子宮頸がんワクチンその後 | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

小杉の漢方相談薬局 清水薬局のおやじです。


11月にブログで紹介した子宮頸がんを予防するヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチンは12月に厚生労働省が今年度予算を計上したので公費接種が可能にはなったのですが、都道府県に基金を設置して、市町村が行う接種事業費の2分の1を国が負担するというものなので、神奈川県や川崎市の対応が遅れれば受けることはできません。

また、年齢も中学1年から高校1年までだそうで、そこら辺の線引きはどうなんでしょうねぇ。調べるわけにもいきませんけど.、、、例外的に高校1年までに1回目の接種を受けていれば2年になっても残りの接種について助成が受けられるそうです。


今の高校一年生は3月までに接種を受けないと間に合いませんねぇ。


川崎市中原区武蔵小杉の漢方薬局

キヨーレオピン、冠元顆粒、婦宝当帰膠、ササヘルスのお求めは「予防と養生の漢方薬局」川崎市中原区小杉町の清水薬局で。