しこくあるく

しこくあるく

四国霊場歩き遍路の記録を中心に、寺社巡りや城郭探訪など旅の日記と徒然の感想を書き連ねています。

今治城を出て、しまなみ海道へ向かった。帰り道となるが、どうしてもお参りしておきたい場所があった。伊予国一宮の大山祇神社様だ。もう20年も前になるだろうか、カミさんが社員旅行に行っている時に両親と子供達を連れて雨の中を参拝した。
それ以来の参拝となる。
大三島ICでしまなみ海道を下り、一般道を走った。4時前に着いた。

二の鳥居

大鳥居前の駐車場に車を駐めたが、ほぼ満車だった。

神社紹介
神社名:大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)
所在地:愛媛県今治市大三島町宮浦3327
主祭神:大山積神
旧社格:式内名神大社、伊予国一宮、国幣大社


鳥居を抜けその先の大きな総門をくぐると広い参道に出た。

総門

広い参道

この神社にはクスノキの老木が多くそれら全てが国の天然記念物になっている。

神木 乎千命(おちのみこと)御手植の楠

今は枯死しているが樹齢3000年と日本最古のクスノキもある。この辺り一帯は太古の昔、クスノキの林だったのだろう。それ故、霊気を感じた昔の人はここに神を祀ったに違いない。

石段と神門

更に進むと神門がある。

神門

神門を抜けると拝殿がある。

拝殿

神聖な雰囲気が漂っている。先に御朱印を書いて頂いている間に参拝しようと受付に行くと、COVID-19の影響で書き置きのみだとのこと。もう今の御朱印帳も満欄に近いので、お宮の御朱印帳を頂いた。これで四国全ての一宮の御朱印が揃った(但し、阿波は4社のうち1社しか頂いていないが)。国宝館も休館中だ。

拝殿を参拝し玉垣沿いに本殿の回りをぐるりと回った。玉垣の中には本殿と2つの摂社がある。3社ともお参りした。

摂社と本殿

自分は御神籤は殆ど引かないが、この日はなぜかお参りの後、引いてみたくなった。

御神籤

まずまずのご神託だった。

結果

十七と言えば千手観音様

やはりご縁があるようだ

十六ならなお良かったのだが

目上の人に引き立てて頂けるらしい。さてご神託の効果やいかに?!

神社を後に再び、しまなみ海道へ向かった。途中で多々羅大橋を撮影し、道の駅で僅かばかりの土産を買って帰途についた。

お呼び頂いた大三島の大明神に感謝。
弥栄


写真素材 PIXTA