~本当のあなたの魂を輝かせるメッセージ~埼玉・川越でリコネクション、リコネクティブヒーリング、スピリチュアルカウンセリング

~本当のあなたの魂を輝かせるメッセージ~埼玉・川越でリコネクション、リコネクティブヒーリング、スピリチュアルカウンセリング

高次元の覚醒体験、ツインソウル、自分の魂を輝かせる生き方、新しい時代の魂のインディゴやクリスタルなどの方やその子供のお母様のご相談などに乗らせて頂いています。






テーマ:




今回の関西方面の地震に遭われた皆様へお見舞い申し上げます。少しでも早く復興や落ち着いた生活が出来ますことをお祈りしております。



そして、前日には関東方面でも地震が起きていました。今年は多発する噴火の影響など地球の磁場が大いに揺れ動いております。



そして、その影響を受けて、地球に住む私たち人間も心身が揺さぶられやすいかもしれません。これからも地球のエネルギーの調整が続いていく可能性は高いです 。



それと共に、今後、更に覚醒や目覚めのエネルギーも強く促されていくと思います。覚醒が始まってからが、何度も苦しみや葛藤や後戻りしたいと言う想いが沸き起こったり、しんどいこともたくさんあることでしょう。ただただ、少しずつ自分のペースで前進あるのみです。



関西方面の方々のお話しによると、水道やガス、電氣などのライフラインが一時的にダウンしてしまったり、壁にひびが入ってしまう、物が落下して散乱してしまうなどの被害が出ているとお聞きしました。         



今まで当たり前に出来ていた生活が出来ないことは、不安や恐れや心配で精神的にかなりの負担になると思います。



私のクライアント様でも、関西方面の方々がたくさんいらっしゃるので、皆様、ご無事でしょうか?



不安や恐れを抱えていると無意識にエネルギーを消耗してしまいますので、落ち着いて丹田に力を込めて、安心感や安全の感覚を取り戻して欲しいと思います。



揺さぶられて軸がぶれてしまうと、どうしても苦しくなってしまいますから、ご自分の軸をどうか早くに取り戻して頂けたら幸いです。



何があってもどんなことがあっても生き抜いていくと言う心持ちと生命力を大切にしていきましょう。



どうか癒されて生きていく力を取り戻していけますように。大丈夫だという平和と安寧の境地で過ごされますように。高い波動と周波数を保って整えて下さい。



そして、備えあれば憂いなしです。いざと言う時の対策はどうか万全にしておいて下さいね。



また、6月のセッションのご予約は全て埋まっております。全国からセッションのご予約が大殺到しております。



これからセッションのご予約は7月以降になります。7月もご予約が入って来ております。どうぞ宜しくお願いします。



☆Facebookのフォローなど大歓迎♪






お問い合わせ、お申し込みは申し込みフォームまでよろしくお願い申し上げます。


テーマ:




お久しぶりのブログの更新になります。私がブログを更新していないと、お優しいクライアント様方から、ご心配してくださったり、忙しいのだろうと察して頂き、いつも本当に有難うございます。            



実は最近、咳が止まらなくなりました。カウンセリングを長く今までにやって来て初めての経験。



カウンセリングで、喉のエネルギーを使った以外にPM2.5や放射能などそうした影響があるみたいです。



ある程度、敏感でないと危機察知や回避も出来ませんが、厳しい時代に入って来たなとつくづく感じます。



私は覚醒が進んだりシフトする際は、一時的に不調になります。クライアント様の芳さんも人間だったのですねと言う反応が新鮮でした(笑)



私の特殊な霊媒体質や強い霊能力を知っている方々にもご心配頂きましたが、少しずつ復活して来ました。



強制的に俗世から引き離されたので、霊界や宇宙意識にコンタクトを取り、膨大なエネルギー情報を下ろしてまとめたり、霊的なことに集中させられていました。



ブログは上の存在から書いて欲しい情報エネルギーのテーマが下ろされた時に言語化にして書いていまして、出すタイミングも全体の流れの采配で計られているようです。



目に見えない世界と存在との、阿吽の呼吸の流れを掴んでいき上昇していくため、動かなくて良いときは強制的に待ったが入り動けなくさせられます。



がむしゃらに動いたら上手くいくというような世界でもなく、その絶妙で精妙なエネルギー感覚をキャッチして、研ぎ澄まし磨いて来ました。



高い次元や領域に上がる程に、微細なエネルギー領域になるため、それを掴んで落とし込んでいくのは、とても難易度が高いことになります。



上がっていく前触れや予兆の時には一時的に不調になったり、なぜが落ちたり、おなしなハプニングや流れが出てくる場合があります。



新しい周波数やエネルギーが定着しておらず不安定な状態なので起こります。私もそれを繰り返してステージを着実に上げ続けてきています。



大きく飛躍してジャンプをする時には、しゃがんでエネルギーを溜めないといけませんから、そのように受け止めたら良いのだと思います。



急上昇して上がる移行期間の時には、余白の隙が出来るので、そこのエアーポケットに入り込み填まるとそのような感覚や流れを抱くようです。



その際は、色々と過敏になっていたりしますから、エネルギーを引っ張られたり、持っていかれないように要注意です。この時期はあまり大きく事を動かすより、次の流れの好機を待つのが良いでしょう。



ただ、それもあくまで一時的な通過点に過ぎませんので、その期間が終われば、以前より意識や視界が開けて明瞭にクリアになり、自分の存在する世界や次元の周波数帯が変わっているのです。



ステージが切り替わり、新しいエネルギーや周波数を現世の肉体レベルに落とし込むことはすぐには出来ないため、心身や環境の調整や休養や浄化のために時間のタイムラグが起きて来ます。



その時に一時的に不調やおかしな流れが起きたりします。ここが次に向けてエネルギーを溜める踏ん張り時です。



次の流れが来るまで動かない方が良い待ちの時期です。ここで下手に事を動かそうとすると空回りことがあります。



大いなる視点で、今の立ち位置を俯瞰して理解出来れば、安心して起きているプロセスを享受出来ます。



私が知らない内にブログの読者様も500人以上いらっしゃっるようです。導きや流れがあるときに、月に数回しか書いていないのに本当に有難うございますハート



今までに有難いことに、お申し込みが途絶えたことがありません。毎月、私のことを必要な方が必要なタイミングで来られます。



がむしゃらに何かをしている訳ではないのですが、与えられたものをこなしている内に、自動エスカレーター式に次元やステージが上がり続けて、全国や世界からお申し込みを頂くようになりました。



段階やステージに合わせた、かなりの情報量をまとめておりますので、ブログだけで理解出来て落とし込める方は、私のセッションを受ける必要がないいぐらい出し惜しみせず書いております。



私の周波数やご縁に必要な方は、目に見えない采配により、どんな流れからでも導かれて繋がるようになっているようです。



ブログを更新していない間に、九州を巡り、様々な神社や聖地を巡り、参拝しておりました。



そして、先祖供養やお墓の霊格を高めたり、家系の浄化や一族の繁栄のために、動いたりしていました。



もう実は十分なぐらいなのですが、霊的なお役目を担っているので、機会があるときに、そうしたことを行っております。



また、たくさんのセッションにも携わらせて頂いておりました。地震や噴火などを含めて地球のシフトが大きかった前後には、たくさんのセッションのお申し込みなどを頂いて、地球が揺さぶられると、そこで生きている人間も影響を受けるのです。



私のサイキックな友人たちも、寝込んだり、怠かったと言っていたので、霊的に敏感な方々は大変な時代になって来ましたね。



そして、最近、地球の時間軸のスピードが更に加速しているのも、とても強く感じます。



光陰矢のごとしではありませんが、あっという間に時間が過ぎていく感覚が実際に増していると思います。



だから、過去を悔やむのではなく、未来を憂うのではなく、今を生ききる感覚の意識が益々、大切になります。



私は次元や時空を超越することは、日常茶飯事なので、生きている時間のスピード感が全く違います。この世に生きて多次元同時進行で生きているので、なかなか大変だったりします。



私自身も携わるお役目がどんどん増えて来ていて、次に行っていかないといけないこともどんどん上から下ろされています。



目に見えない世界事に動かされている時は、本当に次元を超えて走馬灯のように動いていて、あっという間に時間が経っていたりして驚きます。



下ろされたことを目に見える形に具現化にしていかないといけなく、周りの方々からも同じようなメッセージを伝えられ固められて来ました。



目に見えない世界とコンタクトを取り共同して連携し、生きていくことは、かなり難易度もレベルも高いことだとつくづく感じます。



そのレベルの地球の人間体験をしていたら、確かにもう地球の転生はもういいやになります(笑)



私の携わって生きている世界は、一般的な常識や感覚が全く当てはまらなく、通用しない世界だとつくづく感じます。



例えば、私事で言えば、たくさん寝ていたら、霊能力が上がり、次元やステージもあがっていたりしたこともあります。






次元や領域が上がる程に、宇宙の法則や真理通りの反映や投影のスピードも高まります。そこからはみ出したりした場合の、反動も自ら引き受けないといけなくなります。



だから、こちら側の魂の方がその方の本意に見合わないことをすると、いきなり強制終了が起きたり突然、病氣や事故に合う、会社の退職を余儀なくされるなど青天の霹靂のおかしな流れが起きて、あからさまに目に見えない力の采配が働きかけられます。 



人生ステージや流れが切り替わった時にもよく起こることです。魂を磨き成長するために、敢えて厳しい試練やハードルのプログラミングをして設定しているのです。 



運命が強い方であるほどに、死を彷彿とさせられるような境地や体験を与えられることがあります。      



これについても、仕事柄たくさんの方の貴重な人生や運命の流れのお話しを賜る機会がある関係で、そんなことが起きることが本当にあるのかと驚くようなお話しもたくさんありました。



目に見えない大いなる存在の裏の意図や意思の介入を感じざる得ません。もちろん因縁などの複合的な影響でおかしな流れが出ていたり、魂の決めてきた課題や成長のための試練の場合などもあります。



一般の方の場合、因縁の世界レベルで生きていますので、すぐに何かが起きたりはしなかったり、時間差のタイムラグがありますが、霊的な魂の方々の場合は、宇宙の法則や真理のシステムの影響を受けますから、自分にそのエネルギーが跳ね返って来たりします。 



だから、因縁の世界のエネルギーに飲まれて生きていくと、大体、自分の魂の立ち位置をあっという間に見失い生き方に迷い、困ることになります。そこから、突き抜けて生きて下さいね。            



霊的な方は、しっかりと自らの霊性を立たせないと上手く人生の流れを循環していくことが出来ませんし回りません。まず、霊系統に問題がある場合も多いです。



私も人間としてやりたいと思っていることと、上の存在が私にやって欲しいことにかなりの落差がありまして、私がやらなくて良いことに関しては、今までどんな手段を取っても阻止されて何が何でもやらせなかったりしました。



それについてもう良い意味で、腹を括れているので、上の世界の存在たちの、審査の許可が通らなかったことは潔く手放して、良い意味で諦められるようになりました。    



この世に対する執着やしがらみ、自分の思い通りになると期待することすら、良い意味で捨てて来ています。



この世への未練もあまりないのでいつ向こうの世界に還っても良いし、もう境地的に雲隠れして隠居しても良いのですが(まだ、31歳だけれど。)、お役目的にそうはいかず、長く生かされ続けるみたいです。



私もどんどん進化して変わり続けて来ておりまして、自分が切り離してしまっている領域に関しましては、場合によってはセッションをお断りさせて頂くこともあるのをご了承の上、ご理解して頂けたらと思います。



また、多忙なためメール返信に時間やエネルギーを割けない状況ですので、ご相談内容に触れるようなメールのお返事やレスポンスは出来ませんので、ご理解の上、全てセッション内にお聞き下さるように宜しくお願いします。



ご報告のメールも拝読させて頂きますが、お返事は時間に限りがある関係で、要件以外はお返事出来ない可能性があります。メールでのご質問はお控え頂けたらと思います。



セッションに集中し、身体のコンディションを整えないといけませんので、その旨、ご了承頂けたらと思います。



面識のない方で、突然、ご相談のメールを送られることがありますが、そうしたことはお断りしてお答えしておりませんので、どうぞご了承下さいませ。



また、セッションを受けに来られたクライアント様から言われたことなのですが、私のセッションを受けた後に、突然、今までずっと動かなかった事が突然動き始め、一体、セッション中に何が起きたのかと仰られておりました。



特に何もしていないのですが(笑)私と会うだけで、ある程度、因縁が取れて、祓う力があると言われたことがあります。知らない内にエネルギーを動かしてしまうことがあるようです。

         

ただ、これでも霊能力の数パーセントも使っていないらしく、私が持っている霊能力の全てを
出してしまったら地球や宇宙レベルで物事を動かすものを搭載して来ているらしく、それをおもむろに発揮や発動させたら、もうこの世に肉体を維持して生けていけないだろうと思います。



私も普段は人間コーティングして普通の女性を装おってはいますが、自分では扱えきれないレベルの霊能力を保持しているのをよく感じます。持っているものは全く可愛くありません(笑)



昔は自分の強い霊能力や霊媒体質が分からず無自覚で、全くコントロール出来ずに振り回されて、翻弄されていました。



強い霊能や運命を持つと言うことは、自覚を持ち上手くその大きなエネルギーを建設的に活かして扱えなければ、諸刃の剣で、翻弄されて飲まれてつぶれてしまい、我が身や人生を滅ぼすことにもなるのです。



私はそう言う方も今までにたくさん見てきました。やはり受け止められるだけの、人間としての胆力や器のキャパシティが必要になるのです。



ちなみに、過去生で男性の神官として王室などの相談役や国のために尽くしたりしていた影響などが強いので、魂はかなり男性的なのです。



私のブログも男性が書いているみたいだと思います。宇宙の叡智、知性、哲学を発信していくお役目ですね。



古代エジプトでピラミッドの建設を祈り、宇宙エネルギーを下ろして儀式をしていたとか懐かしいです。過去生を懐かしいと言うのもあれですが、過去生の記憶を鮮明に思い出せるので(笑)



古代エジプト時代に共に働いていた方が、今、お付き合いある会社様の取締役で、お互いにそのことを覚えていたり、魂のご縁が深い方々が使命やお役目を果たすために時空を超えて魂の
再会をしています。



また、当時、女官として私のお手伝いをしてくれていた方や相談に来てくれていたり、教えていた方がクライアントさんとして来てくれたりします。



裏の世界で暗躍することに慣れてきたため、あまり目立つのは好きではなく苦手なのですが、今生は表に出るのが課題で宿命のようです。



だから、私が粛々と静かに生きようとすると、もっと表に出るように周りの友人や仲間から発破をかけられます。



私とは逆で表に出ないことが宿命の方もおりますし、人により運命の流れや出方が全く違うため面白いものです。



潜在的に世界を救えるだけの物凄い力があるのに、まだまだ全然発揮していないと言われたことがあります。 



今までに30年以上、会社の経営の実業家、著述家、歌人や芸術などの方面でご活躍され、高い神通力で何千人もの運命を見て、ご相談に乗りアドバイスされてきていらっしゃる方から、初対面で単刀直入に言われたことがあります。



「必ず日本に名を残す霊能者になるよ。表に出て有名になる運命だから。一流の人を助ける人間になる。」と。そう言われた時には、どう受け止めて昇華して、今後生きていけば良いかと思いました。



会社の創業以来、最初からそんなことを言われたのは私だけだと、会社の方々が驚いておりました。



私もそんな大それたお言葉を頂戴して良いものか最初は受け止めきれませんでした。でも、一生その宿命を生きていこうと思っています。 



元々、表に出たり、有名になりたい訳でもなく、流れやお導きだけでやって来ているため、そこまで周りの方に言われないと魂の覚悟が入らないのだと思います。



20代の頃は普通に生きて会社員したり主婦になろうとしたり、自分の運命から無意識に逃げようとしていましたが、神から遣わされた方を寄越されたり、絶対に宿命から逃げられずに、この道に引き戻されて来ました。



宿命から逃げようものなら体調が悪くなり寝込まされる。私は早めに受け入れて降参しましたが、往生際が悪かったり、氣付けないと病氣になっていたかもしれません。



病は何かしら生き方、心や身体や魂の声に嘘を付いて来たことへのお知らせのSOSやサインだったりします。そのご経験を通して、何かしら氣付くことや受け入れることがあるかもしれませんね。



目に見えない宇宙や神様の守護や導き、張り巡らされた包囲網のネットワークの威力を我が身で体感し、人間1人の運命ぐらい、大いなる存在の世界からしたら、どうにでも動かすことが出来るのだとその時に悟りました。



実は私も「今のレベルで満足されたら困ります。次世代のトップレベルになってもらわないと。」とメッセージが下りてきたことがありまして、エゴの声か分からないので、自分の中で保留にしていました。



自分事のメッセージに関しては、慎重に精査しています。ただ、こうして周囲の方々から客観的に伝えられることで、検証し確認をして来ました。



そして、今までもご神託の下ろされた通りの流れに現実化することを、自分の人生で実体験しています。地球で人生と言う名の壮大な実験をしているようで面白いです。



私の場合は魂レベルまで見通せて分かる方の意見しか残念ながら、今までにあまり参考にはならないですね。



持っているものが強いため、一般的な枠組みの基準のカテゴライズで当てはめることがどうやら出来ないのです。



私は雲の上からメッセンジャーとして、必要なメッセージを下ろすだけで本当は良いと言われます。その内、少しずつそのような形にさせて頂こうと思います。          



それは誰とも迎合や馴れ合いも出来ない、孤高の魂の道を突き進むことになります。



本当はもうこの世に生まれて来なくても良かったのにお役目のために来て、大きな宿命と運命があるので苦労もその分あるから大変だと様々な方に言われました。



全ていきなり発揮させたら、もう普通には生きていけないでしょう。というか、もうこの世に肉体を持って生きている必要を感じられないと思いますね(笑)



今ですらお役目を果たすために現世に命を繋いでいると言う感覚がしっくりと来ていますので。しっかりと段階のプロセスを経ないといけませんね。


          
今でも霊界に繋がりながら、特殊な霊的な体質を半霊半物質で、この世に維持することは、目に見えない苦労が正直、たくさんあります。 



ある程度の敏感さがないとこの世の危機察知や回避が出来ませんが、起こること全てが想定外で、未踏の道なき道を切り開かないといけないからです。分かりやすい正解なんてありません。



覚醒が進みシフトする際に、たまにものすごい調整が入り全く動けなくなります。私が大きく動くと自分の個人レベルだけではなく、集合的レベルで霊的に繋がっている方々も引っ張っていくようで負荷や負担が大きいのです。



生まれ持ったものが最初から違い、私と同じレベルのことを抱えている方はあまりいないので、本当に分かち合えることはないですよとはっきり言われたことがあります。



それももう早い内から私も悟りきっていました。進めば進む程に狭き門になり、孤高になります。



細胞やDNAが入れ替わり、今までの溜め込んでいた古いものの排毒が進むと、身体に一時的な不調が出てきたりします。



新しい身体に生まれ変わり、段階が進んで進化して作り直しています。



どうやらこの世界に入る人間の宿命みたいなもので寝込まされたりと、こう言う話や体験は本当によく聞きます。



霊的な方は持って生まれた振動数の違いにより、大人になっても実は身体が出来上がっていないこともよくあります。



いかに使命やお役目を果たすために、身体や生活を作り整えていくかが、最優先させられます。






人生が停滞していたり、魂の向き合う宿題や課題を先延ばしにしていた方に関しては、魂のスイッチが入り運命が動き始め、次から次へと向き合わないといけない出来事が起きてくる可能性があると言うことでもあります。



だから、私のセッションは、興味本意や占い感覚で来るような所では決してなく、ある程度、ご自分の人生の本質と向き合われる覚悟を決められた方や、変わったり次のステージに上がる意思がある方のみ受けて頂けたらと思っております。



その辺りが理解出来ない方が来られ、いきなり様々なことが動き始まってしまいましたら、自ら生まれる前に望まれて決めて来ていたことであったとしても、現実的に受け止めきれない可能性もありますからね。



なかなか難しい世界のお話しですが、こうしたことも今一度理解して頂けたら嬉しいです。



また、私に人生を丸投げで使命や天職など答えを教えて下さいなどもなしにして下さいね。なぜなら、使命や天命への道は、自分とも人生とも嫌と言う程に、のたうち回るぐらい向き合い続けて、やっとその先に扉や道が開くからです。



それまでは与えられない、下ろされないこともあります。その場合は私も分からないです。だから、自分で考えて、感じることを放棄して、人に安易に答えを求めるものではありません。



人から言われて、自分が納得出来ないのに、はいはいとやれますかと言うお話しですよ。。また、この世界は自由意思がありますから、何を選ばれても良いのです。



また、人に答えを求める方に限って、言ったとしても理由をつけて、ああでもないこうでもないと言い、自らは何もやらないし、行動しないのです(笑)



だから、支配コントロールタイプの霊的な人間と癒着したり、共依存になり問題を抱えるのです。



そう言う方は、使命や天命うんぬんなどと氣にする以前に人間力の基盤を鍛えて、磨くのが先かと思いますけどね。



だから、段階的に必要なければ私もお伝えしないし言いません。自らの力で体当たりで、精一杯、模索して下さいね。



分からない、出来ないからこそ、出来るようになるために、人間として生まれて、様々な体験をしに来ていると言うことをお忘れなくです。



あと、それに付随して最近、セッションの中でクライアント様にお話ししたり、意見を求められてフォローさせて頂くことなのですが、霊的な方により言われることが異なると言うお話しについてです。



まず、霊的な人間により、霊的な視覚や視点が異なります。つまり、視え方や捉え方の視座が違うのです。



そして、担っている担当や得意分野と言うものがございます。霊的な人間により今世で携わり取り組む魂のテーマや方向性が違うのです。



事象もどの次元や領域の角度の尺度から捉えるかで、見方も変わりますし、表現方法のアプローチの仕方や伝え方すら、個々の立ち位置において個人差の個性のカラーのスタンスがございます。



最終的には同じ事を指しているのに、それによって違うことを言っているように思えることももしかしたらあるかもしれませんね。



それによって、全く正反対のことを言われることもよくありますね。そうしたお話しもよく聞いて来ました。



局所的なプロセスを重視するか、大局的に捉えるかでもまた変わることもあります。



だから、単純に正解や不正解、正しい正しくないと決めつけられない難しさがございます。



また、どの次元や領域に携わっていらっしゃるのか、繋がり先がどこかと言うことでも、変わって来ますね。明らかにおかしな所に繋がってへんてこな場合ももちろんあります。



この世界はとても奥深く深淵で、精妙な多重多層な世界なので、答えを1つとするのではなく、多角的な視点で捉える柔軟性が必要になります。



今の時点で見えていなくても、もっと先に進んだ際に今、起きていることの全体像を包括して見られるかもしれません。



そして、正直、全ては体験あるのみで、自分のレベルと段階に見あったことまでしか理解出来ないし、受け入れられないと思います。これはセッションをしていてよく感じることであります。



私も分かっていたとしても、まだ受け入れられないことに関しては、敢えて言わないことがあります。絶対、聞いてやるもんかと反発になるのが、見ていて読めるからです。



私も今でも新たな体験や学びを与えられ続けていますから、そこに終わりもないのかもしれません。



人間として霊的なお役目を与えられているだけに過ぎませんからね。以前、友人に私のことを人間と言うより、霊人のようだったと言っていて、言わんとしているニュアンスも理解出来るなと思いました(笑)



最近は人間としても少しずつ取り戻して統合して来ているので。昔は宇宙意識や霊的覚醒を急激にしていた時は、人間離れした宇宙人みたいな時がありました。人間としての感覚があまりありませんでした。



実際に私は地球にお役目やミッションを果たしに来た宇宙人タイプですからね。生まれる前に決めてきた計画や目的、自分に影響している過去生の記憶などもあります。



実際にこの世に表面的には人間としての肉体を持ちながら、魂は宇宙ルーツ由来である在日宇宙人の方々が一定数存在しています。



私はお役目的にそうした方々と必然的にお会いしやすくなっています。



昔はそれがかなり壮大過ぎて、現世的な人間意識からしたら遠い夢物語しか思えませんでした(笑)それをどう現実的にこなしていくか全く想像がつかず途方に暮れました。



私が生まれて来た目的の1つに、新しい時代を担う次世代の魂の方の支援やサポートがありまして、最近では精神性や意識の魂レベルが高い新しい地球を担い創造する若い方々が、たくさん集まって下さるようになりました。



大人たちの嘘や見栄や誤魔化しや建前や汚さや狡さとかよく見透かしていますよ。素晴らしい霊的な感覚や感性を持ち合わせています。私も今後はそうした方々へのサポートに力やエネルギーを注ぎたいと思っています。



以前、サイキック能力があるお子さんが視えていることをお母様に仰っていたそうなのですが、調べてもそうしたことが載っていないため嘘をついているのかと言う、ご相談を受けたことがございます。



私からしたら嘘をついているようには感じられず、実際にお子さんには、そのように視えているのだろうと思いました。



だから、正しい正しくないと言うレベルの物差しで捉えるのではなく、ありのままを受け止めてあげたら良いのだと感じました。



ただ、それが霊的な方の全てがそのように視えると言う訳ではなく、あくまで個々のお話しだと言う前提で受け止めることは必要だと思います。



霊能力があっても一様に人により同じとは限らず、視え方が異なりますから、面白いものです。要はそれぞれが好きなように視ていると言うことです。



私の場合、魂の本質や成長や進化に繋がることしか分からないため、お伝え出来ないので、オーラの色とかそうしたことはよく分かりません。



私の魂の役目や方向性として、必要ではないものに関しては、分からないようになっています。それだけ、個人差がありますよと言うお話しになります。



このレベルの認識力や理解度が足りないでこの世界に下手に関わると非常に困惑や混乱されるようでして、フォローをしたり、こうしたお話しもさせて頂くこともよくございます。



全体を網羅して繋げることが大切なのですが、これがかなり難しいのですよ。



目に見えない深淵・深遠な領域なので、一方的な側面だけで捉えたり、理詰めで突き詰めても、答えが1つとは限らないため全容を理解出来ないこともあり、迷宮の袋小路に囚われて陥ることもあります。



答えのないものに答えを探し続けたり、意味付けをしたりね。



最終的にはご本人が何を受け取り、信じて生きていきたいかと言う、自分の軸を持ち自由意思で選択することを大切にされて頂けたらと思います。



私の言うことも鵜呑みにする必要はなく、あくまで参考の叩き台にしてもらい、ご自分なりの言葉に直したり、肉付けして膨らませてもらえたらと思います。



これだけ霊的な方が様々な角度から発信されている世の中になっているのも、魂のご縁だったり、波長や周波数の相性などで、響き合う層が違うので、必要な方に必要な情報が届くようになっているのだと思います。



確かにこうしたことを分からないと、なかなか全体像が掴めませんし、分かりませんよね。だから、無知の丸腰でスピリチュアルに入り込むと大変なことも起こりうる訳です。



もしかしたら、私が言っていることも、とても難しいと思うので、その場合は直接、お聞き頂けたらと思います。全体的に私の言っている内容は難しいことを自覚しています。



霊的な方で、ある一定のレベル以上の方々とお話ししていると、皆さん共通して、霊的にも人間的にも中途半端な人が多いと一刀両断で仰られます。          



低空飛行でいつまでも、停滞し続けてしまうことも多いようです。



上手く現実的な人間としてと、スピリチュアリティを融合して、落とし込んで繋げることが出きなかったりします。



頭でっかちで、 知識だけはあるが現実的に全く活かせて好転して変わっていけない。しかも、周りからかいつまんで、取って付けたような知識や情報だから、自分の言葉としては繋げて、話せなかったりします。



自分の本質や問題と向き合わずに、スピリチュアルを都合の良い逃げ道にしたりすると、霊的にも変な所に繋がり始めたり、低い存在の干渉を受けたりして、自ら人生も壊して、おかしくなることもあります。



変な意味で過敏になり過ぎて、氣にしなくて良いことまで反応して引っ張り、変にフォーカスし過ぎて、様々な意味付けをし始めて、右往左往してどんどん拗らせて、答えがないことに一生懸命答えを探そうとして、悪循環スパイラルに陥ることも珍しくありません。



感受性が繊細で敏感な方は、そうした感覚が他の方々も同じものを持っているとは思ってはいけない所がありますね。



それは人により違います。自分の生きている世界が他の方も同じだとは限らないのです。



その同じ感覚を他者に求めようと期待するから、被害妄想や被害者意識を勝手に作り出すのです。自分の中で「加害者」と「被害者」のドラマの自作自演を現実世界で作り出します。



自分に対して意識するのはまだ良いですが、それを他者に向けて、顕微鏡を拡大するようにフォーカスするから、問題や悩みをわざわざ作り出すことになるのです。



☆Facebookのフォローなど大歓迎♪






お問い合わせ、お申し込みは申し込みフォームまでよろしくお願い申し上げます。






テーマ:




久し振りのブログ更新になりましたキラキラお仕事もプライベートも予定が充実していて、たくさんの方にお会いする機会があり、あまりブログのアウトプットするタイミングがありませんでした。



重ね煮レッスンやヨガの習い事や講座に参加したり、友人と個展を見に行ったり、写真の撮影をして頂いたり、お付き合いのある会社さんへの訪問や父の還暦祝いをしたり、友人と神社仏閣の磁場調整に行ったりと、充実して過ごしていましたハート



4月の始めに富士本宮浅間大社に参拝に行っておりまして、素晴らしい富士山と桜を見ることが出来ました🌸



ちょうどご縁がある方々が近い日にちで参拝や奉納演奏などされていて、魂の近しいソウルグループや目に見えない世界の大いなる流れと言うものがあり、それを受け取り皆、それぞれ動いているのだと思いました。



ご縁ある方々と話しているとたまに、シンクロに驚いたりしますからね。



ただ、私の経験上、魂のソウルグループも1つ  とは限らず、同じ方向性や目的を持ったグループが、いくつか派生して重なりあっていると言う感じです。



その時々のステージの学びや担うことにより、ご縁の近さや距離の関係性などは適宜、変わります。



必要な体験や学びが終われば、どのようなご縁であれ自然の流れで、離れていくこともあります。



ご縁と言うものも、多様性がありますからね。魂の転生が多ければ、多いほどに、ご縁がある方もたくさんいることになります。私も出会わないといけないご縁の方がたくさんおります。



だから、ツインと言う領域やご縁、統合のテーマも確かに存在しますが、そこだけに意識を向けたり、留まることも、全体性のバランスとしてどうかと言うところですね。



大切なことを見落とししてしまうことにも繋がります。それすらも超えていかないといけないこともあります。         



私自身、こちらの領域からは抜けてしまっていて次にやらないといけないことに取り組んでいますので、ツインに関する発信などは今後はほとんど行わないと思います。手を離してしまっている領域もたくさんあります。



全て起こることは、地球の人間体験の中の成長や学びの氣付きための、配役のキャスティングなのです。









最近、友人たちと話していて全ての物事が宇宙や神様のお導きや采配で、良き方向に向こうから全てやって来て用意されるねと言う話になりました。



もちろんそれはお役目ありきで、大前提にあるのですけどね。願わなくても、向こうから必要なことが用意されて与えられ、後はそれを受けとるだけ。


     
強運体質を見習いたいと言われたりしますが、与えられた運の良さもお役目を果たすためなので、自分だけの物にするのではなく、たくさんの方に循環しなければいけないのです。



お陰様で魂のお役目を果たし、自他共に全てのレベルで豊かさの循環の流れに乗れています。



大いなる存在に命を運ばれ生かされ、宇宙と神々と連携をして、生まれる前に出会う約束をして来た魂の仲間たちと共同創造をしていくステージです。



自分の周波数に合わなくなったものは、全て淘汰されていくような、出てくる流れに抗わずに、委ねて明け渡して受け入れ続ける。



運命や宿命が強いと、全ての物事やご縁や住む所でさえ、予め用意されていて、自ら選んでいるように見えて、実は選ばされていたり、動かされていたりします。これは私の実体験からもそう言えます。



運命の輪が回るような氣付きや学びの魂の覚醒や目覚めが深まるようドラマ仕立てなイベントを用意しているのです。



ご自分の魂が一番、どんな映画やドラマのフィクションより物語があるかもしれませんね。



そのステージでの体験や学びが終わり人生ステージが切り替わったら、次に向けて動かないといけなくなることが分かっているため、固定化されたものではなく流動性があります。



ステージが変わると今までのエネルギー領域からガラッと霊的に切り替わり、流れが全く変わってしまうことがあります。自分の意識や価値観や感覚が昔とは異なり、かなり困惑するようです。



そのためにはサレンダーしつくして、受け取れる導管の器になっている必要がありますね。全て捨てさせられて、そこも本当に鍛えられました。



自ら選んでいなければ、全てのプロセスをぶち当たるのは、本当に大変なことだと思います。



当時は霊的にも肉体的にも現実的にも必死で何が起きているか訳が分からなかったですが、普通の人が経験しなくて、知らなくて良いような領域や次元の世界を垣間見て、過酷な体験たくさんありましたよ(涙)



宇宙から与えられ、降ってきたものを抗うことなく受け止めて、必死にこなし続けて来ました。



昔は特殊な霊的な体質と能力をコントロールが出来なくて苦労しました。世俗の一切の付き合いや遊びを強制的に絶たされて、こちらの世界のことにだけ集中させられた時期もありました。



一般の常識や感覚が全く通用しない世界なので苦労しました。その過程で大体、どんなことも大したことがないと思えるようになり鍛えられて来ました。



今はある程度の人間活動をすることを許されるようになっただけ、まだ良いと思います。それでも大変なことの方が多いですけどね。



向こうの世界に引っ張られ過ぎて、死ぬかもしれないと思うこともありました。一般の方より感知する領域や次元の範囲が広いですから。



何で一般の方々よりこんなに疲れやすかったり、眠いのかよく分からなかった時期がありますが、生まれ持った魂のルーツの霊系統により霊的に敏感な体質を持っていると言うことで理解出来ました。



現実世界と霊的世界の割合が一般の方々より、霊的世界の方が比重が多めで向こうの世界に近しいのです。



一見すると同じ肉体を持った人間のように見えますが、持っている振動数が全く違うことが人を見ると分かるようになってからは、目から鱗でした。



ただ、この現世の物質社会で生きていくには、軽くなり過ぎると生きていけないので、私の場合など、ある程度、波動を落とすと言うことを意識しないといけなかったりします。



だから、霊的に開いて、この世を無防備や無知で生きるのは、命取りなので、それ相応の対策や工夫が必要だったりします。



急激な覚醒が始まり、霊的にも肉体的にもかなりの負荷や負担がかかったため霊体と肉体の擦れが生じましたが、今は大分一致させられて来ています。



いきなり前ぶれなく覚醒が始まると、この世をどのような立ち位置のバランスで生きて良いか、生き方に迷い混乱し路頭に迷われるようです。



覚醒したら1度、突き抜けて地に落とすのが大切だと思います。中途半端なレベルの覚醒が1番、問題を抱えて、低空飛行して拗らせていきやすいです。



霊体と肉体のメンテナンスとケアをすると同時に、それぞれを鍛えることが大切になります。



霊的な領域が変容すると、肉体に落とし込んで定着するまで、少し時間がかかることがあります。



肉体から霊体が抜けやすかったりするなど、肉体の器がなかなか追い付かないこともあると思います。



自分が体験して、乗り越えて道筋を辿っていないと後から続く方々の支援やサポートが出来ないからと言うのが理由なのも分かっておりますけど。



今までと違うチャンネルや意識のタイムラインを同時に持ち合わせて、人間として進化や変態をしていくことなので。



知らなくて良かったことを知るようになったり、氣付かなかった新たな感覚や感情が出てきたり、敏感になり過ぎたり、今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなったり、突然、霊的に開いて寝込み始めたりと、渦中はなかなか大変だと思います。



目まぐるしく様々なことが移り変わっていき、こんなことを全てわざわざ自分で選んでいるのは魂が相当ドMじゃないと無理でしょうとニヤリ(笑)



こんなことを自ら選んでいるなんて、どんだけドマゾやねんと、自分の魂にツッコミを入れたくなります。



私の友人が地球に生まれてきた時の記憶を思い出したそうで、まるで死に行くような想いで下りてきたような感覚のようで、大袈裟なように思えますが、私たちのような魂の系統の人種には、それぐらいの覚悟と氣概じゃないと地球の振動数やシステムの中に下りて来れなかったのかもしれませんね。



今は大抵、どんなことが起きても、聞いても全く驚かなくなりました。



なぜなら、地球と言うのは壮大な体験と創造の実験場だからです。何でもありの混沌としたカオスです。地球の人間界ですので。



氣を付けないと簡単にこの世の低いエネルギーの混沌や騒動に巻き込まれてしまい、簡単に自分の軸や我を見失うことになります。



自分が何のために生まれて来たかの目的や何者  かを忘れ、地球の振動数に合わせて纏ってきた重い鎧を準備が出来た所から、順番にリリースして解除し、この世で肉体を維持しながら根源意識まで帰還して、向こうの世界に近付くと言う壮大なプログラミングです。



魂の故郷と同じような境地や世界の生き方をこの世に体現させながら生きていくことです。



この10年ぐらいで全くの違う人間に生まれ変わり、大きくステージも変わって来たので、お付き合いする方も変わり、目に見えないエネルギーの周波数で共感共鳴出来る方々ばかりになりました。



もちろんお一人お一人で辿り超えていく体験や感情のプロセスは違いますが、魂の壮大なシナリオの計画です。



その長い魂の道中のプロセスの過程で、生まれる前の純粋な魂の想いや信念を忘れ、折れてしまったりすることもあると思います。



私も個人の人生より、お役目が最優先され続けますので、そんなたいそうなお役目は荷が重いため下ろさせて、普通の女性としての人生を送らせて下さいと神様に伝えたこともあります。



でも、私が放棄してもう止めようとすると、必ずそれを軌道修正したり、メッセージを伝える方を寄越されたりして来ました。宇宙や神様が遣わすのでしょうね。



必ず周りから外堀が埋められていき、持って生まれた宿命や使命が大きくて大変だと言われて来ました。



私が反古にしないように。運命事件が起きて、運命の歯車が動き始めたら、その流れに沿っていくしかないのだと思いました。



たくさんの方のお話しをお聞きして来て、一番、その方の魂にとって成長や進化になるような最善なシナリオを自分で決めて選んできているように思います。一番、弱い所を突いて、鍛えられるようになっているのです。



セッションにお越し下さる方は、持って生まれた運命や天命の宿命が大きかったり、次世代のリーダーにならないといけなかったりとお役目や役割の使命がある方が多くなりました。



もちろんそうした細かいことをあまり決めてきておらず自らの自由意思において、人生をデザインするタイプの方もおりますから、ケースバイケースですけどね。



今までは目に見えない所を強制的に鍛えさせられて来たため、今は目に見える所を鍛えて強化しています。



そこまでの平和と安寧の喜びと調和の境地や世界で毎日、生きていける次元やステージに到達していることに祝福をし合いましたピンクハート



皆、次元や領域が上がる度に、生き方も生活スタイルや在り方も含めて、様々な手放しをして人生の総決算をし、魂レベルの自分に目覚めてお役目を果たして、変容し続けて来た方々ばかりですからね。



もちろん今も続行中で、変化や変容の進化の道に終わりと言うものはないですけど。全国レベルで動いて、地球でのミッションのお役目の貢献を果たしていらっしゃいます。



お互いにそれぞれの持ち場で頑張ろうと労い励まし合います。



ある友人曰く、私は宇宙船に乗って、宇宙服を着て敬礼をしているイメージみたいで(笑)、これからも宇宙帰還する方々のための、霊界の扉を開く次元の窓口のゲートでありたいと思います。



ご縁ある宇宙の同胞の仲間たちが、地球での任務のお役目や役割を全う出来るようなサポートをする役目を担っているのでしょうね。        


 
私と会うことでエネルギーレベルで、思い出して魂の答え合わせや擦り合わせをするようになっているのでしょう。



古いパラダイムの不安や恐れや拘りや囚われの固定概念や観念を手放して来ました。



霊的な導線や地球の繋がりが断絶して切れてしまうと、流れや物事が停滞してしまうこともあります。                         



もちろんそこまで来るには、乗り越えて来たものはたくさんありますし、これからもあるのだろうけど、不思議と何が起きても絶対、大丈夫だと言う自分の魂と宇宙への絶対的な信頼感が私にはあります。



なぜなら窮地だと思った時でさえ絶対、大丈夫だと言うことを現実的に目に見える分かりやすい形で証明され続けて受け取って来ました。



守って導いているから私には安心して、自分の魂のお役目に専念して欲しいと言う分かりやすいお知らせのメッセージが送られて来ました。絶対的な守護と導きがあります。



サロンを持つ際も「悪いようにしないから場所を持って下さい。」と伝えられて、本当にその通りになりました。



導きに従うことは、目に見える形での確証や保証などがないので、行動するのは勇氣が入りますが現実的にその通りに体現し続けることで、確信に繋げて来ています。



先に導きが下ろされ、それを受け取り覚悟や準備をさせた上で、現実的に順を追って落とし込まれて来ています。



一氣に動かしてしまうと肉体のキャパシティがあるので、すぐには追い付かないからです。それでもかなりの強行手段と言う形を取られることも正直ありました。



霊界と現世では時間軸が異なるため、時間のタイムラグがあり、現実的に形にして落とし込みのは時間がかかる場合があります。



目に見えない世界や領域を言語化したり、現実的な形に落とし込むのは、かなり難易度のレベルが高いお話しだと思います。このレベルまで取り組まないといけないこともあると思います。



やはりこの目に見えない世界との信頼と言う阿吽の呼吸の太いパイプの絆があればあるほどに、この世に生きることが楽になるし、安定感が出てくるように思います。



ただ、この信頼を増すためには、自分の人生で行動して確信を持てるようにならないといけないと感じます。



私自身も全く保証のない世界で、運命が動き始めて、自分で決めて行動をしていく中で切り開いて来ました。無から有を生み出す開拓者スピリットです。



セッションでいくら言葉としてお伝えしたとしても、自分で行動して、痛い思いを含めて体験したことしか、本当の意味では学べないし、理解出来ないし、受け取れないのだとよく感じます。



痛い思いをしても同じ事を繰り返して学べない場合もありますけどね(汗)



分かったつもりから、本当の意味で腑に落として理解出来たと言うレベルまで到達するためには、最終的には現実世界での体験や行動でしかないのですよ。



皆さん、魂の目指している境地や目的地はそれぞれ違うと思いますが、人生に目的意識を持ち、自分の魂の望む地上天国の現実創造の循環のステージが出来る所の段階まで、上がっていって欲しいと思いますキラキラ



自分の居場所は外の世界に見つけて探すのではなく、自分の在り方や周波数で創り出していくものです。



妄想的で非現実的な自分の都合が良い答えしか受け入れないのではなく、きちんと本質と向き合えて、上がっていくつもりのある方のみセッションをお受けしたいと思います。



明日からお墓参りや先祖供養や神社巡りに行きます飛行機移動をし続けますので、メールのお返事などすぐにお返し出来ないと思いますので、ご了承を宜しくお願いします。


 
今回はこの辺でたまにはあっさりとした内容にします。 いつもやたらに長くて濃いですからね~。自覚はしていますが、書かされるので(笑)



ご縁があってカメラマンのほだか友紀さんにお写真を撮ってもらいましたよニコ自然の新緑や自然光の中で、撮影してもらうのは新鮮で氣持ち良かったです流れ星



ほだかさんも私と出会ったぐらいから、色々と動きまくりですと仰って下さいましたキラキラ









自然と一体になって、呼吸をして生きていきたいね霧






☆Facebookのフォローなど大歓迎♪






お問い合わせ、お申し込みは申し込みフォームまでよろしくお願い申し上げます。





最近は太陽フレアや春分のエネルギーシフト、お彼岸の影響が体調に出ている方もいらっしゃるかもしれません。



あの世とこの世のベールの境目が希薄になりますので、色々と感じ取る方もいらっしゃるでしょう。より多次元的な魂としての存在の自己を自覚したり、認識するかもしれません。



大きく宇宙や地球が動く時は、小宇宙である肉体がある人間も内側と外側の両方を揺さぶられてしまいます。



私自身、霊的な特殊な体質を持っているため、肉体レベルの変容やシフトをし続けていて、今も身体作りを大切にしているのですが、肉体も変容や進化し続けていて、細胞のDNAレベルから入れ替えていきます。



やはり霊的なレベルに合わせて、肉体も追い付いて変えていかないといけないため、なかなか大変だったりします。



私自身もまだ肉体が出来上がっていないのですが、肉体の段階のレベルもまた深くて、今までとは違う変化を感じることごあると思います。私も実はまだ潜在的な能力を全て使えてはいなかったりします。



それが追い付かないと不調になるときもありますので、調整やケアのメンテナンスがとても大事だったりします。



なので、特に今の時期は身体のメンテナンスや声を聞いたり、ニュートラルな自分の軸やエネルギーを保ち、呼吸を意識して大切にして下さいね。 



覚醒やアセンションの次元上昇も肉体と共に維持した上で行いますので、肉体をおざなりには出来ないのです。



肉体がついていかないと、多次元の意識を統制や統合出来ずに、混沌として空中分解しますからね。人間としての胆力が必要なのです。



多次元の意識や人格を、適宜切り替えて、状況や場などの必要に応じて、ザッピングして自在に使いこなしていくまで至らないと、現実的に色々と支障が出てくると思います。次元の迷路の中に迷い込んでしまうような感じです。



こうしたことに全く興味がない友人に、職場で受けた邪氣を受け流すことや氣についてや宇宙の動向などお話しする機会があり、今はそうした世界に興味がなくても、時代の流れ的に、目に見える現実世界と目に見えない霊的世界や新旧のエネルギーの融合がなされているのだと感じます。



いやはや、時代の流れも着実に移り変わって来ています。今まで自分が慣れ親しんで来なかった領域を偏ることなく、バランス良く統合や融合する必要がありますね。



と言う訳で、食わず嫌いや苦手意識を克服したりすることは、益々大切なのかもしれません。



スピリチュアル一辺倒で来たなら現実の実社会のリアルを生きる、現実世界でばかり生きてきたならば、スピリチュアルティをバランス良く取り入れる。エネルギーや流れの切り替えと交代があるかもしれません。



どちらか極端に偏れば、やはりどこかで頭打ちになりますし、物質世界と精神世界の両方を持ち合わせて生きていく、柔軟性やバランス感覚が大切ですね。



最近は東京オペラシティで素晴らしい席でピアノとテノールの競演を拝聴する機会を頂いたり、ご縁のある会社様の秘蔵の霊的な絵画のコレクションを拝見させて頂いたりしていました。



高級アパレル会社の会社員時代のコレクションなどを思い出しました。会社員時代は今と生きている世界が違いすぎて、過去生のような遠い昔のように感じます。



新卒入社した際に、そちらの会社の代表でありデザイナーの先生に新入社員の集まりで発言した際に、何故か褒められたことがあり、世界的に著名な先生ですが、魂を燃焼させて突き抜けて生きていらっしゃるので、私が持っていたものと共鳴したのかもしれません。



大学の卒業面談のゼミの先生に「君は社会に出たら成功すると思うよ。」と仰って下さり(私は一般的な成功には興味はありません。)、最近も懇意にして下さる会社の社長様にも「日本に名を残す人間になるから、一流の人と付き合いなさい。」と言って下さり、節々でそうした有難いお言葉を頂戴する機会を賜り、私の励みになりました。



私は霊的な体質やお役目が早いうちから強く、どこかに属して、会社員として生きていくことは、魂的に宇宙から求められていませんでしたが、短い期間でしたが、一流の世界に触れられる、とても良い経験をさせて頂いたと感謝しています。



最近、そうしたことを振り返るようなお話しをする機会がありました。本当はもっと一般社会の会社員もしたかったと言う思いもありました。



でも、そのステージでの必要な体験や学びが終われば、人間関係であれ環境であれ、卒業して次に進むのは、人間は進化や成長するために生まれておりますので、自然な流れと摂理ですね。



今は卒業と巣立ちのシーズンですので、新たな旅立ちや決意をされる方も多いかもしれませんね。持ち越して先延ばしにしていた未完了の過去のエネルギーを完了させて、すっきりと次に進みましょうピンク薔薇



人間は無意識に現状維持の安定を求めやすく、変化することには、恐れや抵抗がありますが、変わり時のタイミングはあります。



有難いことに本物の芸術に触れる機会をたくさん賜っていますハートアーティストなど芸術家のクライアント様からも、感性や世界観のそれぞれの独自の宇宙を学ばせてもらっております。やはりその方の魂が宿りますよね。


 
自分の魂を燃焼させて、美意識や情熱を生ききることを大切にして頂きたいと思いました。私は生きることが芸術であり、アートの創造だと感じます。



そして、これからも生きている間にたくさんの本物に触れていく体験をして、その波動を感じる感性を磨いていきたいですね。それが心を動かして感動に繋がるのだと思います。



自分の魂を生ききることはもしかしたら、人から理解されなかったり、誤解されたり、嫌われたりするかもしれませんが、それでも貫き通す覚悟や意思が大切かもしれません。



ちなみに私も万人の方から理解されたり、分かってもらいたいなんて言う思いなんて、はなから特にありません。



なぜなら、人間はそれぞれの意識レベルの段階において、自分の見たい世界の色眼鏡のフィルターを通して、好きなように見ているからです。それがこの地球の人間界と言うものですよ。



だから、私もそれぞれにおいて、様々な虚像や幻想の投影やその方が抱えている問題や課題を転移されたり、送られることも、重々承知で分かった上で携わっております。



だから、全ての方に分かってもらうなんて、到底無理な話なのをよく理解していますし、求めてすらありません。



特に私の場合、ある一定の意識に目覚めた方向けに発信しております。



目覚めや覚醒をしたり、次のステージに進んで変わるつもりがある、表層的な綺麗事や都合が良いことばかりでなく、自らの足で立ち本質と向き合う覚悟や準備が整った方に、最善の時期やタイミングに、届いて響けば十分だと思っています。



きっとそこまで来た方でないと私が言っていることの真意は伝わらないし、届かないかと思います。



霊的な人間が出来ることは、乗り越えやすくするための寄り添いとお手伝いのみです。



助けたり、救ってあげることは極論を言えば残念ながら出来ないです。ご本人が乗り越えると決めてきた宿命や運命自体は、変えて差し上げられないからです。



ある程度の次元や領域に到達すると、いくつもの分岐した人生の道やご縁の多様性が出て来て、何を選ばれても自己責任の上、間違いと言うものもありません。



ある意味では、魂の本質を生き始めると孤独を感じるかもしれません。弧に強くなり、飲まれないことは大切です。


                    
運命が大きい方は時に、ご自分の器や胆力が足りないとエネルギー漏れを起こしてそれを扱えずに、運命に翻弄されて、飲まれてしまい、現実的におかしな出来事や現象が起きてしまいます。



運命が大きく動く時は、ご自分の軸をしっかりと保ち、ぶれないだけのしなやかさが必要になります。己の運命の強さや魂の性に負けて潰れてしまわれた方も、たくさん見てきました。



以前、クライアント様が「与えられたものが何であれ、最後に選択するのは自分と言う所が神のSっぷりを感じます。」と仰られていて、本当にその通りだと思いました。



ここぞと言う時の人間としての胆力を問わされますし、試されます。現状維持でも、上がるも下がるも全ては、ご自由にご勝手にどうぞなのですから(笑)ある意味では、手厳しいですよね。



自分を救えるのも助けることが出来るのも、最終的には自分だけです。自分が一番の敵にもなり、味方にもなり得るのです。



だから、自分の魂と上手くお付き合いして、相思相愛になるのは、誰しも大きな命題だと思います。 自由意思と自己決定権を持ち、自分自身で決めて選んでいくしかありません。



大体、支配コントロール的な霊的な人間と癒着したトラブルや共依存のおかしな関係性の問題を抱えている方は、助けてや救って下さいの依存やすがるものが過度に強い方です。自分の周波数が引き寄せて招いた問題なのです。



依存させたり、洗脳することで、成り立たせている方もいるようですが、私はそんなことに時間とエネルギーを割くつもりはありませんので、最初から自らの足で立つつもりの意思の方のみセッションを承りたいと思います。



今、目の前で起きている問題や出来事は、魂レベルで同意の上で、自ら望んで起きていると言う意識を持てるかが乗り越える上で、とても大事です。



覚醒のプロセスを全て1つ1つぶち当たるのは自ら選んでいなければ、相当過酷で厳しいし、無理でしょうね。



覚醒のための支援システムを行政に作って欲しいと言うクライアントさんがいらして、そう思われるのも自然なことだと思いました。



他人の目を氣にして動けないとかは、ないようにしてもらいたいですね。他人なんて幻想ですから(笑)



この地球は幻想だらけです。それを言っていたらこの世で何も出来ません。誰かが自分の代わりに生きてくれる訳でもないし、誰かの人生を生きられる訳でもありません。



魂は輪廻転生の時空や時間や次元を超えて永遠の無限の存在だとしても、今世でのこの肉体を持った自分としての命には限りがあり、有限なのです。



亡くなる前に後悔して、悔やんでも時すでに遅しの場合もあるかもしれません。私も魂レベルから考えて、人生を逆算したらどうでも良いことに時間やエネルギーを費やして、ちんたら生きている暇はないです(笑)



亡くなる前に、ああすれば良かったや、大切な方に伝えられなかったことなど、過去の後悔はなるべくなくして、すっきりと生ききりたいものです。



私には今世に影響を与えている数々の過去生の記憶や亡くなる時に何を思って亡くなったかも覚えているため、そうしたやり残しや思い残しは時空や次元を超えて、魂の宿題を持ち越してしまうことも様々な追随体験から分かっているため尚更、後悔なく生きることが大切なのを実感しています。



自分の時間やエネルギーを何に注ぎたいかを意識していきたいですね。



過去生すら「今」の生き方次第で、癒されそれすら囚われずに、超えていくことが出来ます。過去、現在、未来を包括して、永遠の今を生きる氣概ですねキラキラ



セッションをしていく上で多いお悩みの中で、魂レベルの合わない親御さんとの距離感などの付き合い方のお話しがよくあります。



生まれ持った魂の霊系統のルーツや覚醒度合いが違うと、魂レベルが違いますので、もはや同じ世界を生きていても、見ているものや選んでいる周波数の次元が違います。



だから、究極的に同じ時を生きているように見えながら、違う世界を生きている者同士の場合もあると言うことです。まぁ、親子に限らずにそれはその他の人間関係でも同じことなのですが。



なので、全く話が噛み合わないし、分かり合えないと言うことが起きて来ます。親子以前に人間として、そもそも合わないこともあると思います。



これは同じ血縁の血を分けたご家族なのに、なかなか深い所が分かち合えないことは寂しいことですが、生まれ持った魂の質と目指している目的の境地や運命が違いますので致し方ありません。



血縁だからと言っても、お互いの魂レベルの段階の立ち位置が違うと言うことを、まずは客観的にきちんと理解することが大切です。



これが出来ないから親子の間で、どんどん確執や埋まらない深い溝が生まれるのです。



宇宙系の魂の方は、この世に生きているだけでもアウェイで大変なのに、一番身近な存在で理解して愛情を注いで欲しい実の親御さんに受け入れて認めてもらえないと、自分の存在意義を見出だせずに、相当の孤独と絶望になります。



自尊心を健全に育めないものですから、自分の命を軽んじてないがしろにし、死にたくなることもあります。



歓迎と祝福されてこの世に生まれて来たはずなのに、自分なんて生きていなくて良いのだと言う自己否定や自己嫌悪の無価値感をどんどん植え付けていきます。



この世に生まれて来るのを約束して同意して来たのに、そうしたことなどを含めて、地球や人間の闇に絶望して向こうの世界に還りたくなってしまいます。実際に向こうの世界に還る選択をされる方がおります。



私の場合も、地球の意識レベルが上がらないなら、もう向こうの世界に還っても良いかと思うことはありましたよ。



向こうの世界が居心地の良いことをどこかで覚えているからですね。これは私の友人たちも思うことはあるようです。



ただ、そんなことを言っていてもこの世を生きないといけない現実には変わりがないので、自分のミッションに邁進して、楽しく人生を建設的に創造するのみです。



そして、向こうの世界に還らなくても、この世に生きながら、懐かしい宇宙の根源の意識やエネルギーを保ちながら、生きていくことが出来るのですキラキラ



大体ここで、自尊心や自己肯定感に問題を抱えてそのまま大人になり、生きづらさを抱えることになります。



この人間としてのベースの基盤の土台が出来ていないから、この世をどうやってバランスを取って生きて良いか、生き方に困ることになります。自分の中で何を支えにして良いのか分からないからです。



古い世代の親たちの信じきっていた子育てや教育論は、上から押さえつける、叱る、コントロールする、偏差値教育で競争や比較でしか認めない褒めないの条件付きの愛しか与えないレベルのことが多いはずです。



もはや時代錯誤甚だしく、新しい時代には死語になりつつあるお話しですが(笑)ただ、それを良いものだと信じきっていたはずです。



だから、外側の目を意識したり、評価を氣にして、のびのびとありのままの自分を解放して、さらけ出せないのです。



だから、多かれ少なかれ親御さんとの関係性において、傷付いている方は少なくないはずです。


 
そして、魂レベルの違う親御さんを受け入れて、認めて尊重して赦すことです。そもそも合わない受け入れられないのは当然で、そうしたことを知り、受け入れるための魂の学びとしての、親子の関係性なのです。



私の母も荒くれていまして(笑)折り合いがあまりよくない時も一時的に若い時にありましたが、現在とても良い親子関係を築いていて、私の使命やお役目を理解して、協力や応援してくれています。 



それは、こうしたことをよく理解し合い、お互いの生まれ持った魂の違いや目的を尊重して認めて、受け入れてベストな距離感を掴んでいるからです。宇宙タイプの私と地球タイプの家族と上手くやっていくコツを弁えているのです(笑)



そして、私はどんなに家族との関係性が良くても、お互いに別々の魂の目的を持った人間同士と言う個の意識があります。家族でさえ情や馴れ合いなどはあまりありません。



別に冷たい訳ではないのですよ。元々、帰属意識はあまり持っていないのです。自分の魂の個の意識が確立しているから、何かに縛られたり、属している感覚は、例え近しい家族と言う間柄であってもありません。古いしがらみの家制度に囚われていないのです。     



こうした家族や家系、パートナーなどのエネルギー的な影響から超えないと自分のエネルギー領域を保ち、自分を生きる所にまでなかなか至れません。



これから自分の子供を出産しても、最初から「お母さんとあなたは生きる目的や目指しているものが違うから、自分の生きる道をしっかりと見つけて、自立して生きるのよ。」と親子でもお互いに個としてセパレーションして坦々と切り離して、接するでしょうね。



我が子だから自分の思い通りに育って欲しいと言うような執着や所有の感覚ではなく、宇宙から授かった子と言う感じです。



どんなに近しい間柄や関係性であっても別々の個を持った人間なのだから、自分の期待や望み通りに動いてくれることなんて、あり得ないと言うことです。



だから、そうしたものは早くに払拭して、意識を突き抜けて、転換していきたいところですね。



親御さんの霊的段階においては、そのレベルの子育てや愛情のかけ方が、子育て真っ最中のその当時においては、精一杯の限界であったと言うことなのです。



そして、例え親で大人だとしても、まだまだこの世に生きている未熟な人間ですから、間違いだって起こすし、完璧ではありません。

  
 
そして、親だからと言って、お子さんより親御さんの方が魂年齢が高いとも限りません。親御さんよりお子さんの方が魂年齢が高い場合もあります。



魂の転生経歴が多い古い魂の方もいれば、まだ学びが浅い新しい魂の方もおります。親子と言えども、魂の成熟度が全く違うのですよ。魂レベルで見ないといけません。



そして、親としては1年生からスタートで、親としてお子さんを通して、少しずつ成長していかないといけません。



以前、親子関係のご相談を受けた際に、お母様と娘さんにお会いしたことがありました。



お母様はお母様なりに必死に娘さんを何とかしてあげたいと言うのは伝わりました。



しかしながら、それが目に見える形で私はこれだけ必死にあなたのためにやってあげているのだからと押し付けや過干渉のエネルギーとして全面に出ていました。



そして、娘さんは持って生まれた魂の質が繊細で敏感な方でしたため、そのお母様の本質やエネルギーを見透かしており、それが伝わり逆に彼女を苦しめて、傷付けていました。



彼女が求めていたのは、目に見える体裁や形ではなく、お母様が彼女の魂レベルから受け入れて、理解して寄り添い、自分の居場所だと思える安心感の無条件の愛を与えてあげることでした。



それが言動とエネルギーレベルで、一致していなかったのが確執を生んでいました。お互いに愛と言うものの、そもそもの認識や捉え方に、大きなギャップの差異がありました。



そこの親子関係における根本的な認識がお互いにずれていたため、話をしていても全く噛み合わないし、分かり合えないため、一緒にいればいる程にお互いに無意識に責めて、苦しくなる状態になっていました。



その状態でいれば、どこまでも平行線で交わり合うことはありません。そうした、お互いの深い所で抱えているものが、大きくずれてしまい、ボタンの掛け違いが起きていました。共依存の親子関係になっていました。



家庭や親御さんへの根深い恨みや分かってもらえない深い苦しみや悲しみから、インナーチャイルドが健全に育んでおらず、人間関係を築くのにも影響を与えていました。 



ご家族の関係性と言うものは、人間関係の全てのベースの土台ですから、ここがきちんと育まれて自立出来ていないと、パートナーシップやそれ以外の全ての人間関係や仕事や生き方においても問題を抱えやすくなります 。



こちらをきちんと向き合い棚卸しすることは大切なことになります。



また、生きる意欲が湧かなく、死にたくなってしまっていました。こうして強すぎる親御さんのエネルギーが、お子さんの生きる力や尊厳を奪ってしまうことがあります。



残念ながら良かれと思ってやっていたことが、逆効果で仇になっていたと言うケースもあるのです。



お母様にも伝えましたが、やはりまだすぐには理解したり受け取れなかったようで、いつか氣付いて頂けたらと思いました。

  
 
こうした氣付きの深さをいつの時期やタイミングで受け取れるかは、個々の魂にとって個人差があると思います。時間がかかる場合もあるかもしれません。



お互いに受け取れる準備が整い出来ていないと、動かないかもしれません。



長年の深い確執の癒着の絡みをほどくには、一長一短にはいかずに時間やエネルギーがかかります。



こちらの親子の場合は、お互いのレベルにおいて、そうした見ている世界の認識の違いの温度差が現実的に起きていることに氣付いて、それぞれが受け入れることがまず大切でした。そこからがスタートです。



そして、しばらくお母様と完全に連絡を絶ち、自分の魂を癒して、自尊心の尊厳や主体性を回復して取り戻した上で、お母様のエネルギーの影響を受けて、奪われないぐらい境界線感覚を持ち強くなることが必要です。



例え、血縁の親子であっても、お互いの成熟度によっては、近い距離感で付き合うことが必ずしもベストだとも限りません。



離れた方がまた違う見方や受け取り方が出来ることやお互いに感謝することも出来るかもしれません。



やはり、お母様としても私はこの子のために必死に育ててやって来たと言う意地やプライドがありますから、自分の今までの言動を謙虚に認めることは大変だと思います。



ただ、ちっぽけなプライドや頑なな我を後生大事に持っていても、何も役に立たないどころか周りとの関係性も人生もどんどん頭打ちになり上手くいきません。



しかしながら、本当に何も氣付くことや学びもなければ、今ごろ親子関係などにも何も問題もないはずです。



ご自分にとっての正しさや正義が、必ずしもお相手にとって正しいとは限らないと言うことを理解する必要があります。それはただの正しさや正義の押し付けです。



自分にとって正しいと思っていたことが、違うと言うことを認めるのは勇氣が必要です。自分が都合がよく見たいと思っていることと、現実は違うと言う事実を、目を見開いて直視することです。



自分にとって都合が悪い手痛いことを受け入れる度に、真の意味で成長や進化に繋がります。自分は正しい悪くない、変わらないと言う我が強いとこれが出来ません。



人間はこんなにも複雑に物事や関係性も絡ませてしまうものです。シンプルに生きれば楽だと思いますが、なかなか難しいみたいですね。



そして、何も成長する必要がなければ、もう生まれて来る必要はないと思います。そこを今一度、考えて頂きたく思います。



過干渉、心配、期待、押し付け、支配コントロールや家庭環境の問題やカルマのエネルギーが、お子さんの魂の尊厳や生命力を奪ってしまうことがあります。条件付きの愛しか与えてあげられない親御さんも多いです。



無条件に受け入れる信頼や安心のエネルギーを与えてあげることです。






最近の若い世代の方々とお話しする機会が私は多いので、想いや言い分を代弁させて頂きます。



最近の次世代の魂として生まれた方々は、もはや親御さんとは生まれ持った魂の覚醒や進化の度合いまで最初から違います。時代と世代のエネルギーが違うのです。



新しい時代のエネルギーに見合った魂の方々が生まれて来ております。これからの地球のエネルギーに見合った愛や調和の統合した意識を持った魂のお子さんが生まれて来ています。



そして、聡くて達観しており、冷静に親御さんの問題や内面のエネルギー状態を観察して見ていますよ。



だから、嘘や体裁の誤魔化しが効かないと思って下さいね。お子さんから大切なことを学ばないといけないことがあるかもしれません。



自分と同じ感覚で上から目線で子育てしたり、接したりすると知らず知らずにその子の魂を傷付けて歪ませてしまっていて、後々に自分の人生を自立して生きられなくなり、ご自分のした子育ての言動の手痛いしっぺ返しの責任や代償を引き受けないといけないことになります。



もしそうなってしまっておりましたら、しっかりとお子さんに寄り添い、魂レベルで自立出来るように温かく支援やサポートをして、向き合ってあげて下さいね。


                
魂レベルの子育てや教育が必要なのに、親御さんの意識が追い付いていなく、社会の受け皿のシステムの仕組みもまだ出来上がっていないのが現状と言ったところです。



意識が高い方々と連携したりして、情報などを交換して上手くサポートをしてあげながらですね。



言い分や怒りの感情を全て出しきるまで、受け止めてあげないといけないかもしれません。何かしらの撒いた種の原因があるからこそ今の状態があると思います。原因と結果の因果応報の関係ですね。



お母様自身も傷が深くて、癒されきれておらず、魂が棘が刺さりささくれていて、お互いにぶつかり合うことで、そうした抑圧していた感情やトラウマを解放し合っていることもあると思います。



そうして、お互いにぶつかって、お母様の抱えて来たものを解放させる魂の約束をして来たのかもしれません。



ぶつかることやお互いに合わないことも、魂を磨き合うために、全て同意の上だと言うことです。お母様の吐き出せなかった苦しみや悲しみを出させるために、触媒になっていることもあります。



その場合は徹底的にやりあって抱えている感情やエネルギーを昇華して、お互いの貸し借りを相殺して清算しないと、次の流れに進めないと思います。



以前、お子さんにいけないと分かってはいるのに、どうしても暴言や暴力が止まらないと言うことを悩んでいるお母様がおりました。



それはお母様が子供時代に親御さんから受けた仕打ちのトラウマや傷が深く、お子さんの子供らしさを見るとそうした傷が投影して疼き、どうしてもお子さんのありのままの子供らしさを受け入れることが許せなくなってしまっていたのです。



それは、ご自分は親御さんにありのままの子供らしさを生きることを許してもらえなかったのに、なぜこの子は許されるのかと、頭では分かっていてもどうしても行動や感情を我慢出来なくなってしまうのです。そうして家系の負の連鎖が起こるのです。



まず、お母様自身がしっかりと子供時代の自分を見つめて癒して、傷ついた自分を受け入れることで原因が解消し、そうしたことがなくなり、関係性はとても良いものになりました。 



以前、お子さんの問題や症状がなかなか改善しないのは、自分の出しているエネルギー状態に問題があるからだと思いお母様がヒーリングを受けに来てくださったことがあります。



そのように受け止められるようになるまでには、当時のご自分が良かれと思っていたことや今となっては取り返しがつかない言動を受け止め自己内省をされて振り返り、様々な苦難や葛藤のプロセスがあったでしょうが、柔軟に受け止めて、捉えられるお母様は素晴らしいし立派だと思いました。



その時もそうした様々なお話しをさせてもらいました。そこまで分かればきっとその心根も伝わると思いますし、過去の過ちの言動はもう後悔しても取り返しがつきませんが、悔い改めれば間違えてしまっていたとしても、何度もやり直しをさせてもらえると思います。



親子のご縁はそうそう簡単には切れないですから大丈夫です。何度でもやり直してみて下さい。そして、新しい絆と関係性を紡ぎ直してみて下さい。



お子さんを変えようとする前に、まずはご自分の意識やエネルギーを変えていくことは大切ですね 。



親子は霊的に深い所で繋がり合っていますので、お母様が癒されて変わることで、お子さんも連動して、お互いに良い方向に向かわれることはあります。



お子さんの問題や症状に見えていたことが、実はお母様の抱えている意識やエネルギーに対する問題提起の投げ掛けのことだってあります。



そうしたことに氣付いて受け取れることで、親子関係が大きく変容して変わられ、以前より良好な関係になられたこともあります。



親子と言うのはそうそう簡単に、縁を切ることが出来ません。たくさん失敗したり、ぶつかりながらも、何度もやり直しをさせてもらいながら、お互いに成長や学びを深められたら良いですね。



こうした親子関係や家族のテーマを抱えて向き合っている方も多いので、噛み砕いて書いてみました。もちろん個々の親子により様々な関係性のパターンがあります。



だから、セッションでも人により、その時々でお伝えすることも変わってきます。



重い家系や家族のカルマや問題に光を入れるミッションのために、生まれて来ている方も多いですね。 



比較的重い家に生まれて、その自覚がまだなくて、その家系や家族のエネルギーに飲まれて潰れてしまっている場合も多いですが。



ご家族の乗り越える課題とご自分の個人レベルの課題はまた違うため、そこは上手く切り離さないといけないですけれどね。



そのためにはご本人が霊的に立ち、高めて上がらないと、ご家族や家系全体が良いエネルギーが流れて回らずに、なかなか全体的に良い方向に進まなかったりします。



☆Facebookのフォローなど大歓迎♪






お問い合わせ、お申し込みは申し込みフォームまでよろしくお願い申し上げます。




テーマ:


2月は本当にたくさんの方のセッションに携わらせて頂きました。家系や土地の因縁や神罰だったり、霊系統の問題だったり、とても複合的な絡みがあるようなお話しや、霊的に敏感な体質をお持ちで本格的に体質改善や、覚醒し霊的なレベルやステージアップが必要な場合も多いです。



私の信頼出来るこうした世界に理解がある、ご縁がある方々や会社様を紹介して、連携して携わることもあります。



それぞれ担っている専門や得意分野の特化している領域が異なるため、治療、霊能、自然療法や代替医療、波動療法、カウンセリング、食品など様々な角度や方法からアプローチして、バックアップしています。



私は学生時代に客室乗務員を目指していたのですが、今思うとその動機の中には、飛行機で空の上空を飛んでいる時には、全ての重いものから解放されて、自分の魂がありのままの状態に近付いて、楽になっている感覚があったからだと思います。



宇宙の根源に近付いて、生きていたかったのだと感じます星空空の上で働けたらどこかでそれが叶うと思ったのかもしれません。



私はこの世に生きながら宇宙意識に繋がりながら、宇宙を感じて、魂を自由に羽ばたかせて、生きていくことが出来ていますほっこりそれは違う形で叶いましたラブラブ



学生時代の成田エクスプレスのアテンダントのアルバイトで、海外のお客様への接客が楽しかったので、客室乗務員になろうと思っていました。



私はドイツに3年間住んでいた帰国子女なのです。オーストラリアのメルボルンにもホームステイをしたりしていました。



海外や拡大するエネルギーが強いからでしょうか、今も海外にご縁が深い方がセッションに来られることが多いです。



英語教育や翻訳や出版に携わっていたり、長年海外に在住や留学されていたり、海外の血縁のルーツをお持ちだったりと国際的なお話しをよくお聞きします。



そして、実は客室乗務員を目指したことの逸話があって、エミレーツ航空の客室乗務員を受けた際に、企業説明会の面接会場でたまたま隣になった方が、過去生からご縁ある方でした。

  

お互いに面接が進み、私は残念ながら途中で選考に落ちましたが、彼女はエミレーツに入社しました。その後も付き合いがあり、一緒に屋久島に旅行に行き、縄文杉を見たりしました。



お互いに当時は特にスピリチュアルに興味があった訳ではなかったのですが、その後に目覚めや覚醒が進み、お互いにレイキを習得したり、同じぐらいの時期に会社を退職して、魂の道や探求に進みました。



実は彼女の紹介のたまたまのご縁から、今に繋がるリコネクションジャパンの日本で指導出来るレベルの立場の方を紹介される機会がありました。全くの別件で食事をしていたのにも関わらずです。



当時、25歳の頃です。リコネクションと言う言葉は以前より知っていましたが、そこでご縁が繋がることになりました。



ちなみにツインソウルの方を紹介してくれたのも彼女でした。ご縁の近しいグループソウルの中で、次のステージに進むための目覚めのイベントを用意して、魂の成長や進化を決めてきていたのです。



それも自分が生まれる前に何を氣付き、学ぶか大体、シナリオは決めてきているのです。



既に私の次に進む道や扉は開かれて用意されていました。自分の今までの制限されて見えていなかった世界や意識の枠が外れた時に、無限大の可能性が広がっていました。



そこに私に開かれた未知なる領域と次元への扉へ入るかどうか決めるだけでした。



私は人間として他の道に進もうとしても、スピリチュアルの世界に必ず引き戻されて来ました。



本格的な覚醒前の宇宙系の魂の方は、この世でバランスと距離感をいかに取りながら、自分の魂を立てて生きていくかが、悩みの種になるのだと思います。



そうしたことが何度もあり、望むと望まざるに関わらず、天から与えられた天命と言うものがあるのだと受け入れました。



私が客室乗務員の道を手放したのは、面接の帰りに突然、怠くなり寝込み始めて、顕在意識の人間としての思考を強制的に停止させられて、「手放しなさい」とガイドに言われました。



さすがに私が客室乗務員になってその時点で、 海外などに行かれては困ると思われたのでしょう。スムーズに受け取れない頃は、そうした強制的な形のお知らせもありました。



使命の大きさからか、目に見えない導きと強制力は今までの人生で半端がなかったです。



人生ステージが切り替わるターニングポイントで、必ずご縁の深い方に出会い、様々な転機や分岐点になる出来事のイベントがありました。そのポイントを自分で決めてきているのでしょう。



本当はスピリチュアルはおろか、日本どころか海外に出ようと思っていたのです。いずれ何かの機会で海外に行くこともあるかもしれませんが、まずは日本で基盤や土台を作り、日本のご縁がある方たちに出会うことが必要でした。


私や友人などの体験から、そこまでして次のステージや今の自分の周波数に必要ないことを、強制的に引き剥がそうとするようなこともあるのかと思わされることがたくさんあります。



たくさんのお話しをお聞きして来て、運命や宿命が大きい方である程に、その出方は時に、人間として容赦がない出し方をされたりします。真価を問わされるのです。



私は早い内に降参してサレンダーして、抵抗せずに素直に受け入れたのですか、逃げ続けていたら一体何が起きていたかは分かりません。
        


それは、目に見えない世界と目に見える世界の両方の意味でです。私もたくさんのことをステージごとに体験し手放し続けて、超えて来たように思います。それはきっとこれからも続くのでしょうね。心身魂共に身軽になっていた方が良さそうです。



私のブログを読まれている方は、お分かりになるかもしれませんが、私は元々、現実的なリアリストだったので、スピリチュアルにはあまり興味はありませんでした。むしろ、一番向いていないと思っておりました。



そのお陰で、あまり極端に現世から浮世離れしたりせずに、この世界に携われていると思います。今も地に足を着けて生きていくことが大切だと思っています。



様々な体験を与えられることで、受け入れて来ました。人間としての左脳の思考や理論を強制的に停止させられて、右脳の直感や感性を養わされていると思うときもありました。



先に体験が与えられて、その起きた現象や出来事を理解するために、この世界について後から学んで理解し、繋げて整合性を取ってきたような形です。



この世は体験が全ての世界ですので、人間は究極的に体験しないと分からないことが多いです。



ある程度の次元や領域まで到達すると、外側の知識や情報すら参考程度であまり役に立たなくなり、それすら超えていかないといけなくなることもあります。出てきた流れや出来事の運をさばき続けるのみです。



私自身、様々な過酷な霊的な体験を与えられて、それは今でも現在進行形で継続中なのですが、外側に明確な答えがありません。



自分で体験していく中で、こんなこともあるのだと理解を深めています。本当に日々、地道な繰り返しです。



例えば、面識のない同業者の方から私を引き摺り落ろしたいと呪いを送られることもありました。



今も霊的にレベルアップをし続けているので、跳ね返したり、感知して送り返す力があるので、霊的に喧嘩を売られなくなりました。



自分事に意識を集中していたら忙しくて、人様のことなんて氣にならないはずです。自分自身を生ききっていないから、他人が氣になり反応するのです。全ては自分次第です。



今後、大きな社会的な影響力やお役目が出てくる潜在的な魂の器やエネルギーの可能性がある方々を覚醒や目覚めの道へ、霊的に上がってもらうことを、よく思っていない魔の存在に霊的に「余計なことをするな」と妨害と攻撃をされたこともありました。



非現実的に思えるかもしれませんし、信じる信じないを別にして、実際に体験して来た話なので書かせて頂きます。



そうされると都合が悪い存在がいると言うことです。目に見えない所での攻防戦が色々とありました。信頼出来る方々の力添えやサポートもあり、乗り越え続けています。



人々の覚醒やアセンションを阻止したい存在や勢力がいるとは話には聞いていましたが、実際にこうして世の中に影響を与える前に、早い内に芽を詰んでおこうと言うのがあることを私も体験して分かりました。



だから、魂を生きる以前に霊的にやられてしまっていて、この世を生きるのが大変で、それどころではないこともあります。



自分がレベルアップするごとに比例して、凄いものも来ますね。私もリスクを背負い、魂を懸けて携わっています。



綺麗事ではない泥臭い、目に見えない霊的な世界の体験をこれでもかこれでもかと与えられ続けて来ています。



何度もこの世に霊的な体質を維持して生きていくのは無理かもと、死を覚悟したこともありました。霊媒や霊力を自覚したり、コントロール出来ないうちは、苦労しました。身体が全く思うように動きませんでした。



一般的には波動を上げることを推奨されていますが、私の場合は体質的にカルマをメインに生まれて来ていないので、元々軽いため、むしろ逆に現世に生きていくために波動を落とすことを意識しないといけなかったりします。



こうしたことも個々の魂により本当にケースバイケースのため、絶対的なセオリーってあるようでないのですよね。この世界は分かりやすい1つの答えがないので、柔軟に捉える必要があります。



一般的によく言われていることが自分に当てはまるとも、必ずしも限らないこともたくさんあります。概念を知ることは、型を理解するためには役には立ちますが、それが全てとはしてはいけないのですね。



1つのことに、フォーカスし過ぎて、拘ったり囚われたりせずに、全体像から捉えるシンプルでフラットな広い視野や視点が大切になります。



人も物事も多面的かつ多次元的ですから、一方の方向性から局所的に見るだけでは、本質はわからないこともあります。様々な側面や角度があります。



最近、こうしたお話しをする機会がよくあるのですが、そうしたことが分からずにこの世界に足を踏み入れると大体、袋小路の迷宮に陥り、出口が見えなくなります。



目に見えない闇の世界を散々、垣間見させられたので、何があっても段々と動じなくなりましたし、大したことがないと思えるようになりました。実践で霊的に鍛えられ続けましたね。      



私の様々な体験が進み、レベルアップをするごとに難易度が高い覚醒や霊的なご相談や案件を頂くことも増えました。



そして、今後、霊的なお役目がある方がセッションに来られることも多くなりました。



平穏に生きたいと言う想いとこうした体験に理不尽さを感じることも多々ありましたが、今生はそのレベルの域まで行うことを魂レベルで決めて来ているのだと坦々と起きたことを受け入れ続けて来ました。



流れに抗うことなく受け入れ続ける学びです。本当に色々なことがあります。


私は必ず自分の人間としての自我を超越した、大いなる宇宙の意思が介入して来ました。



それが合意されたものに関しては、導きや支援が入りました。もちろん自分の人生ですし魂レベルでは出会いや起こる出来事を含めて、予め計画して決めてきた所はあります。



年頃の普通の女性として生きていきたいと言う人間としてのささやかな願望や望みももちろんありましたが、何事もない平凡な人生は送れないとあるときに悟り、受け入れました。



今後も魂の道を邁進して突き抜け続けていきたいと思います。        



そうしたことを知らずに地球の限定した分離した意識の中で、人間として様々な体験をして頑張ることもそれはそれで私にとって必要なことでした。



そこから多次元的に人生を包括して、魂レベルの生き方や人生を歩み始めました。ある程度、地球の人間としてのテーマをこなしてからでないと、魂レベルのテーマとステージに導かれたり入れません。     



その当時、受け入れて、潔く客室乗務員の道や人間意識は手放して、宇宙と約束して来た魂の計画の通りスピリチュアルな道を歩むことを決めました。



何を具体的にしたら良いかは分かりませんでしたが、まずは自分の目指す方向性や意図を決めることで、その道のりはお任せして、その都度、考えて向き合っていけば良いと思いました。    



決めたら待ってましたと言わんばかりに様々な体験とやって欲しいことが下りてきました。宇宙は私の覚悟や決意を待っていたのです。



抵抗して抗うことをやめて、大いなる流れや導きに明け渡して、委ねて生きていくことを決めました。



全くの根拠はありませんでしたが、宇宙や自分の魂を信頼していけば、大丈夫なのだとなぜか思えるところがありました。



もちろん大いなる存在からのお膳立てはありましたが、最終的には自分で決めて選んで行動して来ました。



よくセッションなどで、「芳さんは人生の転機を掴んで、流れに乗られて良いですね。」とお聞きしたりしますが、私が特別な訳ではありません。皆さん、本当はそうしたことが出来るのです。



自分の魂の感覚や声を掴めるように、内側の精妙で微細なエネルギーの変化や流れを感じられるように、研ぎ澄まして磨いていくことです。



自分のことを後回しにして疎かにしたり、惰性で生きてしまうと、ほんの少しの前兆や内なる導き、自分の中の違和感を見逃してしまうことがあります。



私が客室乗務員を目指さなければ、次の道や扉へのステージには繋がらなかったでしょう。



そのためには、客室乗務員を目指すことも必要だったのです。ただ、それは魂の本来の使命や目的ではありませんでした。そこに至るまでの大切なプロセスの過程でした。



人生の壮大なキャスティングや宇宙の采配と魂の神聖な計画には、私自身の様々な人生経験から、本当に驚愕して来ています。



人生は様々な奇跡や恩寵に満ちています。時にはすぐには目先で起きている全容の真意は分からないこともあるかもしれません。



私自身、今後、どのような運命に導かれて、命を運ばれるか、それは未知数で計り知れなく、分からない所ももちろんたくさんあります。



今も次のステージで取り組む、新たな課題が投げ掛けられています。まだまだ、人生の壮大なシナリオは続いています。 



10年前の自分が今の立ち位置にいること自体、想像もしていなかったのです。全くの別人です。たくさんの覚醒の体験により、予想外の人生を送っています。



意識や次元のエネルギーが拡大する事に、それに合わせて人間として帳尻を合わせて、行動をして来たような形です。      



目の前のことを行い続けていき、そして少しずつそうしたことが見えて来るものだと思っております。



私も今後、また今まで身に付けて来たものを手放して、新たな形の独自のスタイルを構築していくと思います。



魂の進化のスピード感が半端なく早いので、私は1つの所に留まり続けられないのです。



すぐにサクッと終わり、常に動いて変化して、進化し続けて来ています。



個々の魂により、生まれた時点で霊的な段階のレベルとステージも違いますし、カリキュラムのシナリオも起こるイベントも、全てオリジナルです。同じ体験のプロセスを辿る方なんて誰一人おりません。


                
こうして破壊と再生を繰り返して、新しい渦のエネルギーを生み出し、創造をし続けるのでしょう。混沌のカオスの中に、調和と秩序を見出だすのです。



だから、答えが出せない時は、無理をしてすぐに答えを出さなくても良いのかもしれません。自然に答えをすっと下ろせる時が来るのです。



今後も自分の予想だにしない、様々な体験やご縁などで導かれ続けていくと思います。何が起きても大丈夫だと思える胆力を大切にしたいものです。       



本当に宇宙の知性や明晰性は緻密で、完璧だと思わざる得ないです。遠回りに見えたことも、起こったことも全て今となっては、点と点が繋がり無駄がないのです。



私はこちらの霊的な世界に本格的に進んだら、過去生の記憶から起きるであろう大変なことは潜在的に想定出来ていたため、無意識に避けて逃げようとしていた所がありました。



過去生で数々の霊的なことに携わって来た経験値の魂の記憶があるので、そうした泥臭い現実が起こるのは大体分かっていました。



古代文明のアトランティス時代の神官などの魂の記憶が蘇り、混沌としたグロッキーな根源的な深い絶望、喪失、悲しみ、孤独などのトラウマの魂の痛みが再浮上したこともありました。



混沌の内側に潜り通過し、自分の魂の真実を見つめないと、次のステージに進めないことがあります。



この世界に関わりあんな思いを2度としたくないと言うのが 、私が乗り越えて、外さないといけない無意識レベルで魂の付けてきた癖のカルマであり課題でした。



結局の所、逃げたり、先延ばしにしたりしても、自分の魂の計画からは逃げられません。



いつかは必ず遅かれ早かれやらないといけなく避けて通れないのならば、早い方が良いと腹を括りました。



やらないで亡くなりあの世に還っても、不完全燃焼で計画が出来なかったと、またどこかの転生でその続きをやり直ししないといけないかもしれません。



でも、自分との魂の約束と過去生からご縁がある方々のためにも、何としてでもやり遂げないといけないと自分の深い所の魂の慟哭と情熱の急き立てられるものがありました。それが前に進む私の原動力になりました。



私の人間としての局所的な地球の限定した意識の視点の中での夢は客室乗務員でした。



でも、意識や視点が拡大した大局的な多次元の宇宙的視点の真の魂の使命と目的は、スピリチュアルな道に携わることでした。自分の人生で起きた出来事や体験の意味の伏線を回収して、包括して点と点が繋がった瞬間がありました。



ハイヤーセルフと繋がり直して、高い次元の視点や意識を持ち、目先の自分の自我や感情に振り回されずに、この世を生きていくことが大切でした。            



ここの高い次元の霊的な人格と顕在意識の人間としての自我の人格の感情の間には大きな擦れや格差があり、擦り合わせるのがなかなか大変でした。



潜在意識と顕在意識が解離して、分離していることもあります。自分だと思っていた感覚、感情、思考、価値観、生き方、エネルギー、在り方が本来の自分ではないと言う事実。このプロセスも私の深い学びになりました。



人間として求めていることと、魂レベルで望んでいることに擦れがある場合もあります。そこが向き合う魂のテーマだとセッションをしていて思うことがあります。



私たちの人生の中に、天啓の導きのガイダンスや人知を超えた働きかけを時に受けとることがあります。



それを受け取れるように、人間としての不安や恐れ、制限やジャッジを外してオープンハートに自分を開いて受け取って下さいピンク薔薇



私自身も目に見える形での明確な分かりやすい答えや正解がない世界で、様々な自分の体験を積み重ねていく中で、模索と探求をし続け、道なき道を切り開いて来ています。



宇宙やガイドの導きやメッセージ、周りの方々からの様々なヒントなどはあったとしても、それを最終的に自分で落とし込み、現実的にどのようなスタイルや形にし、生き方として体現して答えを出していくかは、手探りで自ら創造していかないといけません。



霊的段階のステージを上げるも下げるも、全て自由意思と選択の世界になります。大いなる宇宙から与えられたものを受けとるも受け取らないも、ある意味ではそこは私たち人間に委ねられています。



現在の自分の置かれている霊的段階の立ち位置におけるテーマと、魂レベルの全体から見た方向性の使命や目的とで分けて捉える必要があると思います。



壮大な魂の使命の方向性をお持ちだとしても、現在の霊的段階におけるステージでのテーマがありますから、まずそちらを先にこなして片を付けてからでないと、そうした流れに導かれないし、入れないことがあります。
        


地道に目の前の今を生き続けるのみです。それが最終的に魂の道を生きることに繋がります。



このスピリチュアルなことを学ばれても、現実的に変化して、体現させていくことがなかなか難しいのだと思います。



開拓者スピリットですね。自らの人生の創造主であり、マスターであり続ける生き方です。



人生のマスターであると言うことは、自分の人生で起こったことは、全て自分の魂レベルで同意して望み、自ら選んで体験しているのだと言う意識を持ち続けることです。



だから、本当に魂の本質を生きるレベルまで達すると、自分の人生に対して、被害者意識も他者に責任転嫁と言うものはなくなります。自分が人生の責任を引き受け続ける覚悟ですね。



宇宙には失敗や成功も勝ち負けも優劣と言う考え方はありません。それは地球の人間が作り出した概念に過ぎません。全てはただそこに「体験」が存在するのみなのです。



だから、不安や恐れを突破して、地道に行動を積み重ねることが、最終的に自信に繋がっていくのではないかと思います。



人生の地図を自らの足で立って歩いていくことを大切にしていきたいですねハート

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。