1月9日、淡路市佐野にある“COCONOWA~BAGEL&CAFÉ~”にて。

 

移住されてきた方たちの交流会が開かれました。

 

子育て世代のお母さんとお子さんたちです。

 

初めに自己紹介タイム☆

 

 

少し打ち解けたところで、美味しいベーグルランチ&座談会。

 

淡路に来た理由や魅力、来てから感じたこと、変化などについて、お話していただきました。

 

 

 

*淡路に来た理由として

 

のんびりと自然の中で暮らしたい、

子供を育てたいと思う環境で暮らしたいということが挙げられていました。

 

*淡路に住んで思うこと、感じたこと

 

食べ物が美味しい。淡路の方も親切で、ご近所からお野菜などを貰ったり、

子供だけでもすぐに預かってくれたり。気さくな交流ができること。

 

そして、今まで都市部で暮らしていた頃は、近くてもなぜかなかなか会えなかったり、

疎遠になってしまっていた友人などと、会えるようになった。

訪ねてきてくれるようになったということでした。

 

来てくれたときに、おもてなしをしたいと思うし、出来る環境にあること。

 

それを聞いて、

自分でも身に覚えがあり、不思議だなと感じたし、とても面白いと思いました。

 

物理的に距離は遠くなったはずなのに、心の距離が近くなる。

 

それは、親しくなったらぐっと近くなる、淡路の方との距離感が反映されたものなのか。

 

淡路に来たことで、元々の友人との距離も縮まる不思議。

 

そんな魅力も淡路にはあるのかなと、今回新たに知ることが出来て、嬉しくなりました。

 

その後は、竹のワークショップ。

 

 

せっかくなので、淡路のものを使った何かがいいと思い、

 

洲本市の協力隊、高木愛季さんに、淡路島の竹を使った竹リングを教えていただきました。

 

これが意外と難しい(>_<)

 

 

私は一度では覚えられませんでした。笑

 

ゆっくり教えてもらいながら作り完成したリングは、とても綺麗でした。

 

 

竹ってすごく美しいですね。

 

別の機会に、また作ってみたいです。

 

高木さん、ありがとうございました(^^)

 

淡路は、大人も子供も、急がず焦らず、

自然を感じながら、のんびり穏やかに暮らせる場所です。

 

COCONOWAの北川さんも移住されてきた方で、

古民家を改装した素敵なお店を、ここ淡路でオープンされました。

 

お休みの日にも関わらず、場所も貸していただいて、

本当にありがとうございました。

 

 

美味しい食事、素敵な空間があったからこそ、

楽しくお話していただけたと思います。


☆淡路市の移住相談窓口
神戸のおとなり淡路島 淡路市移住相談サポート窓口 

 

☆運営団体: NPO法人島くらし淡路
ホームページ    フェイスブック