四季の輪舞

四季の輪舞

しきのロンド
今日もビアンキに乗って

Amebaでブログを始めよう!

「半分、赤い」

 

なんだか朝ドラのタイトルみたいですが、我が腕の色のことです。

 

昨日の日曜日は、まだ4月になのに気温が30度近くになり、この春初めて半袖ジャージとレーパンで走りました。

 

これからますます暑くなるでしょうが、暑い夏は大歓迎です。

 

半袖から露出した腕が真っ赤に日焼けして少し痛いですが、このチリチリ感が快感だったりして。

 

 

昨日のりんりんロードは、名残りの八重桜が満開でした。

 

沿道には色々な品種の桜が植わっているので、1か月近くもお花見ライドが楽しめますね。

 

 

筑波休憩所まで走ってみたら、そこで思わぬ方に遭遇しました。

BGATS草創期のメンバーで、かつて「G」のバイクを乗っていたSさんです。

現在は、WilierのTriestinaをお乗りです。

お会いしたのは2年ぶりくらいでしょうか。

お元気そうで何よりです。

 
 

その後、私はSさんと別れ、土浦駅ビル内にできた「りんりんスクエア土浦」へ。

この日で3回目の訪問です。

 

自転車ショップのル・サイクさんにはビアンキのほか、コーダーブルームやブロンプトン、メリダ等々の各種ブランドの自転車やカペルミュールのウェアなどが陳列されています。

 

 

この後はランチをいただきに、モール505にあるサイクルカフェ嬉輪さんに立ち寄りました。

こちらも3度目の訪問となり、冒頭の写真は嬉輪さんのマスターに撮っていただいたものです。

 

この日のランチは、ホットサンドのセット。

たっぷり2杯分のコーヒーが付いて、ビアンキ好きのマスターとのんびり自転車談義をするにはもってこいです。

しかも、サイクリストはお値段が100円引きになるのも嬉しいですね。

そして何といっても店内から目が届くところにバイクラックが設置されていて、安心して自転車を停めておけるのが良いですね。

 

 

さてさて、10年前にロードバイクを乗り始めたばかりの頃、サイクリングの楽しさを教えていただいたHMBアウトドアクラブのサイクリングイベントが、10年ぶりにこの5月から再開されます。

 

再開初年度の今年は、5月5日(土)のサイクル&クルーズを皮切りに、11月までに8回のイベントが予定されています。

 

私は参加者募集が始まっている6月までの4回のイベントにフル参加申し込み済みです♪

 

同クラブのモットーは、「It's  a  Holiday !」(自転車で休日1日を丸ごと楽しもう!)です。

 

これこそがサイクリングの原点。

楽しいイベントの復活に胸の内は半分どころか、全面的に真っ赤に燃えています。