花粉症(アレルギー)の治療 | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

武蔵小杉の漢方相談薬局 清水薬局のおやじです。


花粉症(アレルギー)は体質的な面の強い病気なので漢方薬でも完全に治す事はできません。発症しにくくする、楽にしてあげる程度です。


西洋医学的な治療では抗ヒスタミン剤を含めた抗アレルギー薬とステロイド剤、血管収縮剤、すぐには効きませんが減感作療法、鼻の肥厚化した粘膜を取り除くレーザー治療等があります。昔よりも治療は進歩していますので鼻づまりがひどい方や市販薬で眠気の出やすい方は耳鼻科で医師の診断を受けて医療用医薬品の投与を受けたほうがいいでしょう。


マスクも抗原を防ぐ目的で有用です。


では お金のかからないで楽になる方法はないのでしょうか。


うちでアレルギーの方に説明用に作っている紙にはお金のかからない方法として

3点をあげています。


①しっかりとした朝食、バランスのよい昼食、味は薄めの夕食はひかえめに。質と量と時間を守り、夜遅くは飲まない、食べない。スナック菓子やジュースなどの糖分の多いものはひかえる。


②規則正しい生活のリズムを守る。夜型人間にならない。


③精神的、肉体的ストレスを受けない環境造りを目指し、うまく生活に応用しましょう。ストレスを発散するためにも適度な運動をしましょう。


これはそのまま健康への道でもあります。


わかっちゃいるけどやめられないという方はお金のかかる方法として


免疫強化療法をお勧めします。体質をじっくりと治してくれる漢方薬とレオピンとミネラル剤の組み合わせです。漢方薬は症状を、レオピンは血流を、ミネラルは炎症の広がりを抑える働きがあります。どなたでも飲める身体に優しいお薬です。









川崎市中原区武蔵小杉の漢方川崎市中原区武蔵小杉の漢方,清水薬局のページ

キヨーレオピン、冠元顆粒、婦宝当帰膠のお求めは「予防と養生の漢方薬局」川崎市中原区小杉町の清水薬局で。

www.shimizu-yaku.com/