宮武省吾&アンドウ マユコ コンサート

2013年4月19日(金)
宮武 省吾(マンドリン)/アンドウマユコ(ピアノ・作曲)

嶋田ミュージックのブログ
↑クリックすると拡大できます

2013年4月19日(金)
主催:嶋田ミュージック
会場:嶋田ミュージック(会場へのアクセスはこちら
開場:19時00分 開演:19時30分
料金:¥2000

演奏予定曲
協奏曲ニ長調(ヴィヴァルディ)
ロシアンラグ(ラフマニノフ-コブ)
ふたたび春は来る(アンドウ マユコ)
...他

【ご予約・お問い合わせ】
嶋田ミュージック 03-6272-9556
メール info@shimadamusic-mg.com
※メールでご予約の場合、タイトルに「4月19日コンサート予約」、本文に「代表者氏名・人数・電話番号」を記入してお送り下さい。折り返し確認のメールを送らせていただきます。

プロフィール

宮武 省吾(みやたけ しょうご)[マンドリン]
香川県に生まれる。1980年より川口雅行氏に師事。1983年渡欧。 ドイツ、ケルン音楽大学ヴッパータール校にてマルガ ヴィルデン=フュスゲン女史に師事。ソリスト、室内楽、指揮、オペラ等幅広い活動を行う。1992年帰国。演奏の傍らヨーロッパの新曲紹介に努める。

アンドウ マユコ [ピアノ・作曲]
群馬県前橋市生まれ。群馬県立前橋女子高校ギターマンドリン部在籍中に作曲、初演された「月を眺める(1999)」を皮切りに、マンドリン作品の作曲を開始。2005年東京藝術大学楽理科卒業。主に歌曲やマンドリン曲を中心とした室内楽の作・編曲を行っており、2010年にはアンサンブルテスタカルドの委嘱により、マンドリンオーケストラのための"airplane"を作曲、ドイツにて演奏され、好評を博す。一方、編曲についてはジャンル不問に行っており、親しみやすい編曲には学生から社会人まで定評がある。2011年12月、キーボードユニット「double drible(ダブルドリブル)」名義として初のCD「モノトーン」を発売、「類いまれな気持ちよい音楽」と各方面から絶賛された。第30回ぐんま新人演奏会出演(作曲部門)。群馬音楽協会会員。
http://mashroomlady.music-tbox.com/info.html
(「アンドウマユコ」でご検索いただけます)