成人式を前に•••

テーマ:
久しぶりに書きます!いつの間にか年を越してしまいました💦💦
長男が成人式なので帰って来ていて、一昨日も昨日も長男の中高の友達と会う機会がありました。
昨日は全日本大学駅伝ランナーと、箱根ランナーを連れて帰って来て、久しぶりの再会に盛り上がっていたので、私も寝不足ですが、日々の寝不足と違って私も楽しませてもらいましたカナヘイうさぎ

全日本、箱根、と録画を観て、いろんな話で盛り上がり、中学の駅伝や大会の動画もひっぱり出して観てました。あの頃は私も楽しませてもらったなぁと思いましたカナヘイきらきら午前診と午後診の間に尼崎のグランドに駆けつけて、選手のごとく(自分ではそのつもり)競技場から駐車場まで走って汗だくで帰って何食わぬ顔で午後の診察をした事も懐かしいです。汗臭かったかも😅💦
そんなわけで動画を観たので、久しぶりに家族旅行や子供が小さい頃のビデオも引っ張り出してきて観てました。
虫やカニなど生き物を素手で採る私、素潜りで貝を採ったり結構ワイルドです(笑)家族旅行はまるで合宿のようなタイムスケジュールで😅午前海、午後プール、その後公園とかは普通。鳥取砂丘を駆け上る家族、当時幼稚園の末娘は泣きながら制覇。優雅な家族旅行の記録なんてまるでありませんでした。
運動能力も根性もそんな中で培われたのだなあと思います。たまには文化の香りのする旅行、美術館とか、博物館とかの経験もさせたら良かったのかな💦
小学校の1/2成人式で、校長先生が子供たちに送っていた言葉を今も覚えていて、「今までは育てられた10年間、これからは育っていく10年間です。」というものでした。これからの10年間はどうなるのでしょう。
私は母親としての「成人」を迎えたわけですが、いつまで経っても正解のない子育て、今だにつまづきだらけです。
でもたくさんの思い出をありがとう😊子供を通じて得たたくさんの人との出会いにもありがとう。

大学駅伝その2

テーマ:
青山学院の逆転劇で幕を閉じた全日本大学駅伝。
久しぶりに小学校からの野球のお母さんつながりで連絡をとりながら、走ってる姿見るだけでも泣けてくるのは歳のせいかな?!なんていいながら、応援してました。
追われて苦しそうだったけど何とかひとつ順位を落としたものの走りきったひとり。春にひとり関東に旅立つ前にたまたま近所で出会い、「行っちゃうんだね、お母さんも淋しいね。」と言うと、うちの息子にもたくさん相談した事や、「今回は母も気持ちよく送り出してくれます。」と爽やかな笑顔で話してくれた彼。育った関西、家族のもとを離れ、頑張っている姿にはホント感涙でした。(歳のせい?!(笑))
テレビではスタートの時しか映らなかったけれど、繰り上げスタートにならずに懐かしい走り方で笑顔で駆け出して行ったもうひとり。彼が、陸上で高校進学して練習などが辛くて、うちに来た時に、ウサギ小屋の前でうさぎ達の可愛い仕草を見ながら、「今を乗り切ったら、人生少々のことは耐えられる気がする。」と話してくれた事を思い出しました。
おばちゃんも頑張らないとね。
とりあえず1日1週間、精いっぱいなのですが、頑張る元気を、ありがとう☺️

大学駅伝の日に思う

テーマ:
いつの間にかまた何か月もたってしまいました💦💦
今日は伊勢路の大学駅伝、そしてちょっとローカルにはなりますが(笑)篠山では兵庫県高校駅伝です。沿道で応援していた頃が懐かしいです。
長男は小学校では野球をしていましたが、今日大学駅伝を走る同級生から誘われ、駅伝を走り、そのまま中学2年から陸上をしていました。
今日の大学駅伝は中学の同級生が2人、それ以外にも知っている選手が出るのでわくわくします。
中学ではどんどん記録が伸びて、まかり間違って?!中学3年で全国大会決勝まで走りました。中学生とはいえ全国大会は本当にその場の空気から違い、親としても本当に貴重な体験をさせてもらいました。そして、他の学校にもたくさんお友達ができました。
陸上推薦もたくさん来たのですが、やはり体は壊れることもあるし(頭はあまり壊れないよ!と子供には言います)それでの進学には勇気がなく、私の同級生は、勉強なんていつでもできる、運動や芸術ができないものの言い訳や!と言ってましたが、本人も納得して勉強で進学しました。
でも、陸上は続けていました。1年の時は近畿大会2位で走れたものの、その後は試練でした。忘れていた喘息の発症、ケガ、思うように走れず気分も落ち込み不調となりました。ようやくみんなで出れた近畿大会のリレーでバトンを落としてしまいました。中学での記録も逆に重荷になり、本当に本人は壊れそうに辛かったと思います。母としても見守るくらいしかできず辛かったです。
何とかして走らせてやりたい、そう思いながら下の整形の先生には、「今無理したら、他の運動もできなくなるで。走るなって言うといて。」と諭されました。
結局最後のインターハイ予選、何とか当日ユニフォームを着て、アップまでしたようですが、走らずに終わってしまいました。アップをしたユニフォームがしばらくたって部屋の隅からビニールに入って出てきた時は、この時ばかりはくさいとか思わず(笑)涙が出ました。
何とか!という思いから同級生や知り合いの先生や陸上関係者の方などに電話やメールまでして相談したり、今思えば恥ずかしい限りです。
母親は子供の姿に一喜一憂しがちです。でもそれが母なのかもしれないとも思います。喜びも、辛さも少しは共有できて幸せでした。
今やゆる〜く(というと本人は頑張ってると言いますが)大学生してるので、あのストイックな我が子の姿を見れない事が残念ですが、今日は同級生、陸上仲間の応援をしたいと思います。




あっという間に9月も終わりそうです💦
ホントにたまにたまにしか書けないです。やっぱり体力が落ちました😢
高三の娘の早朝の授業に送り出すため、4時過ぎに起きる毎日😥なのに、先生、急になしだったりするのはあまりにもショックです。送り出す母の苦労を知り、娘はなかった事を申し訳なさそうに言うんです!
明日も4時起きみたいです。先生、ドタキャンはやめてくださいね〜😅💦
日が短いので、朝5時になっても真っ暗です。
涼しくてよく寝れるようになりましたが、体調には気をつけないといけませんね。

子育てもあと一息、と思うのですが、こちらの体力が無くなってくるので結構堪えます。ひどいお弁当!と思いながらとりあえず詰めるのに精一杯。

お孫さんを連れて受診に来られるおじいちゃまおばあちゃまには頭が下がります。私も頑張らねば!



姪の一周忌を済ませて帰るところです。
義弟が、「周りの人から、よく、もう落ち着いた?と聞かれますが、落ち着く事なんてありえない。もう一年、と言われるけれど恐ろしいほどに長い一年で、本当の命日は来週だけど、あと一週間もあるのかという感じです。この一年頑張って地を踏みしめて一歩一歩歩いてきました。でもそれはガラス張りの地面を歩いているかのような一年で、とても怖くて、慎重に歩いてきました。」と。
私がいろいろ考えたその何倍も考えさせられた一年だったのでしょう。想像を絶してしまい、他愛無い話以外の言葉はかけられませんでした。
決して当たり前ではない日常を大事に生きたいと思います。地域のお子さん達の健康に少しでも役に立てたらと思います。そして、すっかり少なくなった我が子達との時間も、大事にしたいと思います。




姪の一周忌

テーマ:
いつの間にか7月も終わりになりました。今日はクリニックを休診にさせていただいて、これから姪の一周忌に行ってきます。
昨年の夏休み、わずか14歳の姪が急逝しました。脳出血でした。あまりにも突然の、悲しい出来事でした。お葬式では、泣きじゃくる同級生を笑顔すら見せて慰めるお嫁さん(姪のお母さん)、喪主挨拶で、「娘を持つ親であれば、このよう皆さまの前でご挨拶申し上げるのは結婚式であろうかと思っておりました。今回このような事になり非常に残念です。」と切り出し、我が娘の思い出をたくさん語り、「自慢の娘でした。」と言っていた義弟。たくさんの人が集まって、少しテンションが高かった小学校低学年の弟が、保育園の先生から声をかけられたとき、声をあげて泣いていた姿。多くは語らないけれど、いろいろ感じとっていた我が子たち。
本当にいろいろ考えさせられた一年でした。
今年長男は二十歳、1人暮らしを始め一足先に埼玉の祖父母の所に行き、そちらから一周忌に向かっています。いっぱい笑っていっぱい泣いて、悩んで、怒って•••思えば落ち着いたなぁ(笑)我が子が元気に成人するって、奇蹟かもしれない。
百か日までは気が張っていたお嫁さんが、その後きっと辛い日々を過ごしてた。でも、声がかけられなかった。言葉にはできない思いがいっぱい。

姪の死の後、友人の中学一年だった娘さんが、10月にウイルス感染の後遺症で下半身麻痺となり苦しみながら今も頑張っています。姪の分も、と勝手に思ってしまうけれど、スポーツ大好きでいろんな事を頑張っていた生活が一変したその子も、お母さんである友人もいっぱいいっぱいでした。何か自分にできる事、と私も模索してました。
命ある事に感謝して、毎日をありがたく過ごせたらいいなぁと思いながら、健康なはずの私なのですが、精いっぱいの毎日が過ぎてしまいます。でも、頑張ります。




この間、ラーメン屋さんの外で娘達と並んでいた時の事。
かわいい赤ちゃんがテーブル席の座席に寝かされていていました。子供の好きな長女が、「わぁかわいい💕、•••でも、あれ?何見てるんだろう?!」赤ちゃんの30センチ先には立てられたスマホ。つぶらな瞳がじっとそれを見ているんです。
思わず、「あれだけはしないでね」と娘に言ってしまいました。
日本小児科学会でも、「スマホに子守りをさせないで!」というキャッチフレーズで、特に2歳までのメディアの与え方に注意喚起しています。
20年以上小児科医をしていると、最近、ぐずって泣くとカバンからスマホを取り出してパッと子供の前に出し泣き止ませる、という光景を時々見るようになりました。ピタッと泣き止む事が多いのですが、やはりお母さんの声で、仕草で、泣き止ませてほしいなぁと思ってしまいます。
数年前、その長女が3歳前までお世話になった近江八幡の保育園に行く事がありました。その当時の先生が会って下さった時に娘が、顔も、男だったか女だったかも覚えていないけどこの先生の声、覚えてる!と言ったのです。私は長女が半年の時から少しずつ仕事に出ました。保育園にいる我が子にたくさん語りかけてくれていたんだなぁという感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、聴覚は胎児の時から、亡くなってもしばらく残るっていうけど本当なんだなぁと思いました。
だからやっぱり、お母さんお父さんの優しい声、時には厳しい声、困った声、感情のこもった声で子供と向き合ってほしいな、と思った出来事でした。
犬でも、私の声色に敏感に反応してます(笑)バツが悪いと、丸見えなのに知らんぷりして向こうにトコトコ歩いて行って笑ってしまいます。
やっぱり•••スマホに子守りをさせないで、と思います。


友人のお子さん、その後

テーマ:
11月に書いた友人のお子さんは、結局エンテロウイルス(夏かぜタイプのウイルス)感染による脊髄炎の症状が回復する事なく、下半身麻痺の後遺症を残してしまいました。交通事故による脊損状態ではなく感染なので、ふと良くなる望みももっていたのですが、もう発症から8ヶ月が経ちました。車椅子で4月から学校に通い出しましたが、本人も家族も大変な試練です。
この病気は昨夏の終わり、日本でもさいたま市などで報告があり、90症例近くの中、完治したのはたったの2例だそうで、末梢、ひどい子は上下肢の麻痺を残してしまっています。
ウイルスなので、ウイルスをやっつける薬はなく、特に免疫力が低くてかかるわけでもなく、今回の友人のお子さんも4人兄弟の長女の中学生。
今、小児科内科では感染症という感染症が非常に少ないので、そんな年は夏かぜが流行る事もあるので、少し心配です。
とにかく、友人のお子さんには、厳しい現実ですが、前を向いて乗り越えて欲しい。歩いて学校に行きたかったよね、でも、生きているから、車椅子でも学校に行ける事はありがたい事です。ただでさえ多感な年齢だから、辛いだろうなと思います。再生医療の進歩に期待しながら、でもやっぱり日常を頑張って欲しい。

とはいえ、自分に、我が子にその状況が来たらというのは考えに余りあります💧
母である友人も心が押しつぶされてしまっています。

今の小さな夢、バイク事故で脚を失った先輩理学療法士さんと、友人の娘さんが会えたら、という事です。友人達と、その実現に向けてちょっと相談します。大学の時に、寝食ともにして、全力で過ごした日をともにした友達と、2人のおかげでまたひとつの夢をもって話す事ができます。

半年あまり、何もできないけど友人を支えて来る中で、いろんな人といろんな話をしました。その中で、家庭教師をお願いした方が、実は私の娘の保育園の同級生のお母様なのですが、下のお子さんに障害がありずっと支えて来られた方で、「障害は不便ではあるけれど、不幸ではありません。」と。また他の方は、「障害を負うことになった我が子を丸ごと受け入れて愛してあげて欲しい。」と。経験者しか語れない言葉でした。
生きていたら、きっといい事あるはず。





いつの間にか6月。時々コラムがたまにコラムになり、全然書けないコラムだった💦昔情報誌の原稿を書いてた時は、締め切りがあったから😅💦💦
年のせいかな、なんだろう、やっぱり毎日が精いっぱい。

今日は、大学時代、野外活動のリーダーを一緒にしていた先輩が、退院されます。
2月のバイク事故で、左脚を失いました。何十年💦💦も会ってなかったのですが、ゴールデンウィーク前に聞いて、最初5/1に友達と行ってきました。爽やかな笑顔が昔のままで、命が助かったって事はもうちょい頑張れっていう事やねんとおっしゃっていて、こちらが元気をもらいました。
理学療法士さんとして、いろんな患者さんを診てこられた方です。わかるから頑張れる、でも、分かるから思うようにいかなかったのではないかな、と思います。
途中で義足歩行訓練はいかがですか?とお伺いすると、難しくて、怖くてなかなか進みませんと。きっと想像を超える努力をされていたと思います。
退院が今日である事を知り、この間の日曜日に行ってきました。今の日本の医療では、もう入院でのリハビリは終わりです。でも、きっと日常が最大のリハビリ、勤務先の先生と患者さん達が待っててくれるそうです。義足を見つめながら、さて、これがどのくらい働いてくれるかな、と。
今日はまた新たな生活のスタート、私は他愛もない昔話や、近況を話す事くらいしかできないけど、精いっぱいのエールを送りつつ、私も頑張らないと、と思いました。
命ある事に感謝して•••



かなり久しぶりです💦
何でこんなに毎日余裕がないのかなと思います。
年末年始はインフルエンザも流行らず、落ち着いていたのに、何だか急にインフルエンザが流行っていますえーん
日曜日の晩が、こども急病センターの当番でしたが、インフルエンザだらけでした。紛れてきている他のお子さんが心配でした💦💦緊急性がなければあまり救急は行かないほうがいいですよね。
でもクリニック周辺のお子さんはいらっしゃらなかったので安心していたら、昨日の月曜日、大変な事になってました。でも学級閉鎖にすると、やはり流行るのは食い止められて、今日は落ち着いてました。
集団生活って、本当にみんなくっついて過ごしてるんだなぁと思います😃💦
6年前の新型インフルエンザの時もすごく感じました。小学生は重症化こそしませんが、やはり集団で感染は広がるので、私の子供時代のようにインフルエンザワクチン集団接種すればいいのに、と思います。でも、今シーズンは大人が先にかかっている方も多い気がします。
受験シーズン、さらに流行が広がりませんように☺️
インフルエンザは本人の症状が軽快してもうつるので、しばらくおうちにいてくださいね。