正面突破 | 不健康ランドの小乱闘

不健康ランドの小乱闘

かなり無理。でも負けない。


テーマ:

2月10日、11日の
ニッポン放送ももクロくらぶ公開収録バレンタイン・イベント
通称「バレイベ」@横浜アリーナ。

これが「4人のももクロ」のスタートとなった。

ただでさえ「杏果ロス」に沈む者多く、
果たして杏果のパフォーマンスなくしてやっていけるのか?
と懸念する者も多い中、

さあどう出る。
 

 

ももクロの原点となる歌は「あの空に向かって」

――デビュー前にメンバー自身が詞を書いた曲。

これは1月21日に早速、4人バージョンでクリア。

 

そして第2の原点、ももクロをメジャーに押し上げた

「行くぜっ!怪盗少女」

これを今回、冒頭にぶち込んできたのでありまして。

 

人間たいてい

ヤバそうな時はちょっと様子を見ながら

外堀から埋めてったりするもんだと思うんだけど、

一番問題になるところ、避けては通れないところを最初に持ってきて

正面から中央突破するというのは、度肝を抜いた。

 

この曲は、ももクロの自己紹介ソングともいうべきもので、

歌詞の初めが

「Yes, Yes, We're the ももいろクローバー、

 れに、かなこ、あかり、しおり、あやか、ももか」

というのが6人時代。

2011年にあかりが脱退して5人になって

「れに、かなこぉ⤴、しおり、あやか、ももか」

と調節してからもうすぐ7年。

ももかが抜けた今、それをどうするのか。

皆固唾を呑んだ。そしたら……

 

ここでちょっと話は飛ぶんだが、

かねて「圧が強い」と言われて可愛がられている「ももクロのアイドル」あやか=佐々木彩夏=あーりんは

ソロの持ち歌の中に「あーりんのこと佐々木って言うな、あーりんだよ」

という歌詞があるんだけれど……

 

で、固唾を呑むなか皆が耳にしたのは

「れに、かなこぉ⤴、しおり、ささき、あやか」

 

えっと、ひとりだけ名字が混ざってるんですけど。

てか、ひとりだけフルネームなんですけど。

 

爆笑。

 

ここで、

毒気やら懸念やらモヤモヤやらいろんなものを

抜かれ消されて吹き飛ばされました、はい。

 

とはいえ第3の原点、あかりん脱退のあとの

「Z伝説~終わりなき革命~」(これまた自己紹介ソング)は、さすがに

ももか抜きで歌うのは無理すぎて「準備中」だったんだが、

でもこれも、前を向いてどうしようか考えてて、

「いい考えがあったら教えて下さい」と包み隠さず言っていて、

(この歌をあえてまな板に載せたんじゃないかという疑惑も含めて)

これまたある意味正面突破。

 

正面突破で笑わせる――

考えてみれば今までも

これがももクロ最大の魅力で、

だからこそ観て聴いてると元気が出るんだということを

あらためて思った次第。

 

shimataiori(島田庵)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス