第33回まつやま市民シンポジウム記念事業松山市民映画「ことばのおくりもの」
第33回まつやま市民シンポジウム記念事業
   ☆★2016年11月6日(日)上映★☆

松山市民映画「ことばのおくりもの」制作日記です(^^)!
キャストやスタッフが自由気ままに綴っています☆
  • 07Nov
    • 上映を終えて

      恵まれた環境の中で生活をしている住人は何が問題か?その際に、我々は道後温泉や松山城などのありふれたハード面の長所は直ぐに言えるが、じゃあ他は?と言われた際に上手くこのまちの魅力を伝えきれない事に気づきました。夏目漱石や正岡子規を代表した文学のまち松山。そこから生まれた「ことばのちから」で作るまちづくりをしている松山がすばらしいまちだと言う事を市民に語ってもらいたい。その発想から、この松山の魅力である「ことばのちから」を大テーマとするシンポジウムはスタートしました。その表現方法として本年は①松山の魅力を語れる人財を創る②事業構築から市民参画型の事業を興す③未来に繋ぐ為にカタチに残る成果物を残すを念頭に構築いたしました。これにマッチしたのが「市民の市民による市民の為の松山市民映画」でした。市民を巻き込み、事業の同志にすることで、これまでのシンポジウムとは一味違ったオール「チーム松山」にて行なう事業となり、成果と副産物が必ずあると信じ事業を推進いたしました。成果として、850名にものぼる当日来場者を数え、松山市、松山青年会議所が運動推進する「ことばのちから事業」をPRでき、シンンポジウムの知名度も広く発信できました。副産物としては、シンポジウムに来年以降も参加したいという声や、市政が行なうその他事業に興味を持つ参加者が生まれたことでした。本当にありがとうございました。

      13
      テーマ:
  • 05Nov
    • いよいよ明日は上映会

      こんにちは!コーディネーターチームRIEです!いよいよこの時がやってきました明日はついに、松山市民映画「ことばのおくりもの」上映会ですスタッフの一員として任命された時から、約3ヶ月…長いようで短かった3ヶ月…最初はかなり!バタバタしすぎていたので、こうして無事に迎えられるのだろうかと不安しかなかったのでいろんな思いがこみ上げてきますね。。。私ですらこうなのですから、企画いただいた松山青年会議所の皆さま、森監督もきっといろんな想いがあることと思います。影ながらの苦労は数え切れない程たくさんありましたが、スタッフ・キャスト一丸となり1つの映画を完成させられたこと、大変嬉しく思います達成感も半端ないです。映画製作に携わる中で、色んな方と交わすことばに助けられ、時には、助けることもできたと思います。自分の口から発することば、文字にすることば、色んなかたちのことばがありますが、すべてのことばが、力を持っていると思います。だからこそ、ことばの力で、人と人との関係や、街までも、いい方向に変えていける力があると、私は信じています松山市民映画「ことばのおくりもの」は、そんなことばの力を感じられる映画に仕上がっていますので、ぜひ、ご覧いただく皆さまにも何か感じとっていただけましたら幸いですそして、何かを感じ取っていただけたならば、普段ことばにできていなかった想いを、あの方やこの方へ、伝えてみるのも良いのではないでしょうか上映会は明日、2016年11月6日(日)松山市民会館中ホールにて16:30開会となります(開場15:30)入場無料ですので、皆さまお誘い合わせの上、ご来館ください※ハンカチの用意をお忘れなくキャスト、スタッフ、想いが込められた作品です皆さまのお越しを一同、お待ちしております

      8
      1
      テーマ:
  • 04Nov
    • 3ヶ月分の感謝

      こんにちは。卯月役の伊藤優花です映画制作が始まって、早3ヶ月が経ちました。最初は衣装の制服にも慣れず、街中での撮影では周りの目が気になってしょうがなかったのですが、撮影が佳境になってからは毎日のように着ていたので、板についたねと言われて、嬉しいような恥ずかしいような気持ちでしたカメラの前で演技をするのは初めての経験で、映画ならではの演技の方法をたくさん教わりました。一本の映画に出演したということは、少し自信にも繋がりましたし、自分の課題を確認することも出来て、少しは成長できたのではないかと思います。映画を作るという一つの目標に向かって、老若男女様々な人たちと関わることが出来て、一緒に活動することが出来て、自分の住む街にこんなにたくさんいい人たちがいるのか、と感動しました劇中での登場人物の台詞や、現場での会話の中で、色々な人からたくさんのことばをいただきました。皆さんがくださったことばは、これからの私の糧です。この映画を通じて関わった全ての人に感謝しています。長いようで短かったこの3ヶ月。もう終わってしまうのは本当に寂しいですが、いつかまたお会いすることがあれば、一回り成長した姿をお見せしたいと思っています。「ことばのおくりもの」上映は、ついにあと2日後に迫りました11月6日(日)ですぜひ、多くの方にご覧いただきたいです。よろしくお願いします

      3
      テーマ:
  • 03Nov
    • クランクアップ!

      こんにちは、長女百合役の大橋梓です先日とうとうクランクアップしました8月から撮影が始まり、いろんなことがありました。慣れない撮影は不安だらけで、ワンシーン撮るだけでもいろんな角度から撮影するため1時間もかかることに驚きを感じました。毎日毎日、撮影の勉強で日々いろんな新しいことに直面しました。スタッフやキャストの皆さんは年齢層もあり男女比も同じくらいでした。みなさんとても優しく面白く個性的な人が多くて現場はいつも笑い声でいっぱいになりましたシリアスなシーンではスタッフさんが気を遣ってくださってムードを作っていただきました。私が演技するのではなく、みんなで演技をするんだなと感じました。松山市民と協力してみんなでひとつのものをつくるということに魅力を感じ、参加しようと思った映画制作。先日、関係者だけで部分試写会がありました。エンディングでみなさんのお名前が流れた時に、あぁやっとみんなで頑張って作ってきた映画が完成したんだなっておもうと、とっても感動して涙が出そうになりましたその話をスタッフさんにすると、私もそう思ったと言っていました。みんなで三ヶ月間頑張ってきたものができたので、本当にたくさんの人に見ていただきたいと思っています。松山市の代名詞となるような作品になったと思います!11月6日(日)まであと少し。私も上映会が楽しみでなりません!

      3
      テーマ:
  • 02Nov
    • 音楽担当の杉本小夏さんにインタビュー♡

      主題歌・挿入歌を担当されているうちの1組「杉本小夏&Mond」は、今回の松山市民映画だけのスペシャルコラボ!本日は、杉本小夏さんのインタビューを掲載しますQ.杉本さんは普段どのような活動をされているのですか?主に愛媛県内で活動をしています。大学を卒業してからの、この5年間は音楽活動をお休みしていたこともあり、このように曲を作詞作曲したのは久々で、とってもワクワクしました。Q.今回のプロジェクトに参加するキッカケや動機は?今年に入ってから体調を崩してしまい、仕事が思うようにできず悩んでいました。そんな時にこの話を知り、一つのものを作ることの感動をもう一度味わいたくなりました。市民映画のオーディションはダメ元で応募した部分もあったので、採用と聞いたときはとっても嬉しかったです。Q.「ことばのおくりもの」のシナリオを読んでみていかがでしたか?台本を頂いた時、まず自分の高校時代と重ね合わせました。私は高校時代のほとんどを部活に費やしていたので、将来への不安は何もありませんでしたが、主人公の3人はそれぞれの悩みを抱えていて、それだけでも自分とは違うなと感じました。また、この映画の中でそれぞれの答えを見つけて成長していく姿が見所ではないかと感じたので、私も1曲の中で自分の声が少しずつ力強くなっていくような表現を意識しました。Q.今回Mond(モンド)さんとのコラボはいかがでしたか?それぞれのご担当は?とあるバンドと、ぜひコラボしてほしいと聞かされており、どんなバンドか少し緊張していたのですが、紹介を受けて驚きました。同じ大学の同じサークルの後輩だったんです。年齢が離れているため直接の交流はなかったのですが、直ぐに意気投合しました。彼らが土台を作ってくれ、私は本当に気持ちよく楽曲制作に取り組めました。支えられてばかりで、彼らなくして今回の曲「希望の種」の完成は無かったと思います。Q.歌詞はどんな想いがこめられていますか?こだわりや意識されたことなどありましたら教えてください。私自身が常に走っているような人間で、バタバタっとこの歳まで過ごしてきました。体調の問題から、夏にお休みをいただき、今まで生きてきた中ではじめてゆっくりした時間が流れたんです。その中で感じた人との繋がり、今まで考えたこともなかったような当たり前の存在や、恵まれている環境、改めて感じた大切な存在。夏の間、私を支えてくれた全ての人への曲になったと思います。"昨日のダメがきっと明日へのカテになって明日へのカテがきっと希望の種になるよ"という歌詞は映画にも通じるお気に入りの歌詞です。Q.レコーディングはいかがでしたか?自分たちで作っておきながら、とっても難しい曲になりました。サビは誰にでも口ずさんでもらえるようなシンプルかつキャッチーなものを意識して考えました。自分たちでも、違うな〜なんて言いながら何度も録り直しました。大変でしたが、とっても充実した楽しい時間となりました。Q.仕上がりはズバリ?!100点!と言いたいですが、今後にも繋げていきたいので88点で!笑Mondのメンバーとも話したのですが、もっとあぁすればよかったかな〜というのが次々と出てきて…でも、映画の最後に「希望の種」が流れたのを聴いたらきっと、涙が出ると思います…笑Q.最後に、この記事をご覧いただいている皆さまにメッセージをお願いします!松山市民映画「ことばのおくりもの」は本当にたくさんの方々の想いの詰まった映画です。そのエンディングソングを、想いを込めて作らせていただきました。聴いていただいた方々が、言葉にならない"何か"を感じて、それぞれの心の中に持って帰っていただき、帰り道やお風呂の中で口ずさんでもらえたら嬉しいです。無料配信も予定しておりますので、是非ダウンロードして下さい!また、コラボしてくれたMondはこれからどんどん活躍の場を広げていくと思います。彼らなくして、今回の曲はできませんでした。「希望の種」と併せて、Mondも覚えていただければ嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。杉本小夏編集後記試写会で一足先に「希望の種」を聴かせていただきました言葉で表すのが難しいというか…なんだかもったいないのですが、映画を観終わった後のいろんな感情を包み込んでくれているような、そんな感覚になりました。また、自分の中で悩んでる何かがスッキリするような、背中を押してくれているような…とにかく、この映画の締めくくりにふさわしい一曲だと感じましたまた、小柄な杉本さんからは想像もできないほどのパワフルな声にただただ圧倒され、聴き終わる頃には生で聴いてみたい!という気持ちにまでなります。一度聴いただけで耳に残るメロディーは、彼女たちのセンスの賜なのかもしれません…!杉本小夏さんとMondさんのスペシャルコラボにより生まれた「希望の種」。映画本編との素晴らしい化学反応が起こっています。これを読んでいるあなたにもぜひ、体感していただきたいです

      3
      テーマ:
  • 01Nov
    • 助監督!

      こんにちは!スタッフのなりです撮影も落ち着き、あとは監督が編集を頑張るのみとなりました!約3ヶ月間ずっと続けていた映画作りが終わってしまった…と思うと、とっても寂しいです撮影中は、財布を無くした監督に理不尽に怒られたり、私が買っておいたお菓子を食べられたりと色々ありましたが… 思い返すと、本当に楽しい思い出ばかりです不甲斐ないながらも助監督という役割をいただき、不安なことだらけでしたが、撮影を進めていくうちに「いつもありがとう。お疲れ様」と声をかけていただいたり、「なりちゃんがいてくれてよかった。」と言って下さったり…。まだ社会経験のない未熟な私でも、力になれているんだと思うと、とっても嬉しかったです(>_<)その言葉だけで、もっと映画に関わっていきたい、もっと皆さんの力になりたいと頑張ることができましたスタッフの皆様、キャストの皆様の温かさ、そして、しんどいことや面倒なことを引き受けて動いてくださった方々のおかげで、最後まで映画に携わることができましたありがとうございます。本当に皆さんと出会えてよかったです️この出会いを今後もずっと大切にしていきたいです(*^^*)この映画は、たくさんの人の努力と協力があって作られています!松山の魅力がたくさん詰まったこの作品が多くの人の目に触れて欲しいです11/6(日)はぜひ!市民会館へお越しください️お待ちしております

      3
      テーマ:
  • 31Oct
    • メディア情報♥

      こんにちは!コーディネーターチームRIEです!先日、完成発表会を終えましたそして、上映会を前に、監督と主演3人はPRとしてラジオやテレビに出演させていただき、ありがたいことに連日大忙しです10/28(金)は、おかデリの生放送に登場しました。ほどよい緊張感の中、しっかりPRしてくれました!これからの出演情報♥11/1(火)12:00〜13:00  FM愛媛 noonday pop11/5(土)19:30~20:00 FM愛媛 ニンジニアネットワーク NEXT HEROES from EHIMEチェックよろしくお願いします

      4
      テーマ:
  • 30Oct
    • インタビュー~大橋梓②~

      キャストインタビュー3姉妹の長女、渡部百合を演じる大橋梓さんに伺いました(後編)Q.撮影で楽しみなことは?普段行かないようなところに撮影で行くことです。海に行ったり川に行ったり、そこで花火をしたりと、とても楽しかったです!Q.現場の雰囲気はいかがですか?とっても明るくて楽しいです!年齢層は広いですがみんなでお弁当のとりあいじゃんけんをしたりお話ししたり、とっても楽しいです!Q.この映画のどんなところを観ていただきたいですか?松山のいろんな場所がでてくるので、ぜひみていただきたいです。わたしもこの撮影がないと知らなかった場所がたくさんあるので、この映画をみて気になったところはぜひ足を運んでいただきたいです!Q.映画のタイトルでもある「ことばのおくりもの」は大橋さんにとって?ことばとは自分の気持ちを伝えるとっても簡単な方法です。この撮影の中でたくさんの方から励ましのことばを頂いたおかげでなんとか上手く撮影が進んだと思います。ことばは人を元気にしたり時には悲しませたりします。自分が言われて嬉しいことを次は自分が他の人に言えたらいいなと思います。Q.最後に、観てくださる方へのメッセージをお願いします!松山市を代表とするような作品がもうすぐ完成します!松山の方言満載の映画なのでとても身近に感じられると思います!笑いあり、涙あり、恋模様もあり?!な作品です!ぜひ会場に足を運んでください!百合役 大橋梓編集後記スタッフや周りの方に対しても気遣いのできる、渡部家の長女にピッタリなしっかり者の梓ちゃん何でも安心して任せられるし、普段からメディア活動をしていることもあり、妹2人を引っ張っていってくれたと思います!!そして、そんな梓ちゃんをスタッフ一同頼りにしていました難しいシーンの撮影では、妥協することなくいいものが出来るまで何度もチャンレンジする姿勢には脱帽しました理系女子ということでお勉強もできる素敵女子な梓ちゃんの、これからの活躍を期待しています

      2
      テーマ:
  • 29Oct
    • インタビュー~大橋梓①~

      キャストインタビューインタビューのトリを務めるのは3姉妹の長女、渡部百合を演じる大橋梓さん(前編)Q.松山市民映画に応募したキッカケは?母が市民映画のキャストを募集していることをニュースで知り、私に応募してみたら?と言ったことがキッカケです。元々メディアに出る活動をしており、いろんな分野に挑戦したい、自分の可能性を広げたい、松山の人たちと協力して松山のために何かしたいと思い、応募する決意を固めました。Q.主役の1人として出演が決まった時の気持ちは?本当にびっくりしました。事前にあった演技指導ではわたしだけが演技経験ゼロの状態で周りに追いついておらず、不安と恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。そんなわたしが主役をしていいのか、と思いましたが素直に嬉しくていっきに楽しみなりました。Q.今回演じられる百合はどんな人物でしょうか?演じる上で気をつけていることは?学業優秀でしっかりものの長女です。障がい者支援に興味があり、もっとそのことについて勉強したいと思っています。演じる上で気をつけていることは、いつもニコニコして背筋を伸ばしておしとやかにすることです。笑Q.自分との共通点はありますか?おしとやかではないのですが、食べるスピードが遅かったり、白色やピンク色が好きだったり。洋服の好みも一緒ですね。笑Q.撮影が進んでいますが、意外だったことや驚いたことや苦労したエピソードなどありますか?実際に目の前にないものをあたかもあるかのように想像して表情を作ることがとても難しかったです。また、泣きのシーンでは何テイクにも分けて撮っていくため、気持ちを切らさないようにすることがとっても大変でした。百合役 大橋梓後編に続く 

      2
      テーマ:
  • 28Oct
    • 笑顔が素敵な廣瀬さん

      父・薫役の二宮久幸です。撮影現場から見た三女・杏役の廣瀬里紗さんを紹介します。笑顔がステキで、おだやかな高校1年生です。自分の仕事柄、同世代の若者を多く見てきましたが、彼女には奥ゆかしさを感じます。現場で、ほとんどが年上の人の中で、自然に人を敬う心で接してくれます。おばあちゃん、お母さん役のお二人との話の中で、廣瀬さんの横顔は美しいとよく話題になります。笑顔の口元から見える歯の矯正も愛らしいんですよ。撮影の合間や休憩時、監督が彼女と話す中で、「話に主語がない・・・」とか言っていじられることもあるのですが、若者の会話はそれが今ふうなのかもと思ったりです。いや、監督を前にして緊張し、遠慮がちに話すので主語を忘れただけですよ(笑)勉強も熱心(のはず)です。つねづね思っているのですが、高校生である廣瀬さんは、当然ながら平日・土曜日も学校があります。映画の撮影が日曜日や祝日に終日という日もあり、勉強する時間確保も考えているのだろうなと(親心で)気にしています。もちろん現場ではキャストに徹していています。1度だけ、撮影までの待機時間の少しの間、数学のテキストを手にしていたのを目にして、私は「廣瀬さん、時間の有効活用えらい」と心の中で言ってました。「人生を見つめ直す・・・」の話が以前、百合役・大橋梓さんから紹介されていましたが、人生15年、これからまだまだたくさんの人との出会いがあるし、いろいろな経験をすることができるはずだから、見つめ直すよりも前を向いて進んでいってねと、人生を見つめ直す年齢に既に達してしまっている父・薫からエールを送ります。

      2
      テーマ:
  • 27Oct
    • 音楽担当の溝田麻美さんへインタビュー♪

      インタビュー松山市民映画「ことばのおくりもの」では、3組の方が主題歌・挿入歌を担当されていますそのうちのお一人である溝田麻美さんにお話伺いましたQ.溝田さんは普段どのような活動をされているのですか?歌を歌って暮らしています。主にライブツアーで全国うろうろしています。最近でいうと、ホイットニーヒューストンとカーペンターズのカバーアルバムを発売していたり。プライベートでは障がいをもつ子どもを2人育てています。ツアーに連れて行くこともありますよ。毎日が発見。成長です。Q.今回のプロジェクトに参加するキッカケや動機は?知人の紹介で、選考に参加しました。Q.「ことばのおくりもの」のシナリオを読んでみていかがでしたか?同じく松山市で家族と暮らす者としていろんな場面を想像し易かったです。穏やかであたたかい、愛媛の気候や風土、雰囲気を感じられる作品だったと思います。Q.今回の歌詞はどんな想いがこめられていますか?こだわりや意識されたことなどありましたら教えてください。子どもの立場から母親の立場から10代の気持ちで3パターンの曲を作りました。障がい児を育てる親としての気持ち、また子どもの目線に立っての気持ち、改めて向き合うことが出来ました。ありがとうございました。Q.作曲はいかがでしたか?メロディーがすぐに浮かびました。シナリオを読んで受けたイメージが近かったのだと思います。Q.レコーディングしてみて、いかがでしたか?愛媛でのレコーディングは初めてでしたが、地元にこんな素敵なスタジオ、エンジニアさんがいらっしゃることに感動しました。楽しかったです。Q.レコーディング現場に主役の2人(大橋さん、伊藤さん)がいらっしゃったそうですが、お会いしてみていかがでしたか?主役のお二人はそれぞれに雰囲気があって可愛らしかったです。若いパワーをいただきました。ありがとうございました。Q.作詞に、作曲に、歌までと…早く聴きたいです!仕上がりはズバリ?!実は私もまだ聴いていませんが、出来はいいと思います。なにせ初の作詞作曲ですから。Q.最後に、この記事をご覧いただいている皆さまにメッセージをお願いします!読んでいただいてありがとうございます。曲はいかがでしたでしょうか。池田和憲さんの素敵なオケにメロディーと歌詞をつけました。実は初めての作詞です。みなさんにもどこか共感いただけたら嬉しいです。溝田麻美 official web sitehttp://www.mizota-asami.com/編集後記ボイストレーナー、そして、ご自身も歌手として全国でご活躍中の溝田さん、その歌声は透明感があり、皆さまも聞き惚れること間違いなしです。初作詞とのことで、溝田さんのことば・想いが込められた詞、そして曲の仕上がりが今からとても楽しみですね。本編とどんな化学反応が起きるでしょうか?演技、映像、音楽、全てにこだわられた「ことばのおくりもの」上映会がますます楽しみになりました。溝田さん、ありがとうございました。

      3
      テーマ:
  • 26Oct
    • 試写会が行われました!

      こんにちは!コーディネーターチームのRIEです先日、関係者に向けて、試写会が行われました業界でいう「0号試写(ぜろごうししゃ)」なるもので、一通りつながって出来たもの、つまり完成前の映画になるのですが、正直、素人の私からすると、未完成かどうかわからないくらい素晴らしいものでしたいろんな意味で感動しました(;;)いろんな想いがこみ上げて鳥肌が立ちました(;;)感想を詳しく書きたいところなのですが、11月6日の楽しみがなくなってしまうので、ここはグッとこらえます試写会の後には、グループディスカッションが行われ、それぞれの映画の見方や感じ方、ことばのちからについて、新たな発見や改めて考えさせられる、いい機会となりましたまたこの日、今回の映画で主題歌・挿入歌・BGMをご担当されている方々のご紹介がありましたアーティスト3組Amyさん杉本小夏さん&Mondさん溝田麻美さん音楽監督池田和憲さん映像と音楽が組み合わさることで、感情がさらに揺さぶられること間違いなし詞、曲すべてオリジナルことばのちからを、歌からも感じていただけることと思います。ぜひ歌詞にも注目して聞いていただきたいです当たり前ですが自分には出来得ぬ皆さんの才能を肌で感じ、一人で感動していました…シナリオを読んで曲を作れちゃうなんて…この映画すべてにいえる事ですが、キャスト・スタッフ皆さんの力が、随所にちりばめられた力作になっていると、改めて感じます。そして、無事クランクアップとなり、監督、主演の3名にお花が贈呈されました本当にお疲れ様でした監督が今まで携わった映画製作の中で、最も短期間で作り上げた作品とのこと。。。。そうです。この作品はたった、たった、3ヶ月で作り上げられたのですわずかな期間でシナリオを完成し、スタッフの指導やとりまとめをし、こうして素晴らしい作品に仕上げられた監督には、ただただ尊敬…色々書きましたが、松山市民映画「ことばのおくりもの」、想像以上の素晴らしい作品になっていますこれを見逃したら…損ですよ~みんなの想いが込められた作品を、ぜひ会場でご覧くださいませ松山市民映画「ことばのおくりもの」上映会は2016年11月6日(日)松山市民会館 中ホールにて16:30開会入場無料ですお楽しみに

      3
      テーマ:
  • 25Oct
    • インタビュー~伊藤優花②~

      キャストインタビュー3姉妹の次女、渡部卯月を演じる伊藤優花さんに伺いました(後編)Q.撮影で楽しみなことは?共演する方々がどんな風に演じるのか。想像と違っていても、「なるほど、この人はそういう解釈なんだ」と勉強になることがたくさんあります。Q.現場の雰囲気はいかがですか?アットホームな雰囲気です。皆さん本当にいい人で、映画を通じて繋がることができて良かったなと思います。Q.この映画のどんなところを観ていただきたいですか?キャストもスタッフも素人なので、プロに劣るところは少なからずあると思います。ですが、松山への愛や、思いを伝えようとする気持ちはプロにも負けません。随所に散りばめられた地域の温かみを観てほしいです。Q.映画のタイトルでもある「ことばのおくりもの」は伊藤さんにとって?「ことば」は、良くも悪くも人を変える力を持っていると思います。言葉に元気づけられることばかりではなくて、傷つけられることも確かにあって。それでも色んなことばと出会って、色んな気持ちにっなて成長していくんじゃないかな、と思います。だから、「ことばのおくりもの」とは、自分を成長させてくれるものだと思います。現場でも、たくさんのことばのおくりものをいただきました。本当にありがたいです!!Q.最後に、観てくださる方へのメッセージをお願いします!当たり前になって、普段は見落としがちな、ことばの力と松山の魅力の詰まった映画です。この映画が、あなたの心を少しでも震わすものになったら嬉しいです!渡部卯月 役 伊藤優花編集後記努力家な優花ちゃんは、キャストとしてもスタッフとしても、大活躍!現場での真剣な眼差し目を見ていると、勉強熱心な性格が伝わってきました!大学でも映像の制作などに携わっているようなので、今回の経験を経た優花ちゃんは、一回りも二回りも成長した姿になっているのではないでしょうかオーディション時から、松山の良さを全国に向けて発信したい!と意気込んでくれていた優花ちゃん、これからの活躍も期待しています!

      3
      テーマ:
  • 24Oct
    • インタビュー~伊藤優花①~

      キャストインタビュー3姉妹の次女、渡部卯月を演じる伊藤優花さんに伺いました(前編)Q.松山市民映画に応募したキッカケは?フリーペーパーで募集を知り、おもしろそうだと思ったから。その頃ちょうど映像をかじり始めたので、スタッフ業にも興味がありました。Q.主役の1人として出演が決まった時の気持ちは?オーディションが終わってから結果が気になってドキドキしていたので、安堵感が強かったと思います。Q.今回演じられる卯月はどんな人物でしょうか?演じる上で気をつけていることは?卯月は真っ直ぐだけどそれ故に不器用な面もあり、いじらしい子だなあと思います。素直に感情を表に出すことを意識しているつもりです…!Q.自分との共通点はありますか?単細胞なところですかね…Q.撮影が進んでいますが、意外だったことや驚いたことや苦労したエピソードなどありますか?撮影初日の、息を切らして走って来た演技。台詞だけでなく、動作や表情で表現することの難しさを痛感しました。卯月役 伊藤優花後編に続く 

      3
      テーマ:
  • 23Oct
    • 演劇部再び٩( 'ω' )و

      こんばんは演劇部員役の西又心愛です。今日は久しぶりに撮影に参加させていただきましたーまた演劇部員役で集まれて嬉しかったです私達はアドリブ演技で特にセリフもありませんでしたが、充実した楽しい撮影でしたそれに…心愛は制服も着させていただきました今回は合服で夏服とガラッと変わってとても可愛かったです違う学校の制服を着るのはすごく違和感がありますねでも、憧れのセーラー服を初めて着ることができてすごく嬉しかったです。現場では自撮りしたりと演劇部員役のみんなで盛り上がってましたよ〜気が付くと背後に監督が入っていたりして面白かったです!私達、演劇部員役はこれで撮影終了でした!三姉妹の末っ子、杏ちゃん役の廣瀬里紗さんテストの前日とのことで、合間にお勉強をしながらの撮影でしたブログやfacebookを見て感じていましたが、本当に頑張り屋さんで素敵です正式上映は11月6日ですが、一足先に試写会で観ることができると聞き、本当に楽しみにしています

      8
      1
      テーマ:
  • 22Oct
    • 杏役・里紗ちゃん

      卯月役の伊藤優花です今日は杏役の里紗ちゃんの紹介です里紗ちゃんは大人しい一面もあり、ズバッと発言する一面もあり、何ともミステリアスでおもしろいと私は思ってます笑おしゃべりな私の他愛もない話をちゃんと聞いてくれて、年下なのに大人な対応だなあと思うこともしばしば里紗ちゃんは役柄上、劇中で発言することが少なく、細かな動作や表情で表現することが求められます。その表現が撮影を重ねる度に上手になっていくのを隣で見ていると、私も負けていられないなあと思います最後まで一緒に撮影頑張ろうね

      2
      テーマ:
  • 21Oct
    • ごんちゃんこと!

      ごんちゃんこと、權田です 名前の漢字は難しいですが、取り扱いは難しくないおじさんです。少しカメラがさわれるからと、撮影スタッフになりました。いえ、ビジュアル的には刺激的すぎますから、別の映画でキャストにしてください カメラに慣れているといっても普段は「動画」ではなく「静止画」しかやってません。事前の優しい監督のレクチャーのおかげで、いえ、実践で厳しくご指導いただき、撮影だけでなく、音声、記録、カチンコ、雑用、何でもできるようになりました早いもので、クランクインからアッという間に月日は流れ、撮影は、ほぼ最終コーナーに差しかかっています。そんな期間中、キャストも撮影スタッフもコーディネータースタッフも、みんな個性的で魅力的な方々ばかりだということがわかり、今では撮影中はもちろんのこと、休憩中もおやつの時間も面白いシーンがいっぱいあるので、一瞬も目が離せません最近は、編集のお手伝いもさせていただき、その面白さでなんだか映画作りに、はまりかけています編集作業で見直す1シーン1シーンに、映画の内容へ感動しながら、撮影現場のあの温かい雰囲気が思い起こされ、ひとりでこっそり涙ぐんでいます(秘密)。そんなこの作品が、大きなスクリーンに映し出されることをかなり楽しみにしている今日この頃です。

      3
      テーマ:
  • 20Oct
    • 最近の近況

      こんにちは、杏役の廣瀬里紗ですもうすぐクランクアップです!長いようで短い撮影でした。撮影をしていく中で、タイトルは「ことばのおくりもの」ですが、言葉に表せられないくらいのとても多くの感動と元気をもらいましたオーディションでは正直エキストラ志望だった自分だったので、最初は不安しかなく、他人から心配されるくらい自分に自信がない人でした。ところが、いろんな場所いろんなスタッフさん・キャストさんなどに出会っていくうちに人前で杏を演じられる人になっていました。そんな自分にただただ驚いています今も自信があるわけではないですが、成長はしたのかなと思います撮影中も監督にいろいろとご指導いただいたのですが、特にナレーションでは、あの監督でも表現の仕方を伝えるのが難しく、その言葉を受け取る自分も、ナレーションの言葉に気持ちを乗せることができず、ナレーションの収録だけで3日(take150くらい)かかりました改めて言葉の難しさを教えられたような気がしましたもうすぐ上映です是非観に来て下さい。協力してくださった皆さん本当にありがとうございました

      テーマ:
  • 19Oct
    • ラストスパート!

      こんにちは!卯月役の伊藤優花です今回はマンションでの撮影でした!初登場のキャストさんとのシーンを撮りました。撮影はもう終盤ですが、新しい出会いや発見がまだあって、日々勉強だなあと思います夕方には、スタッフとして山の手ガーデンプレイスでの撮影に参加しましたとてもいいロケーションだったのでいい画が撮れていると思います夫婦役のお二人も素敵でした權田さんとのタッグでカメラを回しました。コンビネーションはバッチリです上映会が迫ってきましたが、最後までみんなで協力して良いものに仕上げたいです

      3
      テーマ:
  • 18Oct
    • ♥上映会のお知らせ♥

      こんにちは!コーディネーターチームRIEです11月の上映会が迫っております~ここで改めて、上映会についてお知らせいたします上映会は入場無料ですので、ご家族やご友人をお誘い合わせの上、ぜひご来場くださいませ松山市民映画「ことばのおくりもの」上映会日時2016年11月6日(日)開場15:30 / 開会16:30場所松山市民会館 中ホール総合司会には、ラジオやテレビでもご活躍中のやのひろみさんにお越しいただきます皆さま、11月6日の予定はチェックいただけましたか?松山市民映画「ことばのおくりもの」は、みんなで愛情こめて製作している映画ですぜひともご覧いただきたいので、11月6日は松山市民会館 中ホールにお越しくださいね

      7
      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.