しこくあるく

しこくあるく

四国霊場歩き遍路の記録を中心に、寺社巡りや城郭探訪など旅の日記と徒然の感想を書き連ねています。

NEW !
テーマ:

10月6日、三連休の初日だったので高野山へのお参りを計画していた。しかし。台風が近づいていたので見送った。初めてお会いするFBFさんにも1週間先送りを連絡していた。6日にはジャッキーさんもお誘いしていたが、別の日に高野山へお参りの計画があるそうで、残念ながらまた何時かと言うことになっていた。何時かお目にかかれる日がきっとあるだろう。


10月13日は晴れる予報だったので待ちに待った高野山行きとなった。FBFのTさんは地元のお祭りがあるとのことだったので、午前中のみという条件付きでわざわざ出向いて頂けることとなった。1週間前ならば一日中お付き合い頂けだのだが致し方ない。

3時半、家を出た。約1年半ぶりのお山である。車を乗り換えてからは初めてのお山入りだ。スマホのgoogle mapは近畿道を、車載ナビは阪神高速を指示していた。google mapの予想到着時刻の方が30分ほど早いのでスマホに従った。スマホのパケット消費を節約するため出発後は車載ナビに従った。ところがこれが裏目に出た。神戸JCTで車載ナビは真っ直ぐを指示していた。道路標示を見ると津山、大阪市内は左の側道を指示していた。大阪市内?阪神高速経由となるのか?と思いながら車載ナビの指示通りに進んだ。しかしこれが間違っていた。新しい道をどんどんと山の中へと進んで行った。車通りも少ない。新名神へと入り込んでしまった。おまけに車載ナビの情報は古く、新名神道は掲載されいなかった。また、道路標識が分かりにくいせいもある。仕方なく再びGoogle mapを起動させると、箕面どどろみICから中国道へと向かうよう指示が出ていた。タイムロスはやむを得ないがその先まで行かずに済んだ。

箕面有料道路に進み勝尾寺近くを通り中国吹田ICから再び中国道に乗り、近畿道へと進んだ。ここから先はスマホと車載ナビとの見比べだ。車載ナビは以前から利用していた美原南ICで高速道を降り紀見峠ルートを示す。一方、スマホは岸和田和泉ICから国道480号ルートを示している。スマホの方が20分ほど早い。やはりそちらに従った。やはり車載ナビの情報は古く、国道480号の府県境の長いトンネルは載っていないのだ。どおりで紀見峠ルートを示すわけだ。
和歌山県に入り笠田のコンビニで朝食を摂った。紀ノ川を渡り高野山への道を上った。
7時10分過ぎ、遍照尊院様に着き古いお札を返納させて頂いた。年末も近づこうかというこの時期に、なんだかやっと年が明けた気がする。

金剛峯寺前の駐車場に車を駐め、待ち合わせの8時までまだ30分ほどあったので壇上伽藍をお参りした。朝はまだ人が少なく静かにお参り出来る。蛇腹道はまだ紅葉には早かった。

紅葉直前の蛇腹道

秋の朝の壇上伽藍

駐車場に戻るとTさんらしき方が見えた。トイレで用を足して出てくると、手を上げられた、やはりTさんだった。一緒に一旦車まで荷物を取りに戻り、改めてご挨拶した。この日の朝の気温は8℃だったが、何とTさん半袖にサンダルだった。寒くないですか?と尋ねると慣れていますとのこと。

早速、金剛峯寺様へと足を向けた。別格二十霊場の御礼参拝である。

金剛峯寺

納経所は8時半からなので、まだ20分ほど時間があった。金剛峯寺様でのお勤めの後、明王院様へと向かった。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス