女性の適量の飲酒は体重抑制? | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

武蔵小杉の漢方相談薬局 清水薬局のおやじです。


ロイター通信の3月9日付けではアメリカのボストンで、5月26日付けではオランダで同じような結果(体重が増える可能性が30%ほど低い)が出ているようですね。40歳ぐらいから10年ぐらいを各2-3.5万人を追跡しての結果なので信頼性はあると思いますが、西洋人のデーターなので日本でも追試をして欲しいものです。しかし、女性の適度な飲酒というのはグラスで1杯といいますが一体何のお酒なのでしょうか。


少なくとも男性が過度の飲酒をすると太るということは身をもって痛感いたしておりますが、女性と男性ではアルコールの代謝が異なるためにいいという説があるそうです。男性のように居酒屋や焼き鳥屋で飲んでつまみをばかすか食べない家呑みならちょうどいい感じにリラックスしてストレスの発散になっていいのかもしれません。


アルコールは弱脂溶性薬物ですから妊産婦は禁忌です。当然脳にも働くので依存性薬物でもあります。女性の方がアルコールに耐性を持ちやすく、依存症になりやすいという説もありますから夕食の晩酌にお付き合い程度に1杯というのが理想なのかもしれません。


たばこは百害あって一利なしといわれますが、酒は百薬の長とも言われます。酒もお薬と同じように服用時間と量を守らなくてはいけないということですね。私も耳がとても痛いです。


呑み過ぎて肝臓の心配な方にお勧めしたいのが熟成田七人参リバシールドとキヨーレオピン。特にリバシールドがお勧めです。60包(約1か月分)9970円、小分けもいたします。サンプルも差し上げますが元気な方にはげきまずですよ。笑

熟成田七人参リバシールド

川崎市中原区武蔵小杉の漢方

キヨーレオピン、冠元顆粒、婦宝当帰膠のお求めは「予防と養生の漢方薬局」川崎市中原区小杉町の清水薬局で。