鈴木寛氏の講演会を聞いてきた | スキーヤーの練習帳
2009-12-17 00:25:26

鈴木寛氏の講演会を聞いてきた

テーマ:学生のころからの知的財産権入門

鈴木寛氏の講演会を聞いてきた。


民主党の中でも有名な方であり、出版をはじめ、教育系に色々提言されていることで知られている。


現在、文部科学副大臣であり、高等教育の高度化、知財教育、医療教育、著作権法改正について今後力を入れると思われるので個人的に気になっていた。


今回は病院関係者向けの講演だったが、氏の理想は省庁間の垣根を取り払って事業の目的が良ければ支援するということが根底にあるとわかり、安心した。


現在、弁理士にとって著作権関連は日常業務として扱うには少々数が少ないと言われている。


しかし、知的財産権の扱いについても弁理士が扱いを増やしていき、弁理士が知財ポートフォリオ全てを扱えるようになった方がいいと思われる。


また、知財教育(特に、特許や著作権)を高校生で充実させることが日本の将来の経済成長には重要と個人的には考えているので、氏には今後活躍して欲しい。

教育関係には様々な圧力団体がいらっしゃるので、高校で特許や著作権を教えるのはまだ先かも知れない。

大きく制度を変えるのは民主党政権のときだけかも知れないですからね。


   人気ブログランキングへ

←  ↑↓ 1日1回クリックで応援よろしくお願いします。

   にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
   にほんブログ村

shimarisuskiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス