省察 | 理学療法士養成校教員 下井ゼミ研究ノート
2015年08月31日

省察

テーマ:多職種間連携・教育(IPC・IPE)
一昨日の29日(土)は、国際医療福祉大学のIPEカリキュラムの1つ「関連職種連携実習」の実習報告会クラッカー
6月から約2ヶ月半にわたる最終報告会ですメラメラ

下井が担当教員を務めさせてもらった国際医療福祉大学三田病院チームも、スーツで決めて発表にひひ
{FC955490-3A09-44B5-834C-871C81E1EDFE:01}

8月初めの実習でも報告していますが、実習後の省察内容を加え、さらにブラッシュアップした内容でしっかり発表できたと思いますグッド!
{7E0AC1E8-4D65-4FC7-A6E6-8942D068C995:01}

今年の実習報告会、彼らを含めて学生に学びの深さが目立っただけに、それに対して教員としてのIPEに対する理解の浅さが際立った報告会でもあったと思っています。
例えば、三田病院チームと同じ会場での発表で放射線科学学科の学生が、

「今まで『患者中心』と言いながら、実は医師のために写真を撮っていたのではないかと、他の専攻の学生との実習で気がついた」

という赤裸々な告白のような、まさに生な発表をしていましたえっ
かれはもちろん自分の専攻の実習でも様々なことを学んできたはず。
でも、今夏のIPEで、他専攻の学生との学び、その学生がどういうことをし、どういうことを考えて患者・対象者、そしてその家族に向き合っていたかを目の当たりにして、

「あぁ、これが『患者中心』ということか」
「あぁ、自分たちは決して医師のために撮影してきたわけではなかったんだぁ」


と自職種について改めて学んだというのです。
これこそがIPEの到達目標の1つ、「自職種のidentify」そのものメラメラ
そして放射線情報学科の彼は、その到達目標に達したことを、彼自身の言葉で語ってくれたのです。

素晴らしいっラブラブ!

学生たちは確実に学んでいるのです。
対して、個人的にガッカリしたのは質疑応答での教員からの質問。
例えば、福祉系の先生からは、

「退院後のプランニングで訪問サービスを中心にプランが組まれていますが、対象者の外出機会を増やすという目的があるならば、通所サービスも入れるべきではないかはてなマーク

という質問(というより指摘かはてなマーク)がありました。
なるほど、おっしゃる通りです。
ただし、「ケアプランニング実習」ならば。

IPEカリキュラムとしての「関連職種連携実習」では、8学科9分野の学生がチームを作り、対象者とその家族に対するケアプランを作成する過程を通じて学んでいきます。
この実習方法論を鑑みれば、質と現実性が高いケアプランから質の高い学習内容と「なりやすい」ことが言えるので、ケアプランについても微に入り細に入り追求するという姿勢も非常に重要です。
でも今回の報告会の5分間という限られた質疑応答の時間で、その部分を追求するかどうかは別の話ではないかと思います。
500歩譲って、その質問をきっかけとした学生とのやり取りで、IPEに関する彼らの学習を誘導してくれればいいのですが、そんなやりとりは一切なく終了ガーン
この質問で、学生たちが

「なるほど、この実習はそこの部分について深く考える実習だったのかぁ」

なんて考えなおしてしまったら目も当てられません。

ケアプランに関する質問をしてくれたのは実習を担当していない教員。
実習を担当する者として、学内でのIPEに対する理解をもっと促進させなければならないと力不足を感じた瞬間でした。

【つづくかも】

国際医療福祉大学理学療法学科 下井俊典さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス