“国語力” のまとめ | Stillness Speaks 〜言の葉の調べ〜

Stillness Speaks 〜言の葉の調べ〜

愛のことば、祈りのことば

Aloha, アロハ!

 

皆さん、お早うございます。Luminous beings です。

今日のこの有り難きご縁に感謝致します。

 

 

 

本日も 『 文部科学省のホームページ(外部リンク)

これからの時代に求められる国語力について:文部科学省 』 からの引用、

今回は “まとめ” になります。

 

 

国語の果たす役割と国語の重要性については,

母国語の観点から,

「個人にとっての国語」,「社会全体にとっての国語」,「社会変化への対応と国語」

の3点に整理されます。

 

1   個人にとっての国語
   個人にとっての国語が果たす役割は, 「知的活動の基盤」,「感性・情緒等の基盤」,「コミュニケーション能力の基盤」として,生涯を通じて,個人の自己形成にかかわる点にあると考えられる。

2   社会全体にとっての国語
   社会全体にとっての国語が果たす役割は,文化を継承し,創造・発展させるとともに,社会を維持し,発展させる基盤になると考えられる。

3   社会変化への対応と国語
   価値観の多様化,都市化,少子高齢化,国際化,情報化など,社会の変化が急速に進む中で,各人がその変化に対応するために,国語は重要な役割を果たすものと考えられる。

 

 

そのための “国語力” として、

「聞く力、話す力、読む力、書く力、考える力、感じる力、想像する力、表す力」

が必要となるのです。

 

 

 

わたしは “日本人” であることを誇りに思う。

そして 母国語である “日本語” を正しく使いたい。

そのために “国語力” を身につけたい。

 

 

“言葉” を大切にしたい。

 

切にそう願う。

 

 

 

 

 

では、今日も一日、

あなたが幸せでありますように!

愛と光に満たされますように!

自由と平和を享受できますように! 

Luminous beings

KA MALUHIA O KA "I" 

それは世界の夜明け