ひびけあ?主婦湿疹 | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

小杉の漢方相談薬局 清水薬局のおやじです。


某メーカーのCMのおおげささにはあきれています。あのぱっくりーってやつです。手の荒れどころか完全なアレルギー性湿疹、一般に主婦湿疹といわれる症状。その上に皮膚が肥厚してひび割れるて出血する状態。これはつらいです。髪の毛を洗うときに髪が食い込んだら、、、ひー 拷問に近いですね。


アラントインとビタミンA?いったいどれだけ自分のところの薬が売りたいんだよってつっこみたくなる。あれだけひどけりゃステロイド使わないと無理でしょう。うちにきたとしたら手袋と皮膚科の受診をすすめますね。いけない場合はステロイドの軟膏をすすめます。


主婦湿疹といわれるように主婦がよくかかる病気です。感染症とかではなく、何かしらのアレルギーから起こる皮膚疾患です。

特に気をつけなくてはいけないのは洗剤などの界面活性剤、いくら泡切れがいいといっても界面活性剤は皿よりも手のほうに残りやすいので終わった後によく手をすすいでからよくふいてください。もちろん手洗いの時の石鹸も同じですが洗剤の界面活性剤が進歩して強くなるほどしっかりと手に残ってしまいます。洗いもののときに熱いお湯を使っていると手がふやけるのでより洗剤が入りやすく、また、漂白剤も相当に手にダメージを与えるので注意が必要です。洗濯も同様です。


炊事に手袋は抵抗がある方もいますが洗い物のときだけでもやってみてください。今はゴムでないポリエステルの使い捨て手袋もあります。薬を塗って夜は綿の手袋で保護します。


ステロイドというと強い拒否反応を起こされる方がいらっしゃいますが、最も安くて最も効くのもステロイドです。死にかけた人でも生き返る薬ですからね。要は使いようで強い薬でもしっかり塗ってしっかり治す。だらだら使わないでやめることです。


なかなか完治の難しい病気です。そりぁあ アレルギーですから、、、、


アレルギーといえば衛益顆粒の品切れでご迷惑おかけしておりますが おうぎカプセルが出ることになりました。但し、おうぎだけの単味ですので衛益顆粒と同じではありません。


川崎市中原区武蔵小杉の漢方  www.shimizu-yaku.com

キヨーレオピン、冠元顆粒のお求めなら「予防と養生の漢方薬局」川崎市中原区小杉町の清水薬局。