債務超過について

 

債務超過とは、債務者の負債の総額が、その企業が抱える資産の総額を上回る状態です。

 

ここでいう資産とは、資本金や法定準備金、剰余金などの株主資本の合計額であり、これらの合計額を欠損金が上回ることで、資本勘定がマイナスとなると債務超過になります。

 

企業のすべての資本が、ほかの個人やほかの企業からの借金でまかなわれていることになり、その企業の財務体質はきわめて危険な状態にあることはお解り頂けるでしょう。

 

日本の証券取引所の場合、当該企業の連結決算が2年連続債務超過になると上場は廃止されます。

 

赤字と債務超過はどう違うのかご説明します。

 

一般的に「財務諸表」という場合には、当該企業の一定時点での財政状態を表す「貸借対照表」と一定期間の経営成績を表す「損益計算書」の二つを指します。

 

損益計算書は、個人について、給与(収益)がいくらあり、そこからどれだけの生活費(費用)を使ってどれだけお金に過不足があったかを記す家計簿に近いもので、”会社の家計簿”といえます。

 

この一定期間の収益よりも費用のほうが大きい場合、その金額が「赤字」になります。

 

「赤字」は一定期間(単年度)での費用が収益を上回る損失額のことであり、「債務超過」は一定時点での債務が資産を上回る金額のことです。

 

債務超過と資金ショートはどう違うのか説明します。

 

企業が倒産をする一番大きな理由は手許のお金がなくなる、キャッシュフローが行き詰まるときです。

 

この手許のお金が足りないため、約束していた支払いなどが期日通りにできなくなることを「資金ショート」といいます。

 

「資金ショート」は手許の資金が底をつくことであり即倒産となることがほとんどです。

 

「債務超過」は即倒産ではないですが、それが原因で資金調達が難しくなり、いずれ資金ショートを起こす危険な状態です。

 

「赤字」⇒「債務超過」⇒「資金ショート」⇒「倒産」

 

これが負の連鎖です。赤字、債務超過の時点で最悪のケースに備える策を考えておくべきですね。

 

資金調達情報

創業、スタートアップをはじめ、企業が資金調達したいタイミングは様々です。

 

成長ステージによって変わる資金調達方法を知ることが最適な資金調達への近道です。

 

 ◆資金調達方法について詳しい情報はこちらからチェック「資金調達ガイド」

 

 

 ■中小企業の資金調達・資金繰り 最新情報更新中 | 資金調達ガイド

  資金調達ガイド

 

 ■見るだけで学べる!動画で記事を解説! | 資金調達ガイド

  資金調達ガイド YouTube チャンネル