【公認】と【非公認】の2種類が有り、

響き的には、「公認」の方が

実際の聞こえ方は良いですが、

「非公認」と聞くと

公認よりも劣ってる感じに聞こえますが、

果たして、一体どうでしょうか?

その2つの

「どこが違うのか?」すら、

一般的には、あまり知られておりません。

↓↓↓↓↓
※参照:「公認と非公認の違い」


もう一度お伝えしますが、

↓↓↓↓↓

何処の「教習所」へ通っても、

取った後は、

全く同じ「運転免許証」です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【教習所を早く卒業するためのコツ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、巷の噂などでは、

「学科試験」には

「引っかけ問題」がある、

「技能試験」には

「少しのミスですぐ落とされる」等、

「都市伝説」が耐えません。

これは確実に「誰かのいい訳」です。


「国家資格試験」である以上、

基準さえ満たせば、18歳以上の男女まで、

必ず全ての人が平等に取得できるはずです。

明確な合格基準が有る以上、

基本、厳しいも甘いも有りません。


「非公認」の場合、

実際にルールを取り締まる側の

警察官が試験官を担当します。

他人の目やドライブレコーダーがある中、

年間に何万人も試験を担当する警察官は、

決して無駄に優しくはないですが、

このまま免許を取ったら危険そうな人を

「試験」で落としているだけです。

とても淡々としてます。それだけです。

試験に落ちた人はショックでも、

実は未来を守られている可能性があります。


警察側として金銭的に観ても、

免許取得者が多い方が

道路に出る人が増え、儲かります。

可能なら全員一発合格して欲しい、

警察側は、そう思っています。


尚、「非公認」の教習所自体も、

生徒さんが早く免許を取得した方が、

システム上、経費的にも助かります。

わざわざ無駄に落とす必要は、

どこにもありません。


万が一、

それでもそのような噂があったとしたら、

それは、内容的に、

4回中3回の試験を

民間の指導員が担当する

たまたまビジネス色の強い

どこかの「公認」に通った人か、

若しくは、

予算と時間を節約しようとして、

いきなり「一発試験」を受けたが

上手く行かなかった人のどちらかです。


ギリギリの実力で

焦りながら合格を目指すのではなく、

将来のためにも、誰かのためにも、

安全で確かな運転技能を習得し、

普通に普段と変わらぬ落ち着いた心で、

サクッと全ての試験に合格したいものです。


そのためにはまず、

「教習所に通えば自動的に免許が取れる」

といった考え方はせずに、

「免許を取って運転するのは自分だ」

という気持ちで教習所に行きましょう。


免許を取った先、

ハンドルを握り道路で車を走らせるのは、

免許証を取った「あなた」です。

あなた自身が、交通ルールを把握し、

車の運転を習得しなくては話になりません。


そうです。

教習や試験が無駄に厳しいのではなく、

日本の交通ルールやマナーが、

「その水準である」と理解しましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「理想の教習所」とは?】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

短期で取れる「合宿免許」であっても、

交通費、宿泊代、食事代等が乗っかり、

予算的には結局、最終的に「通い」と

同じ合計で約30万円前後も掛かった、

という話を良く聞きます。内容的には、

必ず時間の掛かる【公認】と同じです。


又、東京都内の人が、地方の道路事情

で練習をして、都内に帰ってくるので、

運転技能、事故率等、課題は山積です。


なら、都内の教習所で、私生活に都合

の良い通いで、安くて、なるべく早く、

そして、ちゃんとした内容の教習所に

行く方が良い、という人も多いのでは。


結論から言うと、安くて、自分次第で

早く免許が取れる、「非公認」の方が、

断然おすすめです。

↓↓↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下北沢自動車学校】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・HP(トップ)

・教習&料金プラン

・教習時間(予約)

・教習車&コース紹介

・免許取得までの流れ

・無料試乗会受付

・公認と非公認の違いの詳細:一覧表

・お問合わせ&お申し込み

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
教習所・免許・安い・短期・東京都



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【下北沢自動車学校】について
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

創立15年、公安局届出自動車学校の

「下北沢自動車学校」は、おかげ様で、

地域実績No,1をキープしております。


2012年から某スポーツ選手考案の

スポーツ化学を反映させた

独自の教習マニュアルを構築。

運転運動時の精神面にもコミットし、

誰もが、無理無く、体系的に学べて、

最速で技能が上達=免許が取れるよう、

日々、生徒さん達の未来を広げるため、

社会貢献の気持ちから教習をしてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本は左車線。基本、右ハンドルです。
道路は規則が有り、つまり傾向も有り、
利便性と安全の間で技術がせめぎ合う、
権利と責任が民間で最も明確的な道路。

免許は、社会システムの基本勉強にも
最適です。車は、運動神経よりも理論
で運転をします。誰でも取得できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

生徒が早く卒業できることで、実際の

「教習料」を安く抑える事業展開です。



自力で学習できる人なら、上達した分

だけ早く卒業できるので、非常に早く

免許を取得する事が可能です。最短で、

賞味11日間程度の教習で全試験一発
 
合格の生徒も、多数排出しております。


女性の教官も在籍してるので、初めて

免許を取るのに緊張気味の人や、車に

詳しくない女性にも、とても安心です。

親切、丁寧に、熱心に教習いたします。


まずは、今すぐ、お問い合わせ下さい。

無料の「体験試乗会」も随時開催中☆


私たち、「下北沢自動車学校」は、

あなたの「免許取得」を

どこよりも強力に応援する専門家です。

今すぐ、違いをチェックして下さい☆

下北沢自動車学校@首都圏NO,1最短&最安値さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス