香港旅行3日目:香港島、アプレイチャウ島など | スキーヤーの練習帳
2009-04-01 19:32:32

香港旅行3日目:香港島、アプレイチャウ島など

テーマ:ブログ
3/22 午前

この日は起床したら9時半。相変わらず睡眠はしっかりとれました。仕事の骨休みも兼ねているハズなので、睡眠に時間を割く分には気にならなかったです。
とりあえず朝起きて買い物戦略を練ることにし、二人で考えます。ちなみに私はいつも通り、1安心、2快適、3数字を出す(得な買い物をする)の順の思考回路。

導き出された結論は、空港横の東涌のアウトレットに帰り道に寄って、値段を見て後悔するのが不快。結局アウトレット寄るなら先に空港横まで行ってまたクーロン市内に戻って食事するべき、そもそもアウトレット以外で買い物しないなら2ヶ所のアウトレットを回るべき。そうすれば快適かつお得な買い物ができるという考えになりました。帰りの飛行機が25時半搭乗開始の予定なのでこのプランの安全性も十分となり、結論は香港島から香港仔(Aberdeen)を抜け、さらに南のアプレイチャウ島にあるアウトレットと、空港横の東涌のアウトレットを回って買い物をし、九龍で夕食を取り、また空港に戻るプランに決定しました。
るるぶには当然載ってない、非平均的なプランです(笑)

ということで出掛け際にホテル日航のコンシェルジェに香港島で美味しい飲茶料理屋さんを聞き、アバディーン方面への行き方を聞いて出発。
迷わずタクシーに乗りました。いや、バスで1時間は無理ですね。

そして海底を通るクロスゲートトンネルをくぐり抜け、香港島中心部をスルーしてアバディーントンネルへ。英語が全く通じない運転手に頑張って説明して、アバディーンより南に進路を取り、アウトレットのある鴨洲(アプレイチャウ)という島へ向かいます。
途中運転手にこの先にはインダスチュアしかないと何回も言われながら、目的地のホライズンプラザ21Fにあるジョイス ウェアハウスに到着。
10分ほど入り口が分からすに廃墟のようなビルの回りをさまよった後、無事にフェラーリ売り場の横にエレベーターを発見。乗り込みました。

ジョイスは、ワンフロアにハンガーにかかった洋服が並んでいる倉庫といった感じ。正直狭いですが、BOSS、イッセイミヤケ、EMPORIO ARMANIなどが4~8割引で売っています。女物は見ていませんが、男物の5倍ぐらいスペースあったので、かなり品揃えは良いのではないでしょうか。CKジーンズなど5000円ぐらいで買えるものもありますが、基本は高級志向ですね。客層も日本人は全くおらず、香港の富豪(なぜかハーフパンツが多い)やら西洋人ばかり。将来高級品が必要になったらまた来ます。
とりあえずBOSSのスラックスと春物上着を購入して満足しました。

その後、香港中心部へタクシーで戻り、飲茶を食します。すでに昼飯時を回っていたので、予約なしですぐに入店できました。相変わらず、焼売、餃子、春巻、肉まん、粥をひたすら食し、ジャスミン茶にて流し込みます。20代の男二人で満腹して5000円強。本当に安くてうまいです。


香港駅にはトラム(二階建ての路面電車)で移動しました。料金は25円と格安な上、地元の生活に溶け込んだ感じに満足。早稲田の都電とはスリルが違いますよ、カーブの度に横転しないか心配になります。車は電車の前に割り込んできて電車が急ブレーキ踏むのも普通(笑)


そして香港駅から東涌線で東涌へ。往復600円なので、十分買い物で元を取れます。
東涌のアウトレットでは、ARMANI EXCHANGEのGジャン、真面目なジャケット、CKジーンズをお買い上げ。全て5~8割引でした。満足この上なし。ちなみにナイキアディダスなどのスポーツ系も揃っているので、要チェックです。スキー用品は皆無だったので私は何も買いませんでした。


そしてすっかり夕方になり、クーロンのチムサアジョイで竹園海鮮飯店というそれなりに有名な中華料理屋へ。
酔っ払いエビ、炒め物、サンラータン、干し貝柱系の海鮮炒飯などをギネスビールでいただきます。なぜかビールが300円と激安だったので一択でしょう!
酔っ払いエビのパフォーマンスを店員とワイワイやりながら楽しみ、ディナーを満喫しました。
ふと日本ではこんなパフォーマンスを店員と話ながらできる中華料理が無いなぁと思って寂しくなったりします。


食後ホテル日航さんにようやく荷物を引き取りに行き、ホテルのお店でシルクのスカーフを家族とマリーさん用に購入。日航さんには本当にお世話になりました。


そんな感じで空港へ向かうバスエアポートエクスプレスシャトルがホテルの目の前に来たので乗り込み、クーロンでエアポートエクスプレス(行きにも乗った特急電車)で香港空港へ向かいます。

shimarisuskiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス