リスケは銀行を儲けさせる | Play back会 中小企業資金繰り改善のブログ

Play back会 中小企業資金繰り改善のブログ

Play Back会とは!?
悩み多き経営者の、駆け込み寺的な役割を担っていきます。
借金問題を中心に、少人数で悩みをともに解決していきましょう。


テーマ:

保証協会付融資で、保証料1.8%で5千万円を借りた場合、いきなり2.475.000円も引かれてしまいます。

 

実質47.525.000円の融資です。

 

しかし、5千万円の返済をしなければいけません。

 

この高額な保証料を払ったのですが、支払いが出来なくなったとき保証料を払った債務者は助けられず、貸した銀行が代位弁済により助けられます。

 

保証協会って、何を保証しているのでしょうか?

 

銀行が助けられるのなら、銀行が保証料を払うべきではないでしょうか。

 

下の図を見て下さい。保証協会付融資の仕組みです。

債務者の為の保証協会ではなくて、銀行の為の保証協会です。

 

最終的に保証協会も政策金融公庫から借りているので、結局我々の税金で銀行を助けているようなもんです。

 

保証協会付融資で返済が厳しくなったら、返済の条件変更リスケをお願いします。

 

元金据え置きで金利だけ払うんですが、ここでまた保証料を払わなければなりません。

 

はたして条件変更リスケは債務者にとって良い事なのでしょうか?

 

次の表を見て下さい。

条件変更リスケをした場合と、代位弁済をして保証協会に14%で返済した場合の比較表です。

 

金融機関は金融庁が監督官庁で、保証協会は中小企業庁が監督官庁です。

 

金融機関は金利充当ですが、保証協会は元本充当になります。

 

リスケは何年金利を払っても、元本は一切減りません。

 

代位弁済で保証協会に返済した場合は、金利は高くなりますが50年で完済になります。

 

このことを理解すれば、いかにリスケは無駄なことかわかるのではないでしょうか。

 

また保証協会は返済条件変更や、時には減額もしてくれます。

 

リスケの期間が長ければ長いほど、銀行は儲かるのです。

 

債務者が払えなくなれば、保証協会が代位弁済してくれるのですから。

 

銀行にとって リスケ=ウハウハ なんですよ。

 

資金繰りが厳しい状況にあるのであれば、今すぐにでも返済をSТOPして下さい。

 

そして代位弁済をしてもらってください。

 

銀行の言いなりになっていたら、本当に立ち直れなくなってしまいます。

 

 

資金繰り改善の第一歩は“知る”事から!

 

 

気になる方はぜひセミナー、勉強会、playback会に参加下さい。

 

お待ちしています。

 

 

第24回中小企業資金繰り改善セミナーin大阪 

↑↑クリック

 

次回開催は

1月18日(金)13時~18時です。


株式会社ジェンガ 貸し会議室
大阪府 大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル B1


 

 

 

2018年1月14日(月) 16:00~22:00

第10回Play Back会 新年会クリック

 

Play Back会とは!?


悩み多き経営者の、駆け込み寺的な役割を担っていきます。


借金問題を中心に、少人数で悩みをともに解決していきましょう。


(自己破産 借金 倒産 離婚 浮気 健康 病気 家賃交渉 助成金 税金対策 各種保険・電気削減対策・キャッシュレス化など)

今回は2019年最初のPlay Back会


また10回目開催です。

参加費は5,000円

当日支払いになります。

毎月第2月曜日開催になります。
開催場所は、メッセージ頂いた方のみにお知らせします。

連絡先は
喜多090-8981-7234
大崎090‐1583‐9176

Play back会 中小企業の資金繰り改善さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス