シリーズでお伝えしている(割には飛び飛びで申し訳ありません)本気の根管治療

 

腐った中身をキレイにした後は…!!?

↑ガッタパーチャポイント・イメージ図

ピンクの細長い物体

 

 

 

 

やっと折り返しである

先は長い

 

ラバーダム防湿で外からの細菌感染を防ぎ(100%ではない)マイクロスコープ視野下で目視より格段に見える範囲が広がった術野のもと(100%見えるわけではない)

精密根管治療は行われる

もちろん、使用する器具は滅菌済み(100%以下略)

 

限りなく出来る限りの努力をし、敵にあらがい、挑むそれが本気歯医者

 

さあここまで根っこまで巣くったバイキンをやっつけゴシゴシこすって取り除き汚れも菌も薬剤で洗い去り

めでたく歯の中身がすっかりキレイな状態になったら、次は中に何か詰めねばならない

 

カラッポで放置すると、残ったバイキンや隙間から入り込んだバイキンが一瞬で増殖しもとのもくあみとなってしまう

 

根管充填は、家を建てる時の基礎部分ようなもので、決して手抜きされてはいけないステップだ

 

現時点では、ゴム樹脂でできたガッタパーチャポイントというわけのわからん名前の柔らかい材料を詰め込むのが一般的らしい

 

ガッタパーチャだけでは歯にくっつかないので、糊やボンドのような役割のシーラーというくっつくものと一緒に詰める

 

一方、本気の本気歯医者の課金上等1

番ええ素材もってこーいコインたち札束

な、値段を気にしない場合は、とてもとても素晴らしく世界中の歯科に信頼され成功レポートが多い素敵な、けどお高い材料で詰める場合もある

この材料についてはまた別記事で…

 

ガッタパーチャの詰めかたに関しては

奥歯ならこうすべき、イヤこの方法は遅れているから最新のこれですべき、などと色んな意見があり、流派が別れまくっているのでここではスルーする

 

要するに、突き抜けず、不足せず、根管形成したカラッポ穴にぴったり詰めることがてきればそれで良いのだ

 

(以前は、側方加圧か垂直加圧かでオロオロしていたが、まさか担当医に今日の根充填は垂直加圧でしたか?なんて聞けないし聞いたとてやり直してくれとか言えないし意味ない)

 

カラッポが満たされれば、バイキンの繁殖するスキを与えない

もし残ってしまったバイキンも、場所がないから広がりにくい

逆にこれがしっかりしてないと、せっかくの治療がすぐに悪くなって台無しになってしまう

この根管充填は根管治療の大切なステップなのだ(どれも大切なステップだけどタラー

 

私は多分、垂直加圧方法にて熱で溶かしたガッタパーチャが緊密にすみずみまで行き渡る充填をされている

 

 

根管充填は、どの歯医者もする欠かせない治療だ

みんなが出来て当たり前だからこそ奥が深い

マイクロ持ってようがどの方法だろうが、何の材料を使っていようが、みんな基本に忠実であることが求められる

精密根管治療とうたっていても、基本はみんな一緒だからだ

 

最新機器や材料に頼って大切な基本を無視してサボってたのではダメだ

時間に追われて手抜きなんてもってのほかだ

 

大事な歯の基礎を築く根管充填

ぜひ正しいやり方で時間をたっぷり使って(ついでにお金もたっぷりかけて)本気で臨みたいものだ