■ 獅子座は自分を感動させてくれたものを決して忘れない

 

獅子座って「自分が人生で最初に選んだもの」「一番最初に自分に広い世界を見せてくれたモノ」をすごく大切にします。

不器用に、愚直に、自分を変えない。変えれない。

自分を感動させてくれたモノ、そして、人。

それらに対して自分の一生を賭けて恩返しをしていこうとする。

僕には獅子座の友人がいます。

その人たちの全てがどんなに苦しい状況においても

「これをやるって決めたの私(俺)だから」

と自分の仕事をやり続ける姿勢にどれだけの勇気をもらったか。どれだけ尊敬するところがあったか。

だから、たまには泣き言をいってください。

■ 感動は「一生もの」にしても良いけど、失敗は「一生もの」にしないこと

獅子座の人って「ひとつのミスやひとつの失敗」を「一生の失敗」にしない心構えがすごく大切になります。

「一生を賭けて報いる」

その姿勢を背負ったあなたは孤高の美しさを持ちます。

だからこそ、あなたの「人間らしい部分」もちゃんと周りに伝えていかなければいけない。

「他人に迷惑を掛けない。自分で全てやり抜く」

という強すぎるバリアーではなくて「適度なバリアー」を持つこと。
それが多分宿題。

傷つきやすい自分を知り、変なことを言われたら「それがあなたの考え方なんですね」と必ず心の中でも言うこと。真正面から全てに向き合わないこと。

■ 人を好きになったら

獅子座の人は実は、人やモノや課題を好きになることってけっこうあるんです。

だからこそ

「好きになったから〇〇しなければいけない」

の後半の「〇〇しなければいけない」

と自分を追い込むのを少しストップして欲しいのです。


獅子座は「好き」という気持ちが芽生えた時に自分をどうコントロールすれば良いのか気に病んでしまうってお伝えしました。

そしたらですね、「〇〇さんのそういうところ好きです」と「好き」をちゃんと言う。「好き」をちゃんと伝えること。

「好き」は、その気持ちが出てきたら「自分で一人相撲を取ってなんとかしなければいけない」問題ではないのです。

好きって「あなたのような人がこの世界にいてくれてありがとう」

とちゃんと伝えることでもあるのです。

好きを即「責任」にしないこと。

「好きになったからには自分がますます隙を作っちゃいけない」「好きになったからこそ、他の生活に支障をきたしちゃいけない」っていうすごい変な責任感が出てきてしまうのが獅子座の恋。

違うんです。「好き」は「あなたのような人がいてくれてありがとう」という祝辞をまず伝えることなんです。


「あなたがいたからこの喜びを知れた。この感動を知れた。そしてこの苦しさや自分の至らなさを知ることができた。私はこれからもあなたから色々なものを受け取っていきたい。そして、私のことももっと知ってもらいたいです」

そう心の中でちゃんと願うこと。

あなたが手にすべきは「強さ」ではなくて「私が好きな人たちに、私をもっと知っていってもらいたい」という願いです。

完璧になったからこそあなたは誰かに認められるわけではなくて、いつも結果を出すから必要とされるのではなくて

あなたに会えて良かったと伝えたいから。

人に「好き」を、「あなたのような人がいてくれて良かった」と伝える人は、他人からもその「好き」を伝えられていきます。

だから、「強さ」ではなく「願い」を。

一人相撲ではなくて二人相撲を。

動揺も、楽しさも、全て大切な贈り物。

「まだ人生始まったばかり」

 

それが獅子座の今のキャッチフレーズです。

 

■ 他の12星座のインスタLiveを振り返って

 

① 牡羊座を振り返って~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~

 

② 牡牛座を振り返って~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~

 

③ 双子座を振り返って~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~

 

④ 蟹座を振り返って~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~

 

⑤ 獅子座を振り返って前編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~

AD

リブログ(55)

コメント(42)