痔は肛門だけの病気? その1 いたーい 切れ痔にカイカク丸 | 予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区新丸子 漢方うさぎ元氣堂

川崎市中原区新丸子の漢方相談の専門薬店、漢方うさぎ元氣堂のおやじのブログです。
予防と養生という観点から、お客様と共に健康で楽しい毎日を過ごすための情報をお届けしたいと思います。が、ほかにもおやじのたのしみが入ってます。

小杉の漢方相談薬局の清水薬局のおやじです。

痔というとなかなかお医者さんにもかかるのが恥ずかしかったりして、治ったと思ってもまた悪くなったりと厄介な病気ですね。


大きく分けて肛門裂創、痔ろう、内痔核、外痔核に分類されます。まずはその1を


肛門裂創痔ろう、それでも、昔に比べると少なくなっているような。これにはウォシュレットの普及が一役買っているような気がします。硬い便による肛門の擦過傷や裂傷によっておきる切れ痔=肛門裂傷は細菌による二次感染を防ぐことが重要です。昔は硬い紙でお尻をゴシゴシ拭いていたので余計に傷つけて痔ろうのように悪化させてしまうことがままありました。ただし、ウォシュレットの水流が強すぎて悪化することもあるのであらいすぎには気をつけましょう。普通の外傷と同じようにいじらないで皮膚を保護してあげることが重要です。


傷は痔の軟膏などで保護してあげましょう。ステロイド入りの軟膏は炎症のひどいときは有効ですが、細菌感染の時や炎症がよくなったら入っていないものに変えましょう。

うちではステロイド入りのレックSと入っていないレックHとがあります。

炎症が強いときは座薬を併用します。軟膏を塗ってから肛門内に挿入します。笑い話でおばあさんが正座して飲んだという話がありますが本当らしいですよ。


再発を防ぐには便をやわらかくすること、食物繊維をよくとって、便通を調えましょう。これが言うのは簡単ですが大変なことです。特に女性とお年よりは要注意です。大麦若葉のグリーン末でも繊維が補えます。どうしてもだめなときは便秘薬ですが、おなかの痛くならないものを使いましょう。うちではウェストンsをお勧めしてます。常用しないこと、量を増やさないことが大事です。


痛い痔の特効漢方薬といえばカイカク丸、出血と炎症を抑える働きがあり、即効性もあります。困ったときには塗り薬、座薬と併用してください。




予防と養生と楽しみのおやじblog 川崎市中原区武蔵小杉の漢方 清水薬局-かいかくがん