ピークが近づいているようです | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

小杉の漢方相談薬局の清水薬局のおやじです。

10日の神奈川新聞によると先週のインフルエンザの患者は推定で33万人にのぼるようで前週の24万人から大幅に増えています。神奈川は全国で9番目と高位に位置しています。

興味深いのは 5-9歳が7万人、10-14歳が11万人、15-19歳が7万人と全体の3分の2を占めています。5-14歳は倍増に近いので、学校などでの感染拡大が疑われます。

日曜日の研修会でも話題になったのですが インフルエンザにかかった子供のいる家庭での家族感染(特に世話をする親への)が少ないように思われるということです。いくら気をつけているからといって一家でかかる場合があってもおかしくないのにあまりうつらないようです。

考えられるのは新型は70歳以上に免疫記憶があるといわれているよりも低い年齢に免疫があるのかもしれません。老人施設での集団感染もあまり聞きませんし、もしかすると老人は新型のワクチンよりも季節型のワクチンのほうが必要かもしれません。

季節型インフルエンザの予防も新型と変わりませんので粘膜強化をお勧めいたします。





川崎市中原区武蔵小杉の漢方
www.shimizu-yaku.com

キヨーレオピン、冠元顆粒のお求めなら「予防と養生の漢方薬局」川崎市中原区小杉町の清水薬局。