キモノガタリ | 至峯舎・染織家のひそひそ話
2009-02-19

キモノガタリ

テーマ:着物

この仕事をしておりますと


着物というものの秘める


不思議な力を思い知ることがあります。



以前、業界誌にもご紹介させて頂いた


私たちの体験談―





当時、私は作り手集団をまとめ


スタッフが全国の展示会に寄せて頂いておりました。


その中の一人、K先生が出会ったお客様。



ある小売店の会場で、一際明るく、元気なお嬢様、


お歳の頃は20代半ばといったところでしょうか…


どうやら常連様といった具合で


お店の方たちとも親しげにお話しされています。


その隣にはお母様と思しき女性。


お嬢様のお買い物にお付き合いされているご様子。



少しずつこちらに近付いて来られて、K先生の前で


「うわぁ、私、これ好き。


ねぇ、お母さんにも似合うんじゃないの。」


と言って、お嬢様がお母様に話し掛けられました。


「…」


お母様はあまりご興味が無いようです。


K先生が微妙な空気を感じていると


「あ、そうそう…」


お嬢様が何かを思い出されたようで


お店の方と一緒にあちらの方へ行ってしまわれました。



一人その場に残されたお母様に


「明るくて素敵なお嬢様ですね。」


とK先生が声を掛けました。


「…」


「着物はよくお召しになるんですか?」


「…」


なかなか会話になりません。



そこは着物の展示会場、


見物に来られているお客様にはよくあることです。


あまり押し付けがましく話し掛けるのも如何なものかと


K先生が少し離れようとすると、お母様の方から


「あの…素敵な着物ですね。」


着物のことはお嫌いではないご様子。



K先生が少しお嬢様の方を確認すると


あちらの方で楽しげに会話をされています。


そこで、お母様の時間潰しにでもなれば、と


着物のご説明などをさせて頂きました。


このような時に、あまり聞き入って頂くのも辛いもので


少し反応が欲しいところです。


「よろしかったらそちらの鏡の前で


(お顔の隣に)当てて見られませんか?」


と言って促しますが


「…」



そうこうしている間にお嬢様が戻ってこられて


お母様と共にお帰りになられました。




一日が終わりかけた頃、


「先生、先程は有難うございました。」


と言って訪ねてきたのは先程のお嬢様。


「実は…」


と言って話し出されたのは、お母様の内緒話―


元来、お母様は明朗な方で、


お嬢様の気質は母親譲りだということ。


しかし身内の不幸とお仕事での色々が重なり


以来数年間、心の病を患っておられるとのこと。



これまで、お母様のその日のご気分を窺いながら


お嬢様は出来るだけ外に誘い出しては


きっかけを探そうとするものの、なかなか…


ところが今日はいつもとは様子が違い、楽しそうだった、と。


しかし、K先生にはそれらしい手応えがありません。


「先生、明日もう一度寄せて頂いてもよろしいですか?」


「もちろん。お待ちしております。」




次の日、約束通り、お母様とお嬢様お揃いでご来場。


お嬢様のほうから切り出されます。


「お母さん、これこれ、見せて頂こうよ。」


半ば強引に鏡の前へ。


お母様はその着物を手に取って、


ゆっくりとお顔の横に当ててみられました。


「似合うじゃない!ねぇ先生。」


「はい、よくお似合いですね。」


お母様も少し穏やかな表情で、


鏡の中をじっくりとご覧になっています。



…あとで聞いた話ですが、


お母様は人生の歯車が少しずれてしまうまでは


毎日着物で過ごされていたそうです。


ご主人様のお客様にも評判だったのだとか…



そんな過去を思い出されていたのかもしれません。



優しい表情になられたお母様は


K先生とも他愛の無い話を少しだけされたあと


その着物をご成約になってお帰りになりました。



…小売店の方のお話によると


展示会の度にお嬢様がお母様をお連れになるものの


何をご覧になっても


お母様が反応されることは無かったそうです。




時として着物というものは


人の琴線に触れることがあるようです。



またそこにある美しい物語には


輝く主人公と、それを支える素晴らしい脇役がおられます。


そして着物が「大道具」の役割を果たすとき


私たちは「大道具係」として参加させて頂けることがあります。





その展示会が終わって、しばらく経ってから


K先生のもとへお嬢様からの感謝の手紙と


お母様の笑顔のお写真が届きました。




至峯舎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。